17-07-21(2017年 第36号) 
⦿「書だ! 石川九楊展」 7/20 上野の森美術館
これは書くのがむずかしい。何だろうこの書は。書だ! と言っているが、こちらはそれでも、書か!?
突き進んだのか、飛び越えたのか、拡げたのか、曲げたのか。字を書かない書?  新しい書形?
            「歎異抄」全文 →

    85㍍のエロイエロイ…の1部 ↓
  
 
 

「源氏物語55帖」(雲隠を含み、若菜を上下に分けた) は全編イメージの書! 「カラマーゾフの兄弟」はイメージの2枚。何ということだ!
「方丈記」「徒然草」もある。「9.11事件以後」も2枚。どれもイメージ。

敗戦後、ピカソの絵などが「分かんない絵」と言われて評判になったことがある。こんどは「分かんない書」が評判になる番か。みなさんは分かるのか…。

私が文字として辛うじて読めたのは「逆説・十字架・陰影」と「無間地獄・一生造悪」だったか。

主催者の挨拶にあった「前人未踏」と「イメージ」の言葉が残った。

産経ニュースの記事を転載させてもらおう。
「書は、何が書かれているかではなく、どのように書かれているかだ」と石川。視覚表現というより、書は「筆蝕の芸術」だと断言する。
書の表現の可能性を極限まで追求したのが「源氏物語書巻五十五帖」(平成20年)だろう。題名だけで本文のない「雲隠」を含む全55点が一挙公開され、書で物語をたどってゆく。
主人公の光源氏と女たちの出会いと別れ、感情の機微やもつれなどが筆蝕で巧みに表されている。あめ玉や鍵をまき散らしたような面白い風景は、唯一の滑稽譚「末摘花」だ。
「カラマーゾフの兄弟」(平成11年)は9.11(米中枢同時テロ)をはじめ、不穏な21世紀の世界情勢を予言するかのような作品。「点画が、何かが天から落ちてくるような、ひび割れて壊れていくような姿になった」と石川は振り返る。
「近作もゆがみ、絡まり、旋回する」「ここまでしないと、いまの時代の姿に釣り合わない」。書は今も、時代を映し続けている。

私は頭を振り振り外に出、上野の森の巨樹を見、王仁博士の碑を見、清水観音堂の階段を降り、炎天下、不忍池の大きいハスの葉と赤い花を見、池沿いのテントの古道具屋を冷やかし=写真右=、Mさんと金太楼寿司へ行き、ビールとヒレ酒で昼から酔った。

近くの「つる瀬」で小倉アイスを食べ、豆大福とどら焼きを買った。

⦿親友の川柳講座
高校同期の親友が、地域の身障者センターに頼まれ川柳講座を開いた。目や耳や身体の不自由な人を相手に、一体どう対したらいいか、始める前にいろいろ考えたらしい。そうだろうと思う。ところが、杞憂だったという。参加者は最初から大いに笑い、質問し、最後はその場で作句し、そして、楽しかったとの感想をもらったという。

構想を練りレジュメを用意したが不安はあった。まずは七五調が日本人に馴染みやすいことを、童謡、民謡を例に、また、サトウハチローの詩や漱石「草枕」の文章も紹介し、続いて、川柳の起こり、俳句とのちがいなどに進んだ。
実作の例として、例えば「朝起きて顔を洗って飯を食い」でなく「朝起きて顔を洗って職がない」とすれば川柳になるなど、笑いのある作を選んで話した。

彼は言う。障害は個性とはよく言われることだが、本当にそうだと知った。私たちよりもいいところを沢山もっていることを知った。そして、月1回、12回続ける予定と。

なお、第2回は女性向きの情念の句、第3回は江戸の暮らし方をテーマに講義、8月は鶴彬、きけわだつみの声の特攻兵の句など反戦句を紹介の予定という。
道で会った聴講のご婦人が「歩きながら指を折っている」だって―。

彼は私のおしゃべり宴会というか、雑談会の相手の1人。このところ月1で飲んでいる。サッポロビール出身だから、昔から7丁目ライオンで鯨飲―おごってもらっていた―。今月はプラ金で半額サービスのエビスを飲むことになっている…。
                              おわり

       日は昇る   7/20 4.50頃 ベランダから
      

              TOPへ戻る