17-08-11(2017年 第42号)   
エビスとエビオス 
 3連休で、川崎街道の車が少ない。蝉の声が大きい。ミンミン蝉に興奮。夏を楽しむ。
 9日は37.1℃。外に出なかった。10日は28.4℃。都心に出た。

 夏負けしないように、たくさん食べ、たっぷり飲むようにしている。しかし、ビールは胃に負担をかける。それを軽くしようと消化促進薬を飲む。その消化剤はビール酵母。それぞれを、飲んでは服むの悪循環。「積善(の家)に余慶あり」とは「眞逆」の「積悪に余燼あり」とでも言うような繰り返し。夏は続く。
 
⦿オペラ映画「シモン・ボッカネグラ」 8/10 東劇
これも何の予備知識もなしで見た。私は映画も芝居も、特に人間関係が頭に入らないタチ。細かいシーンはちょっと憶えていても、誰と誰が兄弟かも親子関係さえも分からないで見ていることが多い。このオペラも、あれーっ、そうなのか、なんて、いい加減経ってから知ることになった。

14世紀イタリアの実話を基にしたヴェルディ中期の作品。
政権争いがあり陰謀があり、複雑な親子関係や恋愛があり、死がある。

主人公シモン・ボッカネグラ(プラシド・ドミンゴ)は、海賊で平民の共和国総督。
登場唯一の女アメーリアは、じつはシモンの実の娘。
フィエスコは、貴族でシモンの政敵。じつはアメーリアの育ての親。しかも、シモンの恋人マリアの父。最後のほうでシモンから2人は祖父と孫娘の間柄だと教えられる。
貴族ガブリエーレは、アメーリアの恋人。総督シモンが恋敵ではないかと疑うが、最後のほうでシモンから彼女は私の娘と告げられる。
平民パオロは、シモンの腹心で彼を総督に担ぎ出したが、アメーリアとの結婚話を破談にされたりして、シモンに毒を飲ませる。シモンはそれで死ぬ。

これらの関係ががよく分からないまま見ていた。

    

プロローグと1幕との間に25年の月日が流れる。休憩2回。約3時間半。その間、ビールとポップコーン。

世界的なテノール・ドミンゴがバリトン役のオペラに挑戦したのでいろいろ言われたらしい。インタビューでは年齢のことを気にしていた―序幕と第1幕の間は25年もあり、カメラに、そこはあまり寄らないようにと頼んだが―笑いながら―第1幕からは、実年齢に近いから…などと。この公演は2010年。

ヒロイン・アメーリア役のピエチョンカは朗々と歌うが、いつも表情が同じようで、大柄も可憐さを減らし!? 感動させるにはいまひとつの感。
ガブリエーレ役のテノール・ジョルダーニは、いい声で声量もあるが、場にはまらないというか、どの場面でも自分で自分の歌ばかり歌っているような―。
フィエスコやパオロがベテランぶりを発揮し、随所で聴かせた。

主な登場人物がみな実力の持ち主で歌も演技も上手い。特にドミンゴの演技は計算され尽したかのようで見事。

敢えて言えば、全体に緊張感がみなぎっていて、レベルは高いのに、やや平板になったのではないか。アクセントが小さい、とでも言うような―。

前述のとおり、権力争いと陰謀、平民と貴族の関係があり、海賊で平民のシモンがジェノヴァ共和国総督に選ばれたり、14世紀イタリアの歴史の1部を知ることがてきたかも。 

指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ジャンカルロ・デル・モナコ
出演:プラシド・ドミンゴ(シモン・ボッカネグラ)、エイドリアン・ピエチョンカ(アメーリア)、マルチェッロ・ジョルダーニ(ガブリエーレ)、ジェイムズ・モリス(フィエスコ)(パンフから)。

⦿「いわて銀河プラザ」
★南部せんべい
東劇でオペラ映画を見たあとは、近くの岩手県のアンテナショップで南部せんべいを買うことが多い。鉄瓶などは何度見ても高価で手が出ない。
お米の銘柄の1つが「銀河のしずく」、ここでも「銀河」が使われている。言わずと知れた宮沢賢治にあやかっての―。

★2度目の「ベルク」
7丁目ライオンで飲み、新宿のびゅうプラザで秋の旅行を組み立て、気がついたらもう7時。それでも、近くだからと言い訳して「ベルク」へ。
飲みどきになっていて満席。狭いところでも静かに割り込んで来る。Mさんと2人で立ち飲みしていたら、たまたま椅子席が空いたところへ来た女1人客が席を譲ってくれた。
常連サラリーマンらしい数人は外で立ち飲み。慣れている格好で。車椅子で待っている男もいた。彼は店内に入れただろうか―見届けないうちに退席。次回は黒ビールの回数券を買うつもり。
それから45分、電車は立ったまま…帰宅してバタンキュー。
                  

⦿セゴビアのギター 8/11 NHK・FM
「記録と記憶」がないことがニュース。現内閣の「隠蔽体質」が批判されている。新聞の大見出しに「記録ない 記憶ない 20回 加計閉会中審査 証拠なき否定」など。「声」欄では「国民はみんな知っているのです」と言われ「情けない社会」と。あるコラムは「…都合の悪い話は隠す。いったんウソをつくと、つじつま合わせで、またごまかしを重ねる」と常套語が使われていた。

さて、ところで、ここでは個人的な記憶のための記録として、ラジオ番組の曲名を掲載する。すばらしいギター演奏をたっぷり聴かせてくれてありがたかった。自分勝手で済みません。
なにしろこれがギターで、ギターの独奏だなんて、とても信じられない。桁違い。あとがいない。もう出てこないだろうから不世出。

ゲストたちの言葉には次のようなものが―「1人協奏曲」「1音1音の粒」「倍はあった手の大きさ」「小指の使い方」etc.

また、番組紹介にはこうあった。「多大な影響を及ぼした彼を敬愛する音楽家たちをゲストに迎え、貴重な歴史的録音に耳を傾け、その魅力を語り尽くす」「今年没後30年になるクラシックギターの巨匠セゴビア。彼は世界的な名演奏家であるだけでなく、ギターのための名曲を数多く生み出し、楽器の改良にも取り組んだ“革命家”だった。その美しい音色は、ジャズやロックなどジャンルを超えた音楽家にも多大な影響を与え続けている。…貴重な歴史的録音に耳を傾け、彼の魅力をとことん語り合う」。ゲストは村治佳織、渡辺香津美、手塚健旨、沖仁、野村義男。

9時20分から11時50分までの長時間番組。滅多にない放送だったと思う。

以下、全曲のタイトルを羅列するが、くどいので読まないで終わりにしてください。
「朱色の塔」「スペイン舞曲 第10番」「アラビア風奇想曲」「華麗な練習曲」「スペインのセレナード」「亜麻色の髪の乙女」「リュートのためのプレリュード」「無伴奏チェロ組曲第6番 からガヴォット」「無伴奏バイオリン・パルティータ第2番 シャコンヌ」「ソナチネ第1楽章」「練習曲第7番」「ソナタ 第3番第3楽章」。協奏したのは「ギターと弦楽のための五重奏曲第3楽章」(キージ五重奏団)、「ギター協奏曲第1番第1楽章」(ロンドン新交響楽団)、「ある貴紳のための幻想曲第4楽章」「南の協奏曲第3楽章」(シンフォニー・オブ・ジ・エア)、また独奏に戻り「光のないエチュード」、80歳のときの演奏「ファンダンギーリョ」、最後は「アランブラ宮殿の思い出」。
                                 おわり
              TOPへ戻る