17-08-08(2017年 第39号)   
 湿って生温かい風だが自然の風。部屋の中をゆっくりと通ってゆく。これが夏。こういう夏がいい。
 午後1時半、葉がそよぎ始めた。と思ったら雨。しかし、すぐ止んでしまい、風が残った。蝉の声が高い。
 午後4時。今度は本格的な雨。バルトークのいいところで妨害放送。横浜のどこかに雨の何かの注意報。

 前日、古くなり、動作が遅くなったパソコンを買い替えた。その間クーラーの利いたビルに2時間もいたので冷えた。外に出、炎天を少し歩き、カブトに行った。ドアもないあけっぴろげの店だから、外気温と同じ、いや、鰻を焼いている側は外より暑い。
 常連はそれを何とも思わず、ごく自然に、悠然と飲み食いしている。暑いなんて、誰も口に出さない。黒ビールと日本酒を飲み、串焼きを10本ばかり食べ、それから帰宅まで1時間、電車では立ったままだった。
8/1記

⦿雑談会 7/31 新宿・寿司清
これも月例の職場同期との雑談会。Yは伊勢丹の地下で偶然会ったMさんと一緒に入ってきた。早速、3人で約2時間半、刺身と寿司を食べながらおしゃべり。
2人には悪いが、やや旧聞に属するので簡単な報告になる。

Yは久しぶりに落語を聞いたという。国立劇場を予約しておいたのでいい席だった―その日はほぼ満席で、噺家のほうで感激していたという。
落語人気が続いているのは確か。やはり年季の入った人が上手いという。私は昔の「名人」の記憶があって、最近の落語はまるで聞かず、そのうちにという程度―そのうちに、は来ない日だったか。

Yは「ドナルドキーン著作集」を読んでいて、最後の1巻「別巻」を残すだけだというからすごい。キーンのことをいろいろ聞いた。
その一つ、キーンが若いとき、1対1で講義を受けたことのある恩師・角田柳作先生(コロンビア大学)との出遭いと、忘れられない言葉「学びの途中」を教えてもらった。幾つになっても「学びの途中」だと言った由。
いまも学びの途中よ、いつまでも学びの途中よ、と言える「学び」。

キーンの付き合いの広さ、深さも並外れている。 サイデンステッカー、川端、三島、司馬遼太郎などなど。研究も幅がある。そして達意の文章。
京都の良さについても話が進んだ。課長時代の勤務地だから彼は詳しい。
私の古墳の壱岐・出雲旅行のこともちょっと。彼は古墳には興味がないというが、私も興味だけではなく、あるテーマのための参考の旅であることと言い訳しておいた。

⦿水泳選手の身体
筋肉発達の人形モデルみたいになるので、へーえ、フーンとなる。相撲取りをはじめサッカー、ラグビー選手などもそれぞれの体格になるが、水泳は見本というか手本というか…。
女性の上半身の発達具合は、残念だが! 分からない。

         下半分は3人が肩を組んでいる  →

⦿新聞遊び
「沖ノ島展」の写真家藤原新也は、安倍首相を「口だけあって、耳がない妖怪」と評した(7/20 朝日)。
とうとう妖怪にまで…。
たしかに、ある種の政治家のお面相には、ほとほと感心することがある。権力を持つと変化するように見える―「えっ、あの人が―? 」というような面妖な人相・悪相に変わる―顔に出るのである。

⦿シーマ現象―流行語大賞(銅賞) 1988
前号でセフィーロ現象と書いたが、シーマ現象の間違いらしい。シーマ現象も知ってはいたが、セフィーロ現象という言葉もあったように記憶していた。しかし、自信がなくなった。

       ←花と女
     ↑「飛べない天使 おうむ」古沢岩美 (板橋区立美術館「戦争の表象展」から)

                               おわり
            TOPへ戻る