17-07-26(2017年 第37号)  
⦿連想―お経の岩 
「書だ! 石川九楊展」で見た「歎異抄」を「稲城だより」第36号(7/22付)に載せた。

日経の日曜版にマダガスカルの奇岩の写真が載っていた(7/23)。何となく連想。 

世には奇景・妙景・絶景など、数えきれないほどある。その中からたまたま、お経の岩!?を(写真で)見ただけのことだが。
              ネット検索 →

⦿雑談会 7/24 7丁目ライオン
月例のOさんMさんとの雑談会。4時間。氏は黒生中2小2、私は中3小2。

Oさんは銀座SIXに寄って屋上に上がってみたという。ゆったりして、緑があったり…と。地域の人の憩いの場でもあるという建て方らしい。経営者に余裕があるんですかねえと私。

Oさんは夏に弱く、毎年のことだが、何とか過ごして秋になると、今年も生き延びたかと思う、と苦笑。

私は夏には強く、今月もまた「プレ金」にそこで同期と会うが、今回はもう一人加わる。彼は体力を精神力でカバーして出席すると言ってきたと教える。これに苦笑。

同期と言えば、5月に1人が亡くなり、偲ぶ会をすることになったが、彼は6年前に生前葬をしていて、そのとき私が弔辞を書いた。今度の偲ぶ会でもそれを読むことになるというと、これにも苦笑。

Oさんに葬式はどうするのかと訊くと、夫婦ともそういうものにこだわらないから、なにもしないつもりという。葬式と言えば、別役実が、葬式は残された故人の知り合いが集まる場所で、そのあと一杯やるのが楽しみなのに、葬式をしないとなるとその楽しみが奪われる、と言っていた。これに私は笑って同意。しかし、葬式はしないで偲ぶ会になりそう、と。

そこで、Oさんは私の壱岐・出雲の旅のことに持って行ってくれた。
壱岐古墳の出土品は朝鮮渡来のものが出て頻繁な交流の歴史は分かったが、壱岐が大変だったのは、百済出兵や白村江の戦のときよりも、平安時代11世紀の刀伊の入寇だったことをあとで知ったと話した。私は刀伊の入寇そのものさえ知らなかった。(「小右記」にみる道長時代の宮廷の侵攻対応のお役所風はいまの官僚とどちらか!?など)

また、万葉集に出てくる防人のこと。なぜ遠い東北から徴兵したのか。多分、地元九州には渡来人が多く、朝鮮との戦には信用されなかったのではないか。それで妻や子たちと、涙の別れを詠んでまで、はるばる下ってきたのではないか―。

中世の倭寇という海賊の話から、バイキングやヴェネツィアの防衛戦の話へ。それから壱岐・対馬・北九州と朝鮮との交流は漁労民の交易であること、海民を大きくとりあげた網野史学などにも移り、遣隋使、遣唐使のこととなり、強大な唐との高句麗・新羅の争いの意味などにも―。

出雲大社は格の高いことは何となくわかったが、それがなぜかが分からない。神社はさっぱりおもしろくないというと、Oさんは、皇室との関係と神無月でお賽銭がたんまらり入り、裕福ではないのか、神社の大きさは関係ないのでは―。
境内の「因幡の白兎」のつまらない置物の話から、ワニは鮫のことだろうが、あの歯並びと足なしでは皮は剝けないのではないかと笑い話も。

出雲歴史博物館の展示がすばらしく、充実していること(一支国博物館もよかった)。銅鐸と鏡のこと。そして大きく、出雲王朝のこと、戦後日本の歴史学のこと。特に古事記、日本書紀の全部を神話扱いして歴史事実の追求に役立てなかった誤り…なるほどと納得した。氏は長年「古事記」講座を受けていてその辺りもくわしい。講座の先生がまた良いという。
(それにしても古代の朝鮮渡来の文物・人物、その影響の大きさ。金達寿の著作はそれらを強調しすぎるかもしれないが、歴史教科書・参考書にも、よく読むと、はっきり・きっちり書いてあることを、私は戻ってから読んで知ったと白状した)。

話の中に私が間違っていたことがあった。
ヴェネツィアの建国は、民族移動(あの大移動ではない)とも言える大規模な南下によって、それに追われるようにあそこに建国したのではないかと思っていたが、そうではなかった。
(ウィキペディアにはこうある。北イタリアでは、東ローマ帝国の影響力が減退するにつれてランゴバルド人フン族その他の民族による侵略が行われるようになった。ヴェネツィアの街の起源は、これらの侵略者に対抗するための、沿岸湖沼地帯における相互扶助組織で、726に最初の指導者が現われた。また、8世紀には北欧ノルマン人ヴァイキングの活動があり、中世においてはヴェネツィア共和国などの通商国家の商船が、自国の商圏を防衛するために武装化し、競争相手の船舶を攻撃・略奪することがあった。)

歴史教育の話から文科省の問題になる。大学の数から学部や定員まで決める役所。私は昔文科省不要説(=権限大幅縮小)を唱えていた。
そこから加計学園へ。牛と馬の獣医師は100%往診であるのに対し、ペットブームで、歩けば棒に当たるほどここかしこにある犬猫病院は、人間がクルマで連れて来てくれること。北海道などの往診は24時間制で医師がクルマで行くこと―なかなか笑えない話も―。

AIの話。どこまで可能なのか? 人間はボットにどこまで支配されるか? 囲碁・将棋はAIに敵わないことが証明され、製作者が製作から撤退という賢明な選択をしたこと。これからのAIは感情の扱い方か? 農業では種半作・苗半作と言われる。人間も淘汰され、優秀なのだけが生き残る? なんて―。

Oさんは「バベルの塔展」に行ったとき、オペラグラスを持っていったのが正解だったと―そこまでは普通として―ところで、ブリューゲルはあの絵を描くことを悪いこととは思っていなかったではないか、ということは、反キリスト教だったからか?
崩壊するものと知っていながら、せっせと建築している様子を描いているではないか。キリスト教徒ではなかったのか。むずかしくなった。

Oさんは8月の勉強会で、講師として「難民問題」をテーマに話すことになったので、難民のことを調べている。難民もいろいろで、スマホ片手にいろんな情報を収集している写真なども見ているという。難民と言われている人の実情はさまざま。受ける差別もいろいろ。そこから日本の非差別部落問題に行き、話は尽きないが、では、となった。

        東郷青児「干拓地」

こういう話は物語か何かにならないものか。あまりにも…なので。

バレバレのウソを、したり顔で否定し、ウソのまま通そうとする人間がいる。
ウソを言わなければならない立場になってしまったのだろうが、いかにもみっともない。しかも、あとへ引けなくなって、ウソを上塗りするところまで追い込まれ、それでもまだ通そうとしたら、相手は呆れ、うんざりし、もう相手にしなくなる。
カッコ悪いだけでなく、信用がないから、そんな人間は、たとえ小学生だとしても(失礼)、軽蔑され、仲間から外される。

国会という場で、大臣で、しかも、総理と称される方だとすれば、ほどほどにしないと後世まで影響するよ。あとあと、ああ、あのウソつきね、のひと言で。
害にならないウソなら世の中にいくらでもあるがね。
(私のような庶民は、新聞などとはちがう言葉でしゃべるから、こういうもの言いになる。新聞であれば、例えば、「真実だけが議論の蚊帳の外に置かれたままになっている」となる。7/26 朝日)
                          おわり
             TOPへ戻る