17-06-18(2017年 第29号)  
⦿千年木 
那覇のホテルの売店で千年木を4本買ってきた。根も葉もないただの細い丸太(長さ12㌢直径2㌢)だが、言われた通り瓶に入れ、4分の1ほどを水に漬けておいた。1か月経ったら、枝というか、幹に葉のようなものが伸びてきて、生きていることが分かった。2、3か月で根が出て(張って?伸びて?)くるということだった。成長した姿も何も知らないが、育てることになればいいとだけ思っている。黒松は1本枯らしてしまったので、残る1本を見ている(育て方を知らないので)。1年半だから盆栽などとはとても言えない幼木段階。

⦿「熊楠の家」民芸公演 6/16 新宿サザンシアター
                      ロンドン生活戯画 (知人宛葉書) ↓
芝居好きご老人の多さを如実に見る民芸公演とでも言おうか(他の新劇劇団は知らない)。何としても見たいと、肢体不自由をこらえてやってくる男女が目立つ、いや、少ない若者が目立つというべきか。よろよろ・よぼよぼだろうと断固としてやって来る。
執念さえ…。N響演奏会よりもっと高齢でその割合も多いように見受けられる。(自分を棚に上げて!!)

熊楠を知っている人と知らない人とでは分かり方がちがうから、そこを考えてか、前半は説明の台詞が多かった。役者のほうも後半のドラマティックな動きに備えて抑え気味に演じていた感じ。それを私は下手な俳優と思ってしまった。しかし段々熱が入り、さすがに上手いと思うようになった。

見終わったあとから内容がふくらんでくる、芝居の骨格も全体もよく見えてくる、というのはいいことだ。よくできていたと思う。

熊楠という個性的過ぎる人物と、粘菌というやや特殊な研究と、自然環境を守る―神社合祀の政策に反対する―運動と、家庭の複雑な問題と、摂政=天皇ご進講のストーリーなどが展開され、内容は溢れるほど。民芸の力業を発揮した芝居と言えようか。登場人物も20人以上。

          熊楠が描いた粘菌の図 

最後は天皇=摂政にご進講するため、正装して自宅から出る場面だが、その「騒ぎ」に、例えば「天皇陛下」という言葉が出るたび、全員が一斉に直立不動となったり、行幸を利用して地元有力者たちが儲け話にキャッキャと喜ぶ時代相を挿入している。

熊楠関係の本は沢山書かれている。いまでは有名で、私の出る幕などないが、昔話をすれば、ひょんなことから全集を買ったものの歯が立たず「十二支考」だけにとりついたが、これも敢えなく挫折。とても読めたものではなかった。ただ人物のおもしろさは推察できた。
その後も「研究」はそっちのけで、人物論を楽しんでいた。松岡正剛は「千夜千冊」で詳細に論じているし、鶴見和子も本を書いている。彼女が受けた影響の大きさは別のところで読んだ。しかし、私には値打ちは分からない。親しみは持てる。見守り、応援したい気持ちはある。それだけ。
                               おわり
              TOPへ戻る