17-08-08(2017年 第40号)  
9月に誕生日が来る金子兜太が、8月7日の新聞に写真入りで大きく取り上げられた。お読みになった方が多いと思うので見出しだけでもと―。
「金子兜太が詠む『原爆の図』」のタイトルで、「原爆の図丸木美術館を初めて訪れ」た氏が「大画面を前に、感じたことを語り、受けた思いを句に詠んだ」の前文のあと(記事は省略)、いろいろ語っている。それらがさすがである。
最後は思いを託した一句の紹介。「被曝直後夫妻の画象大きく太し」(8/7 朝日)。

⦿毎日書道展 8/6 国立新美術館
最終日に見た。暑い日だった。肝心の審査会員・富田幽蒲氏の書はとても良かったが、よく写せず失礼した。 良寛の詩  

氏は高校同期だが、付き合いはなく、一昨年だったか、書家大谷清照氏ご夫妻の紹介で知った。昨年と一昨年の作品はやはりこのホームページに掲載した(2016/7/24、2015/12/13)が、私は今年の書がいいと思った。清照氏の作品は見られなかった。

良寛の詩を検索すると次のようになった。
「越女桂麗多し、遊戯して城闉に出ず、芬芳風に因って遠く、紅粧日に映じて新たなり。翆を拾って公子に貽り、花を折って路人に調す、怜れむ可し嬌艶の歳、歌笑日に紛々」。


 上は、長文だが分かる書ということで(長文の書自体が少ない)

                 ↓
  (部分)
          
 中は、最後が分からない。「…戯れる」の次の2字。
         
 下は、これでも書か、という意味で。 
         

文科大臣賞は、良さが分からなかった。その他の受賞作品も、私には似ているというか、区別がつかず、良さが分からない。
展示場は1階から3階まであり、仕切り部屋は123まである。たまったものではない。
しかも、前期と後期各2期にわたり、そのうちの1週間は都美館でも開催したというからおどろく。これから9回に分けて全国を巡回するから、驚きを通り越して…どこへ!?

漠然とながら私は、書の道の変化、書家の模索―方向も方法も―は感じられる。石川九楊しかり、というところか。

⦿「ベルク」で昼からビール 8/3
新宿駅直通のルミネの地下に、朝から飲める? 私好みの飲み食い店を教えてもらった。知る人ぞ知る有名店らしいが、私にとっては、何というか、ありがたい店。
新宿で映画を見たり買い物をするので、用事が終われば昼間からでも飲み食いしたくなる。しかし、その時間に開店している焼鳥屋はない。「カブト」は2時か3時。飲むのはビアホールかデパートの中の店だったりして、いま一つの思い。

「ベルク」は私にピッタリの店だった。
半分ほどは立ち席で、セルフサービスだが、椅子席も禁煙席もある。朝7時から夜11時まで。想像だが、客が途切れることはなさそう。
案内してくれたSさんは、慣れたもので、席を確保し、行列に並び、ビールとつまみを運んでくれた。
メニューが豊富で値段が安い。モーニングセットは450円。ホットドックも名物らしい。生ハムもソーセージの盛り合せもある。そして黒生がある。これがうれしい。

客筋がいい。自分を持っている人。自分を生きている人。1人客が多いか―で、静か。文庫本や新聞を読んでいる。連れのある常連も心得ていて、大声は出さない。客が店を大事にしていることが分かる。
「ベルク通信」を発行している。8/1付はVOL.280とある。店主の主張がいい。
たった1回だが気に入った。これから…。

⦿到来物の米と煎餅
★岩手産「銀河のしずく」 

私はパンも麺類も食べるが、米が多くなってきた。餅も常備しているが、ご飯は炊いて食べる。日本の米はうまい。
送っていただいた「銀河のしずく」を食べた。箱に「日本の米」とあった。中にその銘柄米が入っていた。すこぶる旨い米だった。これはいい。

★栃木市の煎餅「あられや源兵ェ」
栃木市西方町真名子の「もめん弥」製。昔は西方村だった。私が敗戦半年後から6年間住んだ家中村の隣りだった。東武日光線では「金崎」駅(真名子は北方だが合併により西方に)。それが懐かしかった。そして、旨い煎餅だった。世に煎餅は沢山ある。贔屓の激辛煎餅もあるが、これも旨かった。相当に旨いほうだった。
                                おわり
             TOPへ戻る