17-07-15(2017年 第34号)   
 暑中お見舞い申し上げます。
いかがお過ごしでしょうか。お元気でしょうか。
こちらは緑内障で、眼圧を下げる点眼薬が加わり、心房細動との2つが持病になりましたが、元気です。
炎天下の外歩きは出来ませんが、外出先はクーラーの効いている場所が多く、それほどおっくうではありません。
旅行も沖縄本島と壱岐・出雲に行ったばかりなので、秋までは控え、のんびりの夏にします。

  このカットでは涼しくなりませんか。 東郷青児「脱衣」→

おっくうがっているのは、例えば、パソコンの買い替えとそれに伴うセットアップ。ホームページの整理とまとめ、切抜きの整理廃棄、書類・写真等の整理廃棄、本棚の整理廃棄、家の中の掃除、遺言書作成。
これらの前に、読んだり調べたりする「仕事」が山のようにあるので!?

夏の言葉遊びを2つ上げます。どちらも注釈なしで。
1 私の標語
「飲んだら読むな 読むなら飲むな」
「飲んだらしゃべれ しゃべるなら飲め」
「家で飲むなら一人 外で飲むなら二人以上」

2 私の持ちもの(財産)
1 先輩・知己・友人
2 読書歴
3 旅経験
4 楽天性と好奇心
5 駄文書きと発信
6 自由時間

⦿大豆たんぱく
豆腐が好きだし、昔風の豆腐屋さんが近くの弁天通りにあるので、よく買いに行く。
以前「豆腐三態」と言って書いたことがあるが、いつも買うのは豆腐、厚揚げ、薄揚げ、がんもどき。ついでにこんにゃく。
それに枝豆を茹でるし味噌汁をつくるから、ずいぶん大豆たんぱくを摂っていることに気付く。いいことらしい。で、「私の標語」に「大豆たんぱくをたくさん摂る」を加えよう。

沖縄と原発と憲法が大きい問題と考え、関心を持ち続けたいと思っている。
⦿沖縄の短歌と俳句 朝日歌壇・俳壇 7/10

* 反古にする約束ひとつ沖縄忌                長谷川櫂選

選評は、本当は「ひとつ」どころではないのだが、反古の山の島というべきか。当を得て妙。

* 沖縄を叫びつづけて鑿を持つ金城実の気迫さらなり      高野公彦選

* 基地ありて民の哀しみ続く日々大田氏遺せる「平和の(いしじ)」   永田和宏選
* 尽力を惜しまず逝った大田氏の遺せし礎にうりずんの雨      〃

* 日本軍に銃向けられ入壕も適わざりしよ大田さん逝く       〃

⦿「平和の俳句」から(東京新聞)

*声大き人は恐ろし夏の月     7/09

*九条を背負って歩こうカタツムリ 7/13
 〈金子兜太〉憲法九条は、どんなところでも、どんなときでも、しっかりと抱きとめてゆかなければならない。この平和の保障を。

⦿日本政治(小さい活字で)
政権側の「嘘」がまかり通っていては人も世も壊れる。政界は論評の対象にならず、もう壊すのみ。「新聞遊び」で遊べない。しばらくはお休み。民進党が壊れそうになったら遊ぶ―かも。

⦿読者の便り
7/5、福島支店勤務経験者の同期と2人で福島に行ってきました。
福島に着いて、先ず朝日新聞Beの「古都さんぽ」で紹介されていた大蔵寺の千手観音立像(国重要文化財)を見に行きました。
福島駅からタクシーで15分くらいで到着。ところが受付に出た老女が、拝観は予約制になっているので予約していない方は見られないという。そして、朝日新聞社に予約制になっていることを記事に載せるよう言ってあったのに記載がなかった。また、タクシー会社にもお客を乗せてくるときは予約を済まされているか確認をとるよう言ってあったという。傍でこのやり取りを聞いていた運転手は聞いていないとぼやく始末。

仕方なく今回はあきらめ、代わりに古関裕爾記念館に行き往年の名曲をたっぷり聴き、口ずさんできました。長崎の鐘、イヨマンテの夜、君の名は、などなど。そして旧支店長宅(現在は市の観光施設「小倉邸」)から弁天山を対岸に、阿武隈川を眺めながらお茶屋の同い年のママさん(毎年行くので顔なじみ)と馬鹿話をしながら楽しんだ後、高湯温泉の硫黄泉にどっぷり浸かってきました。

しかし、国の重要文化財を予約制にしているのに周知徹底していないのは許せないと思い、帰宅後福島市に対し「予約制の周知徹底を求める」旨、メールで申し入れしました。返信はまだありません。                   おわり                                                        
             TOPへ戻る