17-07-29(2017年 第38号)  
⦿沖ノ島(写真)展  7/27 高島屋 8階ホール
世界遺産登録と藤原新也の人気だろうか、歩きにくいほどの盛況。物見高い高齢者の熱気が伝わってきた。しかし、と漠然とながら、なぜかを考えてしまう。この好奇心。私も、なんでこんな写真を見に行くのだろうと自問。私の場合は、ま、壱岐に近いからと理屈付けた。
         
そこで本を2冊買った。「古代の日本と伽耶」田中俊明著と「神社の起源と古代朝鮮」岡谷公二著。

⦿「Treasure hunting -宝物を探しに」展 高島屋 6階美術画廊 7/27
その足で6階へ。
「気鋭の現代美術家6人による夏の冒険」とあり、それぞれがおもしろい作品を少しずつ展示していた。
私には高あみの人形の眼差しがおもしろかったので下に掲載する。検索すると「女性の持つ様々な感情を陶に彩色して豊かに表現」しているとあった。
それぞれの姿態に相応しい感情表現が、その眼差しに微妙に現われていて、感情移入できるような気にさせられた。下から覗くようにして見た。小さい眼だが表情と眼が合っていて、分かる、分かるとうなづいたが、作家のことはまるで知らない。
 

 

★買い物と寿司屋
高島屋を出て向いの丸善で、散々に迷って買ったボールペンはシャープペンシルと同じ1500円の国産品。良いのはウォーターマンだったが値段が10倍で手が出なかった。

高島屋の前から「メトロリンク巡回バス」が出ていたので乗って、人形町へ行った。このバスは地元企業協賛により無料という。東京駅-日本橋-兜町-浜町-人形町などを22分間隔で巡回している。

私は下町が好きなんだと思う。ぶらりと行くところは庶民的な街。今回も当てもなく降り、あっちへこっちへ―。人形焼き店を何軒も見かけた。今半でコロッケを買った。老舗も多い。魚久、玉ひで、酒悦、玉英堂など。1年半ほど前に同窓会をやったのは小舟町になるが、そこから近い「はな青」。昔風日本家屋の「すき焼き割烹日山」のメニューを見たら、昼の献立で「松」11000円とあり、ギョッとして離れた。信号無視で反対側に行き、回転寿司の隣りの寿司屋に入った。たしか「三崎丸」といった。
ビールと酒を飲んだ。1人客が大瓶ビールと2合徳利を飲んでいたので気になり、声をかけてちょっとおしゃべり。彼は一日おきくらいに来るお得意さんだった。Mさんとどういう関係か、大学で心理学を学んだから、いろいろ推理したといって笑った。
帰りは水天宮から乗った。乗り換え1回で帰れる。

⦿雑談会 7/28 7丁目ライオン
プレ金の、エビス半額サービスデーに、高校同期Oと今回はTが加わり、Mさんと4人で月例の雑談会。黒中3小1、OとTは中3。約3時間。
Tとは久しぶりだったので、変化の大きかったこれまでのことを長めにしゃべってもらった。80余年も生きると、たいていが波乱万丈または数奇な人生となるかもしれない。当然ながらそこには私の知らない人生があった。

Oは障害のある人向け川柳講座の話。受講者が熱心で実作が増え、彼は1句1句丁寧に添削し、評を書いていた。かなりの労力。レジュメも立派。12回続けると張り切っていた(「稲城だより」第36号 参照)。

私は5月に亡くなった「つばき会」メンバーの幼友達から連絡があったこと、特に家庭生活の苦労が甚だしかったと聞いたので、それを伝えた。

Tは手土産を持参し、勘定の大半を出し、要らないと言っても引っ込めず、Oは20%引きの優待券を出したので、私は一番多く飲んだのに軽い飲み料になった。来月もプレ金に決まった。

⦿定検 7/29 矢野口クリニック
心房細動の定期検診。今月はX線によって、胸水が減少したことが分かった。いい傾向と言われた。血圧、γGTP、A1Cとも基準値をやや超える程度の、まあまあの水準。
ただ、体重の増加傾向が芳しくない(ベテラン看護師が笑いながら指摘、もう1人は夏負けしないからいいでしょうと)。
体重計に乗ったら靴下が破れていた。帰り際、受付の女性にそう話したら、声を出して笑った。

⦿日野原重明氏の最後のごあいさつ 7/29
土曜日に連載のウイークリーエッセイ「105歳 私の証 あるがまま行く」(7/29 朝日be)は、後述筆記による「読者の皆様に最後のごあいさつ」と題された覚悟の文章だった。見事であった。氏については多くの方が語っているので、私が付け加えることはないが、考えるに、氏は優しく勁くそして逞しい方だった。信念と謙虚さを併せ持ち、毎回、とことん優しい人柄が出ていて、文は人なりを体現していた。多く諭され、多く学ばせてもらった。合掌。

     ~~~~~~      ~~~~~~     ~~~~~~      ~~~~~~

              ウソ


私の替え歌 
   民を忘れたカンリョウは後ろの山に棄てましょか  いえいえ それはかわいそう
   民を忘れたホサカンは背戸の小薮に埋けましょか  いえいえ それはなりませぬ
   民を忘れたダイジンは柳の鞭でぶちましょか  いえいえ それはかわいそう
   民を忘れたセイジカは象牙の舟に銀のかい 

   九条の海に浮かべれば 忘れた民を思い出す   
      
  ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~
⦿ショットバー「モロッコ」に日銀OB
弟がやっている阿佐ヶ谷のバーに日銀OBが2人来てくれたという。1人は名刺を置いていったからと、そのコメント入りの名刺を送ってきた。なつかしかった。
現役のときよく通った銀座のバー「グライエ」は、その1人(当時係長)が紹介してくれた店。いい縁だった。私はいっぺんでそこのママさんに惚れ、せっせと通ったが、カネが続かなかった。
もう1人のお客さんともその店で顔を合わせたが、エライサンだから、話したことはない。日銀でもユニークな有名人で、たしか、高度成長期に「セフィーロ現象」という言葉を流行させた人(京都支店長)ではなかったか―記憶違いかも。
お2人がどういうコースで「モロッコ」に達したかは知らないが、いま私は夜歩きしないので、阿佐ヶ谷まで飲みに行くことは…ないと思う…。

⦿弁天通りスタンプラリーで3等賞
豆腐屋と八百屋と和菓子屋でラリー完了。商品券が郵送されてきた。1000円だが、少額であっても当たれば嬉しいもの。その日早速1000円以上の買い物をしてしまった。

⦿千年木の移植
那覇で買って来て水を遣っていたら根と葉が出てきたので、鉢に移した。ついでに黒松に土を足し肥料を入れたら、気のせいか元気になった。なぜか特別長命な樹を育てる羽目になったが…。
                             おわり
             TOPへ戻る