17-06-16(2017年 第28号)     
⦿「あぐん茶」からジーマーミ豆腐 6/12
那覇の居酒屋「酒菜処 あぐん茶」が、ジーマーミ豆腐を送つてくれた。おどろき、うれしかった。初めてのもの。早速いただいた。甘くてデザートになるお豆腐。なるほど、ケースにはこう説明されていた。「琉球スイーツ 古くから伝わるジーマーミ豆腐をプリンのような食感に仕上げ」。

既報のとおり、「あぐん茶」は5月の沖縄初旅で、4夜連続で飲み食いした居酒屋さん。(NO.22「アルバム 沖縄の旅」5/27 参照)。

そして店長宛てにその「アルバム 沖縄の旅」を送ったところ、店員さんのブログに私のことが書かれたので、ここに紹介した(NO.26)。次いで、その号を送りがてら、私がエッセイを書いた雑誌「さとうきび」を同封したところ、店員さんのブログ(6/12付)に、また以下のように書かれ、同日にお豆腐も届いたというわけ。

ひょんなお付き合いが始まった趣き。私は夏か秋にまた沖縄(いくつかの島めぐり)へ行くつもりでいるから、ぜひ寄りたいと思っている。

⦿あぐん茶さんのブログから
毎日更新しているブログ(ひとり飲む夜は。)に、雑誌「さとうきび」を読んだということと、私がOさんとの雑談会で、沖縄のお酒の飲み方「お通り」を知らないと書いたので、それについても教えてくれた。

5人の阿部さんを知ってる。(―省略。2人目はアベ首相!)
3人目の83歳阿部ちゃん。
読ませてもらいましたよ。ローマにいたんだね。塩野七生さんみたいに、ローマ人の物語だ。
毎日が面白くてたまらない、という。
パソコンに向かってるのが楽しくてたまらないとある。ドーパミンが出まくりなんだな。

沖縄のことで、寄り合いってあったけど 模合 モアイのことじゃないかな?
職場や同級生や友達、時には親戚が大体10人集まって決まったお金を出してそのうちの1人が全部を取る。
来月はまた別の人が…。本土の むじん と呼ばれるのと同じ。
沖縄は親睦模合というもので、月に1回のパーティみたいなものだ。厳密には出資法違反である。
某銀行のデータによると県内で3000億円ぐらいが毎月動いてるんじゃないかということだ。
どこの飲食店も10人用のスペースが必ずある。そして堂々とお金を数え出す。

冒頭のback numberのところに、与論献奉 よろんけんぽう のことを書いた。お酒の飲み方だ。
宮古島では「お通り」と呼ばれる。
つい2日前のことだ。9名だけど席あるか!と元気なジィちゃんたちが入ってきた。
どこかの島の人だなぁと思ってたら、兄さん!大きなピッチャーないか!と独特のイントネーション。間違いない、宮古島の人達だ。
ピッチャーに泡盛をドクドクドク、水をトクトクトク。
1人が口上を述べ出した。イッキした。2番目の人が口上、イッキ…。最後に1番目の人がお礼の口上で1周目が終わった。
阿部ちゃん!これが「お通り」だよ。(―分かった。ありがとう)

ちなみにこれが延々と続くのだがジィちゃんたちは1周でフラついてたので終わった。
宮古島と与論島。同じ黒潮文化圏なので風習も潮の流れに乗ったのだろう。
阿部ちゃん!ご飯は玄米にしたらいいよ。ご褒美待っててね。(―これがジーマーミ豆腐のこと。届いてすぐ食べた。ご馳走さま)

⦿金子兜太からお葉書 6/15
金子兜太が「アルバム 沖縄の旅」を読んでくださり、その葉書が来た。うれしかった。ありがたいことだ。感激。
ここに掲載させていただく(例によって裏表とも)。
    

文中にある「俳句集団」とは機関誌「海程」を発行している結社のことで、東京新聞ほかに紹介された(5/21)が、私もNO.25で触れた。

うしろのほうに「貴公は〈遊ぶ文化〉を会得している」とある。つづけて「風のごとく遊んでいる」とある。素敵な言葉をいただいた。
いまそれについて考えている。むずかしくもあり、楽しくもある。
私は自分のことを堂々!?と、毎日遊んでいると言っている。遊び呆けているとも言う。
文末の「人生を思う、人生とは何か?!!」についても考えたい。

(ホイジンガの「ホモ・ルーデンス」は昔読んだが、内容はさっぱり…。ウィキペディアには「…人間の文化はすべて『遊びの精神』から生まれた、あるいは、あらゆる人間文化は遊びのなかにおいて、遊びとして発生し、展開してきたものであると主張した」とある。)

⦿オペラ映画「ばらの騎士」 6/15 新宿ピカデリー
R・シュトラウスの3幕もの。休憩2回、4時間半の映画。幕間のインタビューは相変わらず充実していて見事。しかも、インタビュアーがその舞台にも特別出演するテノールのポレンザーニ、ときたもんだ。
ソプラノのフレミング(元帥夫人)もメゾソプラノのガランチャ(元帥夫人に惚れる若い青年―男になったり女になったりする役)もこの役での公演が最後というせいかほぼ満席。テレビで宣伝でもしたかと疑ったりして…ちょっと考えられない風景だった。それに特に高音の美声モーリーが歌うから、確かにこたえられない粒揃いの公演だろう。
心理を表わす演技も要求され、早口の歌も歌わされ、演出によるのか、大人数が登場するオペラ。
若い男との愛に溺れ、しかし、時間が、いずれは必ず2人を離すことになることを自覚する貴族の女。第一次大戦が近いが世紀末の匂いが残る社会と没落に到る貴族。むずかしいオペラだと思った。
私はいつものように予備知識なしでいきなり見た。理解が不十分だから現地評を引用することにするが、揃って讃辞を呈するエティケットがあるようにも…。

絶対に見逃せない『ばらの騎士』。ルネ・フレミングは未踏の高みに到達した。現代トップのソプラノ、フレミングが持ち役にしている元帥夫人役はオペラ界の中でも最も心を動かす役。その役を演じる彼女を観られる最後のチャンス。—Huffington Post

フレミングは、気品に溢れた素晴らしい演唱に誇りを持つべきだろう。彼女にとって、そしてオペラ界にとって歴史に残るこの公演で、華麗な歌声を響き渡らせた。ガランチャのベルベットのような艶があり官能的な声は、オクタヴィアンに理想的だ。二度とお目にかかれない極上の公演。
甘い声のエリン・モーリーが演じたゾフィーは、とても愛らしかった。ギュンター・グロイスベックのがっしりとした歌唱と派手なジェスチャーの演技は、まさにオックス男爵役にふさわしい。指揮者のセバスティアン・ヴァイグレは気高い演奏をMETオケから引き出した。—New York Times

フレミングは変わることがない美しさで、とらえがたい繊細な演技を披露し、深い愛情を描き出した。ガランチャの歌声は、若者らしい温かみで香り立つような響きに満ちていた。夢のような時が流れる。—Wall Street Journal

エリーナ・ガランチャの歌声はまさに、温かみのある黄金の歌声で恋に浮かれた多感な17歳の青年オクタヴィアンそのものだった。燃えるように激しく、時に陽気に、輝くように青年を歌い上げた。—Washington Post

これで2016-17シリーズはおわり(10本中8本見た―Mさんは全部)、次のシリーズ10本は10月以降に上映の予定。
                              おわり
             TOPへ戻る