17-06-23(2017年 第30号)   

⦿那覇の居酒屋さんのブログから  
6/15
  
シロヤギさんからお手紙着いた。クロヤギさんたら読まずに食べた…じゃなく阿部ちゃん1号からジーマミー豆腐のお礼状!地豆って書くんだよ、漢字。生のピーナッツを擦って芋の粉と合わせたもの。鹿児島でも作るよ。砂糖醤油とか酢味噌で食べる。

6/20  
(地豆豆腐をお裾分けしたら、そのMさんがお店へ礼状を出した)
Mから手紙が届いた。
しかも、封を切るとなんとそこにはハガキが二枚…。ミステリーである。ハガキ二枚にわたり指令が書き込まれている。
そう!Mとは英情報局の諜報員007ことジェームス.ボンドの上司の名だ!
稲城のボンドの上司のMからだった。ステキなポストカードでした。
辺野古移設と共謀罪反対集会へ行かれたとのこと。
時代は必ず人物を送り込んでくれるし、邪な考えの人はその人なりの自己完結をすると思うから大丈夫ですよ。
それよりお土産のことですが、雷おこしや東京バナナにこだわってるわけではありません。とらやの羊羹でも今半のすき焼きの肉でも鳥近の玉子焼きでもいいんです。夕張メロンでも毛ガニでもタラバガニでもこだわりませんからどうぞお気を使ってください。

稲城のボンドくんも元気そうですね。
MさんはマドンナとかマリアとかマライアとかマドレーヌとかのMなのかしら?まさか、正子とか真知子とか睦子とかじゃないよね。

(6/20、たまたま「まど・みちお詩集」を買った。「ぞうさん」の次の詩が「やぎさん ゆうびん」だった)

⦿月例雑談会 6/20 銀座7丁目ライオン 
話の順序はちがうが、私が壱岐へ行く予定の話から朝鮮・韓国のことになり韓国語の話へ。
氏は韓国語を勉強したので詳しい。鉛筆を取り出し、箸袋の余白に「アイウエオ」と、ひらがな対応の文字と書き方を教えてくれた。15世紀に取り入れられたハングルは表音文字で、仕組みはちょっと速記文字に似ているところがあった(言わなかったが、私は参議院式速記を習ったことがある)。
語順が日本語と似ているので同時通訳はラクではないか。転じて、中国の漢字は一字一音ということ。日本では音読み、訓読みから、かなとカナ、ローマ字までその融通無碍さ加減。しかし、例えば、つい先ごろまで「か」を「くゎ」と発音していたのではないか(お菓子―おくゎし、喧嘩―けんくゎ)という話も。私は言語学はむずかしいと逃げた。何とか「語族」(印欧、ウラル・アルタイなど)となるとチンプンカンプン、頭に入らない。

話は進んで、言葉が聞こえないと発音ができない―聾唖一体(聴覚と言語中枢は一体であるという誤った見解―検索)のことも、私は分からなかった。

スマホに変えようか、寿命を考え?最後までガラケーで行けるか?とOさん。スマホ使用の私とMさんは使いこなせていない自覚はある。私がスマホに変えた理由は画面が大きいから。
それからQRコード利用についての話。
あれを利用している人を見るとこちらが遅れている感じがする。確かに。あれで何ができるの?
映画館などのチケットはネットでいい席を取られてしまうという現実がある―これは関係ないか。
映画館のチケット売り場でスマホをかざし番号を打ってチケットを受け取る人が多くなった。沖縄旅行のときは搭乗券でなく「eチケットお客様控」というコピー紙!(2次元バーコード=QRとある)で飛行機に乗ったっけ。しかし私は、スマホのカメラ機能でそのコードを読み取るということも知らないのであった。

最初の話題は、じつは岩波ホールで上映された「草原の河」のことだった(写真レイアウトの都合)。私は見損なったので、チベットの風景のことを訊いた。
Oさんからその大まかな内容と景色の話。私は砂漠が好きだが見たことがない。広大な砂漠や天に聳える大景観を見たら興奮してひっくり返り、人生観も変わるかもしれないと。世界の大景観のあれこれのあと、氏はヨルダンを旅したとき死海に浮かんで新聞を読んだというのでびっくり。実際にやった人が目の前にいただけでうっとりしてしまった。
    戻って検索した写真を転載 →

それから、砂漠が出てきた映画のこと(砂漠と沙漠の違いを私は誤解していた(同じものらしい―砂砂漠や岩石砂漠はあるが)。

「モロッコ」のラストシーンとなればマレーネ・ディートリッヒの脚! そして「情婦マノン」のセシル・オーブリが担がれたシーン。「アラビアのロレンス」。
          「アラビアのロレンス」の砂漠 ↓
ほかに、その場で口に出なかったが、私には「暁の脱走」のラストシーンにしびれた青春の記憶があった(砂漠風の国内風景。主演・山口淑子)。



「情婦マノン」セシル・オーブリ→ 
マレーネ・ディートリッヒの脚 ↑ 

内田樹の「天皇主義者」宣言の新聞記事について。
彼は昨年の〈天皇のお気持ち〉を聞き、「保守派の中から『余計なことをするな』『静かに国事行為だけしていればよい』といわんばかりの声が出た」「…素朴な崇敬の念すらなく…ただの道具としてしか見ていない」ので敢えて―問いかけたくて―陛下の新解釈を支持したという。3人とも似たようなものかと苦笑した。Mさんは、内田の言うことに共感できる部分があるが、スピリチュアルという言葉を使われるのは抵抗がある、とメールで言ってきた。

ついでに!? 安倍、小池の関係の話になり、小池も相当右寄りだからなぁ、と警戒感も共通。

イージス艦とフィリピン船籍の衝突のこと。軍艦は脇っ腹が弱いとか…ちょっと笑えた。
ところで、船籍とはどういうことか、タックスヘヴン系の話か。船員の国籍要員と安給料か。航空機の別国航空籍はないものか。

核戦争とテロという新型戦争、核爆弾の小型化、毒ガスや新型武器(無人攻撃機、クラスター爆弾、爆風爆弾―会話では言葉が出てこなかったが)のこと。

日本の司法のだらしなさ―三権分立の危うさ。少し固くなるが…。
1971年、渋谷暴動(火炎瓶で警官1人死亡)事件で先日逮捕された中核派の大坂容疑者と、逮捕された7人のうちの1人で無期懲役の判決に対し無罪を主張し再審請求している星野容疑者のこと。
「獄壁をこえた愛と革命」という本が「星野さんをとり戻そう!全国再審請求連絡会議」から出ていて、それを紹介している書評を読むと、警察が第三者の証言を秘匿している可能性が高い。また、2審の裁判長が最高裁長官にまで登りつめたから、判決を覆すのは容易ではなさそう。
星野は獄中で水彩画を描き、獄中結婚している。今回の大坂逮捕がどんな影響をもたらすか、もたらさないか。

権力機構の闇の深さは底が知れない。司法の冤罪や誤認逮捕、不法盗聴などがやまず、無謀な共謀罪は運用次第でさらにおそろしくなり、行政では最近の文書隠し1つを見ても、まるで大人げのないみっともなさ。ウソの重なりが山になっている。情報公開、説明責任を嫌がる権力に慄然とする。
「言葉」を知らない(=考えない)イヤな人間が総理大臣になったものだ―これは姓同音の阿部のつぶやき。アベ1人じゃなく、大臣・長官・トモダチらがまた…。阿部はアベ内閣短命説―おごれるもの久しからず―もうそろそろ。

一転するかのように、何事にも『遊び』がなくては!!という話。車のハンドルの遊びのことから、遊び一般、間、ゆとり…(金子兜太の葉書にあった『遊び文化』も)。

こういうことで約4時間。黒生各中3、小2。ジンジャーエール、フライドポテト、塩えんどう、ニシンのマリネ、鶏の唐揚げ、ピザ。

⦿読者のお便り
(前号の千年木と南方熊楠について、お便りをいただいたので転載します)
沖縄に千年木という植物があり、買ってこられたとのこと。植物名に疎く、これまた初めて目にする名でしたので、「千年木」項をパソコン閲覧。掲載写真とともに「リュウゼツラン科の常緑低木。観賞用」とありました。
ブログのご文で、黒松のお話も目にさせて頂き〈常緑〉〈松〉の両文字に思わず、かつて沖縄で 観光バスガイドが語ってくれた話を思い出しました。彼女はこういいました。
「皆さま、つぎに言う、私の言葉がわかりますか?
 《とちゅわなるまちぬ かわるくとねさめ
  いちんはるがくりば いるどまさる》
二度聴いても、もちろん分かりません。唄か何かの文句でしょう。答え(通訳)は、こうでした。
 《常盤の松の色(美しさ)は変わることはありません。一度また春が巡ってきたら、もっと美しくなりますよ》
女性がよろこびそうな、文句ですよ、と付け加えました。

熊楠についての本は、20年前に一冊読んだだけです。神坂次郎という和歌山人作家の『縛られた巨人――南方熊楠の生涯』です。図抜けた有名人ですので、後は耳目に触れる種々のエピソード見聞で済ませてきました。
上の書で印象に残っているのは、少年期に露わになった〈驚嘆〉という以外に表現すべくもない、その記憶力への記述と同書あとがきで、熊楠の遺言に応じてその死後、日を置かず大阪の大学の博士と死地・田辺の外科医たちによって、熊楠の脳の解剖がなされた、と触れられていたことです。解剖結果までは書いていなかったと思いますがホルマリン漬けが残っているのではないでしょうか……。菊池 正英
                              おわり
             TOPへ戻る