17-08-09(2017年 第41号)  
 レースのカーテンが揺れている。物干し竿に吊り下げたナイロン紐の吹き流しが小さく舞っている。台風が去った。まだ雲が多く、空は細い横長の青として不定形を作つている。
 蒸し暑い。クーラーを入れようか、このまま我慢しようか―。ラジオをつけたら高校野球。急に暑くなり、消してクーラーを入れた。当分暑い日が続く。

 昨日の夕刊に、2020年の東京オリンピックは酷暑での開催だから、マラソンでは沿道の観客もぶっ倒れる。返上したら、とあった(ほかにも理由はあるが)。甲子園大会で客はぶっ倒れないのだろうか。私は返上に賛成。


⦿シーマ現象 
セフィーロではなく「シーマ現象」でした。私のまちがい。訂正し、お詫びします。
初めて言った人から直接聞いた私の弟から連絡があった。その日銀OBは「モロッコ」に何度も見えるとか。機会があったらお話を聞きに出かけようと思う。

⦿大江健三郎の病気
消息不明が続いたと思う。ようやく週刊誌の新聞広告に氏の名前を見た。なんと「大江健三郎酒瓶の山と神経症療法・病院通院の日々」とある(「女性自身」8/22・29合併号)。

生きていてよかった―本当にそう思った。死んではいけない―意味のない言葉が出た。
ネットで注文した。まだ読んでいない。

⦿新聞のツアー広告
新聞広告でもう一つ。おどろくほうが時代に遅れているのだろうが、このようなツアーは初めて見た。
「動乱の三国時代 高句麗・百済・新羅の興亡そして伽耶」「白村江海戦跡と黄山(ママ)ヶ原戦跡 5日間」とある。
朝鮮の古代史をかじり始めたが、そんな戦は知らない。黄山平原もあり、黄山ヶ原もあるが黄山原ヶ原はない。黄山谷となれば有名な書家だが、関係はない。黄山平原とするか黄山ヶ原とするのが良さそう。誤記だろう。
そして、私は知らなかったが、韓国映画に「黄山ヶ原」があった。その関係のツアーだった。参った。

⦿寺島実郎の連載185回目の「歴史認識」(「世界」9月号)
今月の氏の「脳力のレッスン」は、まずアインシュタインとフロイトの往復書簡「ひとはなぜ戦争をするのか」(1932年)を紹介し、結論的にフロイトは「戦争を抑止するものとして文化の大切さ」に言及、「文化が生み出すものとして、一つは知性を強め、欲望をコントロールすること、二つは知性が攻撃本能を内に向けることを指摘」したという。いまは無力に見えるが本質論だとする。

それから1932年頃からの歴史をざっと俯瞰した上で、安倍首相の戦争認識に進む。「今、日本人の知性の基盤『戦争をどう総括しているのか』という歴史認識が問われている」とし、「戦後70年談話」を取り上げる。あれは「都合の良い『御用学者』と不勉強な経済人を並べ、その報告を参考にした談話だから」と揶揄する。要するに「仕方なかった」「日本だけが悪かったわけではない」という歴史観だとする。
「それを引きずった歴史認識の歪みが未来を暗く重苦し」くしている。「『日本を取り戻す』と叫ぶ日本は、戦争に至った日本への回帰を図り始めているのではないか」。
最後に、「反知性主義が大手を振る」中で「やはり私は『文化力』と『知の力』にこだわ」る。
私は学んだ。いい論考だと思った。

途中で氏は故渡部昇一に触れ、安倍談話を礼讃する主張には賛同しないが、…敬愛するといっている。が、私は渡部昇一をまるで信用しない。彼はロッキード事件で立花隆と論争したとき、憐れにもみっともない体たらくで逃げ口上を続け、私はこの男はダメと思ったのであった。
                            おわり
            TOPへ戻る