17-06-28(2017年 第31号)  
⦿N響定期演奏会 6/24 NHKホール 
パーヴォ・ヤルヴィの指揮でデュティユー「メタボール」、河村尚子のピアノでサンサーンス「ピアノ協奏曲第2番」、ラヴェル「優雅で感傷的なワルツ」、同じくラヴェル「ダフニスとクロエ 組曲第2番」の4曲。

最初の曲は名前も知らない作曲家の曲、次の河村尚子のピアノも初めてだし、3、4番目のラヴェルの2曲も、初めてではないかもしれないが記憶にない。いわば初めてだらけの音楽会。あるいは毎回みんな初めての曲のように聴いているのかもしれない。それもまたいいと自分で納得している。

「メタボール」は大編成で大音響。いかにも複雑でむずかしそうな曲。指揮者も演奏者にも緊張感があったように見受けた。
珍しい楽器、知らない楽器もあった(トムトム、タムタム、カウベル、チェレスタ、カスタネット、テンプルブロック、グロッケンシュピールなど)。また、コントラバスが左に配置されていたのも珍しいか。

河村尚子のサンサーンス「ピアノ協奏曲第2番」は、見事な演奏だったと思う。溶け込んだのか、溶け込ませたのか、しかし、一体感というよりは親密ムードで、しかも(だからか)、ピアノが引き立つというか、そういう名演―またも知ったかぶりで恐縮。軽やかでリズミカルで、そして貫禄あるピアノ、とも言えそう。私の好感度も高い。手が痛くなるほど拍手した。

ラヴェルの1曲は名前の通り「優雅で感傷的なワルツ」。割りに短い8曲からなる。

ラストのラヴェルのバレエ音楽「ダフニスとクロエ 組曲第2番」は初めて聴いたにちがいない。これも大編成で華麗なうえ、様々な楽器を教えてくれた。
知らなかった楽器はジュ・ドゥ・タンブル(Jeu de Timbres)というもの。そして、最初の曲でも使われたシンバル、トライアングル、チェレスタ、ハープなど多彩な楽器が活躍し、ラストに相応しく盛り上がった。フルートのソロが際立つので腕の振るいどころだろう。拍手の中、ヤルヴィが奏者を立たせたのはフルートだった。
また手が痛くなるほど拍手した。

⦿マイム公演(日本マイム研究所公演)  6/25 江戸東京博物館大ホール
第1部は「詩とマイム」と題し、詩の朗読とマイムの4編。
中原中也の「月夜の浜辺」は4人が浜辺の波を演じ、1人が落ちていたボタンを拾う役。ゆっくりしたテンポ。
金子みすゞの「お魚」「木」は2人で演じた。「海の魚はかわいそう…こうしてわたしに食べられる」そして「ほんとに魚はかわいそう」と終わる。
室生犀星の「紙」は、佐々木さんが紙を持ち、朗読しながらのマイム。5人が共演。
萩原朔太郎の「時計」は「古いさびしい空家の中で」と始まり、「…古風な柱時計のほどけ行く/錆びたぜんまいの響きを聴いた。/じぼ・あん・じゃん! じぼ・あん・じゃん!」という擬音が特徴的な詩。佐々木さんの独演。
「綱引き」は多々良さんのお得意だが、今回は最後に、綱に引かれ片足を高く上げたまま端まで動いて行ったのは立派。

第2部は、カフカの「審判」(縮小編)。
あの小説をマイムにするのは世界でも彼だけだろう。すごいことになったといっていいだろう。前から演じていたが、磨きがかかっていたと思う(昨年の公演は入院中のため見られなかった)。
7人が共演。銀行員Kはもちろん彼。出ずっぱりの熱演。相変わらず柔らかく姿のいい動きに惚れ惚れ。けっこう長かったが、それでも縮小編だという。

プログラムの「ご挨拶」に「マイムを土台にリアリズム演劇(セリフなし)・舞踏の三要素を取り入れたオリジナリティのある肉体表現芸術を探求」するとあり、続けて「精神と肉体を若い時より鍛え続けております」と言っている。見事な宣言だ。

「詩とマイム」は新境地というか、1つの到達点であろう。新しい「マイム」が生まれたといっていいようだ。詩の選び方もいい。私は空想をめぐらせた。たとえば金子光晴や茨木のり子の詩はどうだろう。谷川俊太郎は、まどみちおは、などと。
音楽が合っていた。照明が合っていた。

マイム研究所は1960年の創立以来57年。たいへんな持続力であり、精神力もなまなかではない。
100人以上の熱心なファンの熱が伝わってきた。
                                 おわり
            TOPへ戻る