17-07-02(2017年 第32号)   
⦿定期検診と眼科検査 6/28 矢野口クリニックとしのづか眼科
心房細動、糖尿病は問題なかったが、ふらりと寄った眼科で検査してもらったら、どうやら緑内障らしい。ひどくなると失明だからタイヘンだ。
7/11日に視野検査。視野狭窄かどうかも分からない。自覚症状なし。メガネの取り換えどころではなくなった。

⦿映画「残像」 6/29 岩波ホール
私は第一に、いい俳優が出ていたとの印象。惚れ惚れする人物たち。画家・教授ストゥシェミンスキだけでなく、最後まで支えた詩人ユリアン、生徒で愛人かもしれないハンナ、娘ニカetc. 文化大臣、大学学長や生徒たちも巧かった。

ワイダ映画は「地下水道」「灰とダイヤモンド」「大理石の男」「カティンの森」しか見ていないが、私としては段々分かりやすくなってきたという感じ。今作もよく分かった。どっぷり漬かった。昨今の日本国のように、また、かつての自分の立場にも幾分か重ねて(厳しさも重さも比較にならないが)見たようで、「昔の外国映画」ではなかった。
権力側の干渉、締め付け、迫害、懐柔、脅迫、拷問などの手は同じようだ。配給切符もなく、絵具も肉も買えないまで追い詰められる時代は日本にも…ついちょっと前に。
ほかにも、社会主義リアリズムとスターリニズム、抽象画・前衛絵画の新鮮さ、ポーランドの歴史位置など、考えさせられる問題がいっぱいあって、なぜかワクワクドキドキ。

ファーストシーンがすばらしい。丘の上から斜面をごろごろ転がって降りてくる片足のない主役登場場面。
次にはアトリエで制作中のキャンバスが突然真っ赤に染まるシーン。スターリンの顔を描いた赤い巨大な垂れ幕が窓を塞いだためだ。それを松葉杖で切り裂く―。
「全体主義国家と、一人の威厳ある人間との闘い」がテーマ。

生徒に慕われる教授、反発と愛憎の娘の生き方・育ち方、別れた妻の病死と墓参り(最後のほうで青い花を供える)、次第に追いつめられる迫害の数々。巨匠はそれらを堂々と積み重ねていく。その厚みと進め方に、私はひょいとヴィスコンティと黒沢を思った。

やたらにタバコを吸い、娘に叱られ、肺結核で死ぬ(そのせいだけではないが)のは事実かもしれないが、時代を感じさせた(ヘヴィ・スモーカーが出る昔の映画はみなそこでがくんと気分が落ちる!)。

映画を見る前に三省堂に寄って5万分の1の地図を買ったが、正門でなく、裏口の看板が見えたので数歩戻ったら、丸の内朝飯会の菊池さんとバッタリ。氏のお便りを前号に掲載したばかりの偶然。

映画の帰りは、不忍池近くの「金太楼寿司」で寿司とひれ酒を飲み食い。ほろ酔いで帰宅したが、車中立ちっぱなしは、いつもながらきついもの。わかっちゃいるけど…。

⦿職場同期と雑談会 6/30 「びいどろ」と7丁目ライオン
「プレ金」ということで、7丁目ライオンで半額のヱビス黒生を飲んでからレストランに行くつもりだったが、Yさんも1杯ぐらいは飲むというので、11時半頃から2人で。
しゃべっているうち、もう予約時間になっていたので慌てて―歩いて1、2分―「びいどろ」に入った。その途中でMさんと一緒になり3人揃って―。

まずは、壱岐へ行くというのに、記録的大雨という最新ニュースをMさんから聞いた(その日の夕刊によれば、30日朝にかけて1時間に120ミリ)。

そこから壱岐のこと。この旅の遠回りの狙いは、漠然と「古代の日本と朝鮮の交流」。少しずつ関連本を読んでいる話。司馬遼太郎「壱岐・対馬の道」、金達寿「日本古代史と朝鮮」など。倭国は朝鮮の影響が大きかったこと。文化面では中国より先ではなかったか。蘇我氏、秦氏をはじめ、多くの渡来人がいたこと、大化の改新や壬申の乱と新羅・百済・高句麗の関係のことなど。

彼の住む飯能の北には高麗神社がある。高麗川がある。小学生のとき、クラスに朝鮮人がいて、無視したり、いじめたりしたという。私も同じで、近くに朝鮮人が住むようになり、子どもたちと遊んだり、帰り際にはケンカになって、ひどい悪口を言ったことなど…。
彼のクラスにいた朝鮮人はその後病院をいくつも作るなど立派な人間で、いまも彼を尊敬し付き合っているクラスメートがいるという。地元に溶け込んでいるという。

雑誌「さとうきび」の私の写真のこと。あの裸はよくない、違和感があると。湘南などの海で遊んでいた太陽族を思い出したという。タイトルの「驥尾に付す」の「驥」はむずかしい漢字だ。それを使ったことわざに「老驥櫪(れき)に伏すとも志千里に在 」があると教えてらった。
意味は「駿馬は老いて馬小屋の横木につながれていても千里を走りたいと思っている」「駿馬は老いてなお遠大な志を失わない」ということ。つまり、遊び回るのはほどほどにして、陋屋にいて遠くを見ることにしたら、ということだろう(もう少しゆっくり行ってよ、ついていけないくらいだと言っていたが…)。

壱岐から島のことになった。彼は島にはあまり行っていないという。屋久島などには行ったが、佐渡には行っていないなど。佐渡は文化水準が高いらしい。例えば、文弥人形(芝居)の盛んなことこと。

      文弥人形芝居 →

私は文弥人形は知らなかったが、能舞台は見たこと、佐渡には遠い縁者がいたのて4回ほど行ったこと。相川金山以外は殆んど行ったことなど。また、しゃべらなかったが、縁者の家には能面が壁に並んでいたことを思い出した。
また、故大出先生がよく歌った「佐渡情話」、そこに出てくる盥の舟を、小木の海で漕いでいた人を思い出したりした。

Mさんは島もだが、四国・九州にも行っていないと聞いていたので、私は用意しておいた日本の白地図を渡し、県名を書き入れてみてと言ったら、その場で書き入れ始めた。

前日見た映画「残像」の話から、岩波ホールや神保町の古本屋通りのことへ。そして、新文芸座でスノーデン映画を見たことをホームページで読んだ彼は、見たあと焼鳥屋に行ったと書いてあったので、私がいよいよ池袋にまで進出してきたかと笑った由。

彼はMさんに、食後、音楽を聴きながら昼寝するのだが、そのときに聴くいい音楽を推薦してくれと頼み、4曲ほどをメモしてもらっていた。
まだまだあるが長くなるので省略しよう。7月下旬にまた会うことを約した。

⦿高校同期の書を見る―「貞香書展」 国立新美術館 6/30    
「つばき会」の案内などを達筆で書く彼は書道をやっていた。まるで知らなかったが、初出品? したとかの書展案内をもらったので、乃木坂まで足を延ばして見てきた。
同期の書家にはほかに富田幽甫が、同期の夫人には大谷清照が、後輩には「つばき会」メンバーでもある石丸さんがいるが、彼も仲間入りというところか。
書道もまた、常に上を目指して精進が続く道。80歳を超えようと年齢の影響が少ない道かもしれない。伝統芸術の強さか。
         
      「道元禅師詩」後登政弘         「風従虎」理事長・中村青藍


2日は都議選投票日。3日は旅に。選挙結果は「半笑い」と予想しているのだが…。
                             おわり
              TOPへ戻る