17-07-19(2017年 第35号)  
⦿映画「ヒトラーへの285枚の葉書」 7/19 新宿武蔵野館 
ネタバレです。どうなるんだろうと、ハラハラドキドキしながら見るのにいい映画ですから、そういう方は見てからお読みください。

最初の緊迫場面は、1人の若い兵士が、逃げ遅れたのか、はぐれたのか、深い森の中で周囲を見回しながら全力で走っている場面、しかし、アッという間もなく一発の銃声で殺される…。

最後の衝撃的な場面は、葉書で抵抗した主人公夫妻を捕らえ死刑台に送った捜査官が、押収した葉書267枚(未発見18枚)を窓から放り投げた直後、自らのこめかみに当てた拳銃の引き金を引く…。
宙を舞うイメージ化された葉書が、次から次へきりもなく現われて終るシーン…。

その少し前、ギロチンに向かう廊下ですれ違った捜査官が主人公に、私に出来ることはないかと訊くと、主人公が、ペンと葉書が欲しいと答えて従容として死に向かう…。そしてギロチンの刃がするすると昇っていく…この場面も印象的(フランス革命を想起した)。

いい場面はほかにもいっぱい―内容が詰まっているから―。撮影がすばらしい。

というように、地味というか、人によっては暗いムードの映画だろう(私はそうは思わないが)。
たしかに 「ナチへのたった一人の抵抗(妻も協力するが。原題 alone in Berlin)という揺るぎない信念と実行行為があり、最後は死刑にされるから、明るい作品ではない。私の造語だが「シネマ・セリア」というのはどうだろう。真面目な映画と言いたいのだが(オペラ・セリアがある)。

さて、ストーリーは、ファーストシーンで殺された兵士の両親に息子戦死の通知書が届くところへ。母は激高しそれを千切る。1人にしてくれと頼まれた父は職場へ。

哀しみは怒りへ。父は葉書による抵抗を思いつく。喧伝されているヒトラーの「ウソ」が許せないのだ。
1枚ずつ、そっと、さりげないところに置かれていく。恐怖政治の下、見つかれば…。
日本も少し前までは管理社会を云々していた。そこから猛スピードで監視社会にまで突っ走って来て、先は恐怖政治かと疑われるまでに…。

アパートにはナチ党員、ユダヤ人のお婆さん、タチの悪い密告者、まともな判事などが住んでいる。戦時下、パリを占領し勝利に酔っているベルリンのナチ監視体制の怖しさが、いろいろと迫力をもって描かれる。
その中で、抵抗・弾劾の葉書は、妻の協力も生まれ、巧みにあちこちに置かれては拾われていく。ヒトラーは嘘つき、この手紙を回せ、報道の自由を、などと故意に下手な文字で入念に書かれた葉書は着実に増えていく。

警察の捜査官はそれらの発見場所を地図に小旗を立てて居場所を絞ろうとする。その捜査官はゲシュタポ(ナチ親衛隊)をバカにしているけれど同時に協力してもいる(誤逮捕されたものの本人ではないと確信をもってナチに説明しても取り上げられず、期限付きで無実の男を始末―拳銃殺―させられたりもする)。

捜査網が絞られてくる。妻の機転で逃げおおせたこともある。夫婦仲はこの葉書作戦によって新しくなり強くなり深められる。

監督はこう言っている。「息子を失って距離ができた二人が改めて関係を築いていく。そのことが彼らに、大きな存在と戦う強さを与えた…ある意味、これは2人のラブ・ストーリー。そこをぜひ…」(7/13 東京新聞)
昔を思い出し、優しく抱き合うシーンや判決が下される法廷で隣り合った夫婦が手を固く握り合うシーンなどによく現われていた。

監督は「世界8月号」のインタビューでもいろいろ話している。
ドイツ語で作りたかったが制作費が集まらず、そのうちに原作が英訳されベストセラーになり、方針変更。ドイツでは批判されたなど。
合作映画となっていて、英語でしゃべるから、あれっと思った。吹き替えかと思ったが英語で作られたものだった。

また、私が予想できず、意味も不分明だった捜査官の葉書ばらまきと自殺の意味を、監督は「彼らが読めるように街に返す」ためだったかもしれないと言っていて、なるほどと思った。も一つ、捜査官は逮捕した男と初めて顔を合わせたとき(まじまじと長く見つめた演技は迫真的)、彼が自分より強い人間だと認めたから、ああいう態度をとった、とも言っている。これにも、へーえ、なるほど。よく見、よく考えないと…。
                             おわり
             TOPへ戻る