壱岐・出雲の旅   17-07-12(2017年 第33号)   
 7/9夜、南天の低きに、ほぼまん丸の黄月。窓を開け夜気を誘い入れる。まだ生暖かい。
壱岐島で買ってきた瓶詰の「うにイカ」で晩酌。
短い旅から戻り、翌朝つまり今朝から、その旅のことを書き(打ち)始めた。ふと気づき、ベランダの黒松と千年木に水を遣った。晴れたので洗濯した。ルーティンが始まった。面倒だが、楽しくもある。友人・知己を思い、いま何をしているか想像する。

壱岐と出雲に行ってきた。古代の倭国と朝鮮との関係を知りたくなったのだが、いま朝鮮・韓国に行く気は、なぜかない。対馬より壱岐がいいと決めた。どちらも初めてのところ。
戻って、しかし、何も分からないままだと思っている。テーマがあいまいだと学びも小さい。それでも、知らないことを知るのが、初めての旅の一番の愉しさかも。(7/9記)

⦿壱岐と出雲の古代史に触れる旅
 7/3~7/8 
7月3日から8日まで、5泊6日の旅をしてきた。壱岐と出雲の日本古代史(ちょっぴり)旅。
壱岐島に3泊、出雲市に2泊。
壱岐ではレンタカーで古墳群を、出雲では出雲大社と古代歴史博物館を見物してきた。

5日からの九州北部の大雨は8日もトップニュースが続いていたが、壱岐は6月29日から30日にかけても50年に1度という大雨となり、2度目の大雨は滞在中の5日から6日にかけてのもので「記録的短時間大雨情報」と「土砂災害警戒情報」が発表されたほど。そして雨の地域は、なんと南へ下って福岡・大分などという推移。

そのように局地的でもある雨の動きだから、5日に訪れた壱岐北部の勝本町と壱岐東部の芦辺町に、翌6日「避難準備情報」が発表されたりしたのであった。
つまり、雨の合い間に古墳をいくつも見物した直後に、その「勝本・芦辺町」が豪雨となったものの、南部の郷ノ浦町に泊まっていたため、約半日の差で「難」を逃れたというわけ。

しかも、壱岐を去る6日朝は、3連泊した郷ノ浦のホテル辺りは降っていなかったが、ジェットフォイルに乗ったら大雨、ところが、博多港に着いたら雨は上がっていた。そして博多から山陰線に乗ったら豪雨。ところが、とまた言うが、降りた出雲市駅は雨が止んでいたのだから、ラッキーと言うより強運に近い。

7日の出雲大社と歴史博物館見物も、ついでの宍道湖の夕日見物も―雲が邪魔して日没は見られなかったものの、結局1度も傘をささずに「九州北部の豪雨」をうまく避けた形で旅をしてきたというわけ。この言い方はよくないか。被災者には何といえばいいのだろう。旅の中身を少し説明しよう。
7/3
羽田から福岡空港へは、当日の空席を当てにしたシニア特割で飛んだ。空席はまだまだあった。
博多駅前広場には祇園山笠が飾られ、14日に向かって、もうムードを出していた。
           博多山笠は国指定重要無形民俗文化財 →

博多港からジェットフォイルで郷ノ浦港へ。タクシーで「ステラコート大安閣」ホテルへ。
素泊まりなので、その夜はタクシー運転手に訊いてお勧めの居酒屋へ行ったが、休み、2軒目も休みで、ではもっと大衆的な店という「太郎」を紹介してもらった。お勧めの料理は、湯かけ鯨、かさご唐揚げ、いさき煮つけ、イワシのつみれ。全部平らげた。
名物の壱岐焼酎を飲んだら薄いので、もっと濃いのをと頼んだら、「いっぱい売り」はないがと、試しに「松永安左エ門」をちょっと飲ませてくれた。旨いのでもう一杯おねだりした(勘定に入っていなかったかも)。

店主の肝臓がんと脳梗塞とその後遺症としての腰痛のことなどを聞き、私もがん体験者としておしゃベり。氏はしきりに身を反らすようにして腰を延ばしていたが、その動作に札幌の故大出先生を思い出してしまった。
松永安左エ門記念館のことなど、いろいろ教えてもらった。
台風3号が長崎に上陸したニュース。夜中は大雨、稲光と雷鳴。

7/4
9時、ホテルにレンタカーが届いた。台風で激しい雨だったが10時には通り過ぎ、雨は上がった。それからの2日間、Mさんの運転で古墳を中心に島をドライヴ。

★原の辻遺跡ガイダンス
まず、原の辻ガイダンスに立ち寄り、参考本を1冊買い求めた。建物の中央に神楽舞台があり、階段下の人形の出来がいい(写真下)。何とかの機械製ではなく彫刻家の作品だという。気のせいか、壱岐の他の人形彫刻もよくできている。なお、壱岐神楽は国指定無形民俗文化財。
           

奥のほうのコーナーに展示されていた農具を見た。
小学6年だった敗戦の年の4月から11月までの8か月間、疎開していた仙台の父の実家で、仕事を(手伝いだが1人前に)したときの懐かしい農耕具のあれこれ(唐箕、稲こき、飼葉切り=馬の餌用など)や、つらかった代掻き―牛の口取り(鼻取り?)作業のことなどを思い出した。

      昔を思い出し懐かしさに負けて掲載  唐箕と代掻き ↑ ↓

小学5年のときの学童集団疎開がつらくて、いまで言うストレスがたまり、幻覚が現われるようにもなって続けられなくなり、やむを得ず親戚などに頼る縁故疎開にしてもらい、翌年4月、仙台市中田村字雷1番地の農家の1室に母子4人で住むことになった。

初めての農業、それもいきなり田植え前の、牛を使っての、代掻きまでやらされたのであった。
泥んこの田の中にずぶずぶと裸足で入り、写真の通りの仕事をやった。
都会育ちの、農家の仕事など見当もつかない小学生が、いきなり稲核(いねこき)や上の写真の唐箕(とうみ)を手で回したリ…。
8か月間とはいえ、春から秋までだから農家にとっては猫の手も借りたいとき。学校も繁忙期休みというのがあって、疎開ッ子の私までが何でもやらされたのだった。
通学は裸足だったが、5歳だった妹の草鞋を作ったりもした。

川の水を引き込んだ洗い場で、洗面も洗濯も食器洗いも全てそこで済ませるので(飲み水は井戸だが使わせてもらえない)、とうとうトラホーム=トラコーマ=結膜炎に罹ってしまい、汽車で仙台市の医院へ通った。その時だけが私の貴重な自由時間だった。
その年の夏の夜の仙台大空襲は別に書いた―とばっちりのように、田んぼの中の隣りの1軒家に焼夷弾が直撃し炎上したのであった。

原の辻遺跡 国特別史跡
正式には「原の辻一支国王都復元公園」といい、環濠集落の各種建物が、なだらかな斜面のあちこちにある。長老の家、交易司の家、通訳の家、使節団宿舎、物見櫓、祭器や穀倉などさまざま。
      
説明によると、壱岐は「魏志倭人伝」に「一支国」の名で登場し、原の辻はその王都らしい。「主に彌生時代前期から終末期(紀元前2・3世紀から紀元後3世紀頃)にかけての大規模な多重環濠集落跡である」(「壱岐市の文化財」から)。

一支国博物館
遠くからでも山の上の高い塔(展望室)が見える。外観も内部! も派手だが、充実の博物館。
説明によると、『魏志倭人伝』に「一支国(いきこく)」と記された壱岐。古代日本を物語る貴重な資料が島内から多数出土しているが、これらを一堂に展示しているのが一支国博物館である。世界的建築家、故黒川紀章氏がデザインを手掛けており、周囲の山並みに沿って曲線を描く天然芝の屋根が印象的。

国指定特別史跡「原の辻遺跡」を望む丘の上に建ち、常設展示室では東アジア(中国・朝鮮半島)と日本の歴史を比較することで、グローバルな視点から壱岐の通史を紹介している。展示資料は約2,000点…etc.。
               ガイドブックから ↓ 
       

大量の収蔵品をオープン展示する収蔵庫も規模大。整理作業もガラス越しに見える。ただ、出土品など展示品は総じて小振りのものだった―当然だが。
私は貧乏人根性から、市立のこの博物館の維持管理は赤字かな、壱岐市は豊かなのかななどと考えてしまった。
          展望塔から内海湾(古代船往来玄関口)を望む 
  

松永安左エ門記念館(順序としては一支国博の前だったが…)
壱岐出身の有名人としては「電力の鬼」「茶人・耳庵」の松永安左エ門であろう。敗戦後の一時期、財界の重鎮として日本国復興に尽力した大物だと私は思っている(日銀に1年ばかりいたとは知らなかった。また、当時、東大出の幹部がストライキをしたことも)。

当時の財界トップとの幅広い交友関係も関係資料から分かる。展示品には貴重なものがいっぱいあった。しかも、館長から詳しい説明を聞くことができた―結局つきっきりで一周した―。
福沢諭吉や尾崎咢堂の書・書簡ほか珍しいものも数々。例えば張作霖から頂戴した長い杖、彼が不本意ながら受けた旧勲一等瑞宝章と銀杯など。
2階は杉山吉良が安左エ門を撮ったフォトギャラリー。まだまだあるが省略。

政治についても、戦争中は閑居していたが敗戦後乗り出し、総理大臣に緒方竹虎を担ごうとしてならなかったものの、石橋湛山は実現したし、吉田茂や池田勇人の指導または指南役であり、やがては9電力体制を実現させて「電力の鬼」と言われた。その経緯についても聞いた。
一方、古美術蒐集家としても有名、茶人しても(号耳庵)重きをなし、氏の箱書きは値打ちがあった。蒐集品のほとんどは、国宝を含め各所に寄贈。館長は、小田原の美術品も所沢の別荘も寄贈したからこそ遺ったという。墓は新座市平林寺。
また、叙勲・栄典を徹底的に嫌い、周りが困ったエピソードも有名。

遺言状がまたすばらしい。下は全文。死去の10年前、86歳のとき書いたもの(ガイドから転載)。
文面には、葬儀・法要が大嫌い、墓碑・法要は不要、線香も嫌い、勲章・位階はへどが出るほど嫌いに候。財産はセガレ遺族にくれてはならず、最後は「借金はないはずだ。戒名も要らぬ」で、「大締め」は総理大臣宛とした。これほどサバサバずけずけ潔く書いた遺書は、私はほかに知らない。見習わなくてはならない―モノなどは、あればの話だが…。

         

      
       松永安左エ門93歳のときの書 ↑       横山泰三の松永安左エ門像 ↑

居酒屋「太郎」再び
朝食なしで10時から走り回り、ランチの時間がとれなかった。口にしたのは水と煎餅、チョコレート、クッキーだけ。腹が減ったのでコンビニでおにぎりなどを買い、車の中で食べた。ホテルに戻り風呂に入った。ここは男女浴室が日替わりになっていて、その日は男が「鬼の岩屋」洞窟風呂だった。浴槽の底は小石でバブル式。

6時半に出かけた。昨日紹介され、休みだった居酒屋2軒を覗いたが、どちらも気に入らないので、また「太郎」へ行った。
入口の真上にある店主の顔の彫刻を貼り付けた看板も見ないで入ったが、中で顔写真を見せてもらい、看板よりはいいというので、外に出て、改めて大看板を見上げた。若い! まぁ、よくできている。
入口の太い柱に彫った同じ彫刻家の「太郎」の字はよかった。

25度の壱岐焼酎を飲んだが、旨くないという顔をしたらしい。気の毒に思ったか、また「松永安左エ門」を出してくれた。ボトルキープは1万円というので口も手も出ないのであった。刺身盛り合わせ、うに飯、サザエのつぼ焼き、つみれ揚げを食べた。

7/5 コースの順序はちがうが…

碧雲荘の石垣
居酒屋「太郎」店主の勧めで、碧雲荘の石垣を見に行った。松永安左エ門が築造した見応えのある石組みだった。その高台の建物も見物し、坂や階段を上り降りして楽しんだ。その近くの酒屋で高級焼酎「松永安左エ門」を買った。
                          碧雲荘の石垣(パンフから転載) ↓
★安国寺
ドライヴしながら標識を見て立ち寄ったが、由緒ある寺と見当のつく容子。
杉の巨木がある。樹齢600年超。
橋石といったか、大型の皿のような石があった。見事なものだった。
本堂入口に「土足厳禁」とあったので、脱げば入っていいんだと解し、Mさんが入った。自動で電灯が灯った。
鉦と木魚があり、彼女が躊躇なく叩いた。私が、もっと大きくと言うと、ボクボクと鳴り、カーン・キーンと響いた。いい音に聞こえた。
本尊は地蔵菩薩(延命地蔵)という。検索するとこの寺は「室町時代の貴重な文化財を多く所蔵し、なかでも高麗版大般若経は国の重要文化財に指定されている」。そしてそれが「1994年盗難に遭い、1年後、韓国で酷似品が発見され、国宝に指定された―(要旨)」という盗難事件。そう言えばそんなことがあったと、ぼんやり思い出した。
逆に日本の統治時代、韓国から流出した(持ち出された?)文化財等の返還問題は、他にも波及し、例えばエジプト・ギリシャ等とイギリス間等にもあり、解決はそう簡単ではなさそう。

古墳巡り 鬼の窟古墳・双六古墳・百合畑古墳園(笹塚古墳は見なかった)
さて、いよいよ古墳巡りだが、簡単な地図を頼りに、初めての地を車のナビで探訪したのでそれほどは回れなかった。また、私は初めてなのに予備知識なしで出かけ、目的も、まぁ、ざっと見るだけでよかったので、ここではごく簡単な紹介にとどめる(この項7/4)。

★風土記の丘 古墳館・古民家園 すぐ脇に「掛木古墳」
母屋(オモヤ=百姓武家屋敷)、隠居、牛小屋(ウシノマヤ)、物置(ホンマヤ)などを移築した農家の屋敷のひと揃い、といったところか。なかなかに立派だが、前述のように私が疎開した東北の豪農の屋敷はもっとスケールが大きいので、縮小版を見る感じだった。鶴瓶の井戸を見たときは、冷たい水が汲めるのかと思ったが、それは無理。あの時期、飲ませてもらえなかった恨み心が現われたのかもしれない。
       

「鬼の窟古墳」は円墳。前室・中室・玄室と羨道(横穴式石室の玄室と外部をつなぐ通路)とで16.5㍍は県内最長。入れないが、江戸時代から人気スポットだったとか。
   
   鬼の窟古墳 ↑       ↑ 双六古墳―長崎県下最大の前方後円墳 

「双六古墳」は前方後円墳。県下最大で全長91㍍。入れないが、奥は横長の石を組み合わせたドーム型の天井になっていて高い技術水準が知られるとか。出土品には須恵器・土師器と外来の陶器、土器、象嵌ガラス玉など。412点は重要文化財。しかし、盗掘に遭っている。6世紀後半か7世紀初頭の築造。中国や朝鮮との親交の深さを窺わせる品々…。

       双六古墳 全長91㍍ 後円部の直径43㍍   航空写真        
    

「掛木古墳」
は、刳りぬき式家形石棺のある円墳。直径推定30㍍。
                      奥の石棺をMさんが何とか撮影 ↓
  

「百合畑古墳群」
は、いくつもの円墳が近接していて、最大は15号墳らしい。通路を歩いて文字通り古墳巡りができるが、小型のものが大部分。 百合畑古墳群 ↓ 
笹塚古墳は迷ったりして時間がなくなり、見られなかった―車を道端において歩きはじめたが、裏道コースだったらしく、標識を間違えた。

7/5
10時20分スタート。国道をほぼ真北へ勝本港まで。壱岐は南北17㌔、東西14㌔の島だから、どこへ行くのも簡単。

曽良の墓
途中で標識を見付け、曽良の墓に寄り、海を見下ろした。墓碑銘は「賢翁宗臣居士」。記念塔も建っていた。

司馬遼太郎「壱岐・対馬の道(街道をゆく13)」には曽良のこと、芭蕉のこと、曽良も加わった巡見使のことなどが詳しく書かれている。また、勝本町公民館(同居している教育委員会)の青年のことを褒めて書いていておもしろい。
私も真似て公民館に入ったが、受付に女性が1人いただけ。

★勝本漁港
漁港沿いにしばらく歩いた。イカ漁船がいっぱい。司馬遼太郎の前掲書にはここだけで640隻もの船があるという。
  イカ漁船でいっぱいの勝本港 ↓
もどって公民館横手の朝市へ行った。数軒の店がまだ開いていた。うにイカの瓶詰を買った。

そこで、食事するところを訊いて、小路を歩いていたが見当たらない。たまたまご婦人が通りかかったので聞くと、美味しいですよ、という食堂を教えてくれた。

その食堂「よしもと」で食事。いかにも私好みの店で、先ずは大壜のビール。そして刺身の盛り合せ。Mさんは天ぷらと刺身の定食。
カウンターから見える神棚に子供の名札が2枚下げられていた。どちらも現代風。苗字もよかったが、忘れた。

出がけに隣りの2人客に、壱岐牛を食べたいのだが、と訊くと、対馬の人なのでよく知らないという。で、対馬のことを少し教えてもらった。韓国人観光客が多く、ハングルが飛び交っていて、日本人は少ないとか。

ステーキは、店主が「うめしま」を勧めてくれた。あとから来た客も同意。そこで急ににぎやかなおしゃべりになった。そのうち1人が、今日は休みではないかと、スマホで調べてくれたらその通り。では、と店主が郷ノ浦の「旨勘」を勧めてくれた。そこのママさんが同級生だという。その夜のステーキが決まった。

唐人神
芦辺港に向かい、小島神社を目指したが、道が分からない。ではと碧雲荘の石垣を見ることにして走りはじめたら「唐人神」の鳥居が見えた。予定にはなかったところ。というか、地図にもガイドブックにもないのである。
鳥居はしっかりしているが、くぐって進むと両側の人家を隔てる塀の上を歩いて行くようなもの。少しは幅があるが、オーバーに言えば平均台。
行き着いても縦長の小さい石しかない。そこに「…意気」と読める2合瓶があった。
検索すると、祠らしく、いくつかの石造りや男根をかたどった石柱の写真が出てくるが、いまはない。廃れたのだろう。司馬遼太郎の前掲書には「笹や雑木に囲まれて、いかにも土俗神といったふうな粗末な石造の祠がある」「壱岐には、唐人―漂流朝鮮人であろう―を祀った古址が多い」とあるが、その前には、氏がタクシー運転手に「唐人神とは何でしょう」と訊くと「存じませんな」という答えがあったとも書いている。
(それから松永安左エ門の石垣を見たが、すでに上方に書いたので省略)

壱岐牛のステーキ
勝本の食堂「よしもと」で教えてもらった「旨勘」で食べた。用意した肉を見せてくれたが、出来上がりまで1時間ばかり待たされた。じゃがいも、かぼちゃ、トマト、タマネギ、しし唐などが添えられていた。旨かった。1枚では足りなかったので2人で3枚食べた。
勧めてくれた「よしもと」の店主から、2人連れが現れるかもしれないと連絡かあったという。親切にしてもらい、帰りはママさんにホテルまで送ってもらった。

7/6
★7/6は移動日。壱岐郷ノ浦から出雲市駅前のホテルまで。コースは、博多港からバスで博多駅―新幹線で新山口―山陰線特急「隠岐」で出雲市駅。
乗船中は激しい雨。博多上陸時に雨上がる。博多から出雲市まで、途中は雨だが降りるときは雨上がる。夜は居酒屋「日本海」で飲み食い(後述)。
夜半は稲光と雷鳴と激しい雨音。

7/7
★出雲大社と歴史博物館
晴れて蒸し暑い。どちらも初めてのところ。 十九社  東西にある八百万の神の宿舎 
いきなりこう言っては身も蓋もないが、大社・本殿等はさっぱりおもしろくなかった。全体がきれいで整っているが、どこが見どころか分からない。見るところではないのかもしれない?
少しは予備知識を持って行かないと…。4拍の拝礼も知らなかった。
本殿も柵のわずかな隙間から覗くだけ。

本殿に行くまでの松並木はまぁよかった。大きい注連縄も写真でよく見るもの。また、おもちゃというか「売り」の白兎の石の小さい彫刻があちこちの地面に置かれていたが、この新古のバランス感覚は私の好みではなかった。
本殿をそそくさと離れ、松並木の参道を戻り途中から博物館のほうに曲がった。

古代出雲歴史博物館
ここはいい。いいものをいっぱい見せてもらった。知らないことを教えてもらった。
「(主要展示品である)荒神谷遺跡より出土した国宝を含む銅剣358本・銅矛16本、銅鐸6個と、加茂岩倉遺跡より出土した銅鐸39個はすべて国宝」(検索)とある。

○銅鐸・銅鏡復元品のこと
教科書や参考書に必ず出てくる、あの有名国宝の「銅鐸」のほかにも国宝銅鐸がズラリと展示されていてじつに壮観。また、復元された金色の刀の数にも、その展示法にも圧倒された。
恥ずかしいことだが、銅鐸や銅鏡=神獣鏡、刀などの復元品がすべて金ピカなので、その意味が分からなかった。青銅というから、青い銅製品だと単純に思っていた。

あとで検索したら「博物館等でみる銅鏡は緑色で鏡として利用できないが、これは長い年月の間に酸化して緑青が形成されたからであり、作られた当時の銅鏡の反射面は白銀色ないし黄金色の金属光沢を呈していた」。

あるいは「磨かれた鏡面の裏側には中心に鈕(つまみ)があり、その周囲にさまざまな画像や文様が鋳出されている。古代中国製の銅鏡には、神像と動物文を鋳出した神獣鏡が多く…背面の文様によって…さまざまな形式に分類されている。用途としては、現在使われている鏡のように単純に物の姿を映し出す道具としてではなく、祭祀・呪術用の道具として用いられたと考えられている」(下線は阿部)とある。

知っている人は呆笑!?するだろうが、私はそのことを知らなかったのである。
復元品の金ピカの神獣鏡の裏の、ツルツルの面が鏡なのであった。実際に自分を映してみて納得した(写真上)。

女性係員にも「何でも知っている方のように見えましたが…」と笑われ(軽蔑され?!)てしまった。もっとも、彼女も、一般に銅鐸とか青銅器と称している(名付けられた)し、しかも神獣鏡などは裏の模様ばかり見せておいて、それを鏡と教えるから、それが誤解のもとだと言っていたが。

蛇足を言えば、鉄の刀は錆びたものが出土されるわけ。しかし、中には保存がよく、錆びないものが出るからおもしろい。そういうピカピカの刀もあった。

○三角縁神獣鏡
「魏志倭人伝」によると、西暦239年に邪馬台国の女王卑弥呼が魏に遣使をした際、帝から「親魏倭王」金印と銅鏡百枚などを授かった(検索) とあり、そのうちの1枚とされている三角縁神獣鏡があった。これも教科書・参考書によく掲載されている品。
また、銅鐸には入れ子状で出土された模造品もあり、また楽器として使用されたので実際に鳴らして響きを楽しむ模造品もあり、遠慮なく鳴らしてきた。

○出土した柱と本殿の模型
大社境内から出土した太い宇豆柱が展示され、また、人気の平安時代の出雲大社本殿を再現した10分の1の模型が展示されていて、殆んどの人が撮影していた。私も期待していたが、それほどのものではなかった。↓
         

見モノはほかにもいっぱいあって、1時間やそこらではとても回れないほど。
各室にボランティアガイドさんがいて、親切に説明してくれたのはありがたかったが、余計な質問をするから、話し合いになったり、意見がちがったりする。私にはそれがおもしろい。
伊勢や出雲の巨樹の育て方、奈良・京都の木造建築の良さ、日本の木工技術もハイレベルだが、北欧などの技術が先行しているらしいことなどをしゃべったり聞いたり…。

              デザインが独創的と思う ↓

         

           

私は埴輪のさまざまなデザインにも魅せられた。巫女さんの姿勢には惚れた。耳のような壺のような祭祀道具など、古代人のデザイン力の現代性―縄文文化の良さは岡本太郎の強調して止まないところだだが、いまも輝いて見える。手触り感があるような(触りたい)、自然の親しみ(懐かしさ)がある。 女性係員も出口近くまで案内してくれ、さよならが早すぎるように思った!?

近くの店で「三段の丸い漆器に盛って出す割子(わりご)そば」を食べた。
ホテルに戻り(バスに乗ったら雨、降りるときは上がっていた)、ひと休みしたあと、一畑電鉄で終点の宍道湖温泉まで行き、宍道湖大橋を歩いて渡り、湖畔の島根美術館に行く。そこで夕日を見ようというわけ。

宍道湖の夕日
しかし、雲が多く、夕日は見られなかった。そう簡単に見られるものではない。
で、下に同工異曲!?の雲の写真を3枚掲載させてもらうことにした。
         

   
出雲市駅発の一畑電鉄の切符は鋏が入れられる。一畑電鉄に乗るのも、鉄道マニアにとってはうれしいらしいが、私は切込みの入った切符を、駅員の許しを得て、記念にもらってきた。                         切込みのある切符 ↓
美術館のバス乗り場で待っていたら、レトロな観光バス「ぐるっとレイクライン」が遅れてやってきたので乗って松江まで。他に客はいなかったが、車中に民謡が流れた。運転手が歌ったのではないと知っていたが、拍手した。
帰りはJRで宍道湖の南側を戻った。

その足で、昨夜も入った居酒屋「日本海」で飲み食い。そこは「のどぐろ」が旨いので、昨夜は蒸したのとからあげ、その夜はまた蒸したのを食べた。フグの引き皮ポン酢も昨夜は2皿、その夜は1皿。ほかにメバルの煮つけ、椎茸焼き、握りずしはあわび、つぶ貝、のどぐろ。そして、ビールと日本酒の熱燗2本。

前夜、宍道湖の夕日のスポットなどを、iPadを巧みに操作して教えてくれたウェイターが「行ってきましたか」と言ったので、お礼を言った。また、出雲大社正門前の支店で店員としゃべったことや美味しいからと勧められた「ケンちゃん漬け」を買ってきたことなどをしゃべった。
この居酒屋「日本海」は、ホテルフロントの女性に聞いて出かけた店。彼女はのどぐろの美味しい店と言ったが、じつはのどぐろを知らなかった。しかし、地元の、行って食べたにちがいない人が言うのだからまちがいないと、躊躇なく飛び込んだ店だった。板前料理で、値段もリーズナブル、というより安かった。
ついでにいうと、沖縄では4夜連続「あぐん茶」で飲み食いし、ブログ友になったっけ。そして、壱岐「太郎」で2夜連続、出雲「日本海」で2夜連続。旅先で地元の人とおしゃべりするのは殊のほか楽しく嬉しい。           おわり

(ご参考)
 古墳の数の多い都道府県別順位は以下の通り(2012年 文化庁調)。ただし、現存と消滅を合算した数とか。
総数:158905
1位)兵庫県:18841
2位)鳥取県:13459
3位)京都府:13089
4位)千葉県:12750
5位)岡山県:11726
6位)広島県:11255
7位)福岡県:10776
8位)奈良県: 9617
9位)三重県: 6993
10位)岐阜県:5110

2 墳丘長120メートル以上の大型古墳は125基。過半数が大阪府と奈良県、つまりヤマトの支配地域に分布している。ヤマトに次いで大規模な古墳が数多く作られたのは吉備。

3 墳丘要素の国際比較
要素 倭国 新羅 伽耶 百済 高句麗
墳形 前方後円墳、前方後方墳、円墳、
方墳、造り出し付き円墳など
円墳、一部に双円墳 円墳 円墳 方墳
墳丘規模 最大486メートル 最大120m 10-30m 10-30m 最大63m
周壕 一重、二重、外堤 なし なし なし なし

4 前方後円墳
1位千葉県685、2位茨城県444、3位群馬県410。
*人気1位は奈良の石舞台古墳 2位宮崎県の西都原古墳群、3位兵庫県の五色塚古墳。
*参考書の1つは広瀬和雄著「前方後円墳の世界」(岩波新書)

            TOPへ戻る