17-06-11(2017年 第27号)   
⦿映画「家族はつらいよ 2」 6/8 丸の内ピカデリー
おもしろかった。いい映画だ。しかしなぜか、2回は見なくていい。1回で満足できた映画だからだろう。
平均的な、私のような日本人にはテーマがはっきり見えて分かりやすいものばかり。深刻だが一般的でもある。高齢社会の問題が多いが、葬儀は伝統行事だし、義理と世間体とお役所手続きなどはこれから先の残されたひとたちの問題ともなるだろう。同窓会という付き合いは、場合により、家族の絆より強い面をもっているように思え、いいテーマ(の1つ)だった。
高齢者が子どもや孫と生きる現在の世を、独居・別居・3世代同居など、住まいの形から考える必要があることを分からせてくれた。
高齢者は経済高成長時代の記憶を持っているから、戦後の歴史を意味づける立場にあるとも言えようか。特に、長い「戦後」のいまの方向―曲がりかけか坂道か。

そういう多面的なテーマを、笑わせながら、涙ぐませながら、共感させながら、テンポよく―私には忙しいほど―進め、まとめた手腕は、さすが一流だと思う。

2匹目のどじょうを狙った作品ではなく、シリーズとして続けようという意識が、俳優の演技からも読みとれた―主観的でうがち過ぎか―。
長男西村雅彦はあの憎まれ役(笑われ役)をずっと続けるつもりだろし、次男妻夫木聡の抑え気味の演技は、いずれは結婚と介護問題さえ用意されているのではないか。山田監督の高齢が心配になる!?

ともあれ、おおいに笑った(声を出して)。遠慮なくハンカチを出した。1つ付け加えると、狭い家の中を映すのが上手いと思った。
続けてほしい「つらいよ」シリーズ。

⦿「フランス絵画の宝庫―ランス美術館展」 6/8 損保ジャパン日本興亜美術館
 藤田嗣治 ランス教会の壁画の1つ↓
好きでも嫌いでもある天才・奇才藤田嗣治の作品がいろいろあった。いくら信仰が篤くてもイエスやマリヤをやたらに描く態度には、上手い下手でなく、私には違和感がある。そこが異才でもあるのだろう。それでも見てしまう力。魅せる力。

有名度で見せる展示でもないので、私は、作者に関係なく、良いな、と思う作品に印をつけていった。係員がやってきて、ホールペンを代えてくれと鉛筆を貸してくれた。

わたしがつけた〇印の「…読む女」コロー、「男の肖像」ミレー、「バラと彫像」ゴーギャン、「魅せられた人々」ドニは、チラシにもあったから有名作品なのだろう。
私がつけた「村人たちのダンス」ニコラ・トーネイ、「ソフィー夫人」サルブルーはチラシに載っていなかった。また、✕をつけた「…ハムレット」ドラクロアがチラシにあった。
ほかにチラシにあったのは、ダヴィッドとピサロの2点(藤田嗣治、ルオーは別)。
いわゆる有名収蔵品3点のうち、ゴッホの「ひまわり」は、未だに私には良くない。セザンヌは良く、ゴーギャンはまあまあ(東郷青児もまた別)。
(ご参考)
「本展の見どころのひとつは、ランス美術館が所蔵するレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品をまとめてご覧いただける点です。なかでもランス美術館の所蔵となってから初めて館外に貸出されるフジタの素描群は、とくに注目すべき作品群です」(「サライ」から転載)。
            東郷青児 日曜日の朝 1955年→

久しぶりに東郷青児を見た。敗戦直後の、たしかカストリ雑誌の1つ「ロマンス」の表紙絵に何号か描いていたのではなかったかと疑っている。中学1年生にとっては奇妙な女という印象だった。
また、一時アンデパンダン展(「よみうり」とついていたか?)に出品していて(岡本太郎も一緒だったか)、1940年代後半のいつか、大作を見た記憶がある。以後私は、気になる絵として頭にある。

前号で突然初音ミクのフィギュアを掲載したことが響いて、ふっと見に行ったのかもしれない。

⦿デモに参加 6/10 国会周辺
辺野古埋め立て反対・共謀罪反対のデモ集会に出かけた。国会を取り囲むように約18,000人(主催者発表)が集まって、盛況。
抗議の看板のほか、労働組合や団体の幟や旗がはためいた。沖縄の歌と踊りもあった。
危機感や切迫感はない。こういう無茶な進め方に、反対は当然としている人たちが、余裕含みで集まったというムード。名護市長稲嶺進氏の挨拶もあった。
写真は撮りにくいので、交差点で急いで1枚。↓
立ち止まらずに歩道をぐるぐる2回ほど歩き回ってから憲政会館のベンチでひと休み。それからバベルの塔展!?へ向かった。

おぼれるものわらをも…いや、ちがった。おごれるものひさしからずだったか…安倍内閣もいずれは崩れるだろう。何が残されるかが問題だが、バベルの塔建設中の様子はどうだったか、ふとそんなことを思って上野へ。

⦿バベルの塔展 都美館
土曜日ということもあって、笑い出したくなったほどの混雑。異常と言ったってつまらないが、よく詰めかけるものだ。
肝心の塔の絵は、行列したあと、立ち止まらず歩きながら見るように促された。じっくり見たい人は、作品の前を引っ切りなしに通る人の脇のロープから離れて見ろという。20号程度の大きさで、細かく描かれているから、そんなことで見えるわけがない。
別室で映画=動画が大きいスクリーンに映し出されていた。会場の仕切り壁にも高さ4メートルほどの巨大な、それでも1部分の拡大写真があった。いやはや。
ろくに見ないで出てきたが、ボスとブリューゲルだから、見たかった作品ではあった。家でゆっくり画集を見直すことにした。チケット代は一般1600円、シニア1000円。この格差はありがたかった!
上の写真の議事堂がバベルの塔に見え―見えませんか。

サッパリしたものが食べたくなったので鶯谷まで歩き、豆腐の「笹乃雪」へ行った。

⦿根岸「笹乃雪」 
5時頃だっだが予約なしで入れた。Mさんは湯豆腐コース「朝顔御膳」―8品―、私はア・ラ・カルトで何品か。ビール2、酒1。
数十年振りだったが昔風も残っていて、下足番がいたり、ロビーには緋毛氈が敷き詰められていた。
帰り際、横に細長い日本画が目についたので、訊くと「暁斎」という。へーえと、近づいて見た。番頭さん? が「よく貸し出される絵です」という。そうだろう、いま、人気があるらしいから。いい絵だった。

ついでに、根岸をぶらぶらし、煎餅屋2軒で激辛煎餅を買い、柳通りへ出、焼鳥屋「鳥茂」に行ったら臨時休業。がっかり―。
で、鴬谷に戻り、途中のガード下というか、階段下というか、立ち飲み・立ち食いの焼鳥屋に立ち寄り、青天井の夜の路上で焼き鳥を食べた。1本70円。大繁盛。外国人もムシャムシャ食べていた。下町のこういう雰囲気が私は好き。帰宅9時。思わぬ展開の1日となった。

〇最近の買い物いくつか
持ち物全体が、古道具屋がくず屋に回すようなもの(古い言い方だなぁ)になり果てているので、やむを得ず買ったものがある。なかったので買ったものもある。それらのいくつかをメモしておこう。

カメラ
まず、カメラがそう。スマホで済ませることできるが、必要なときもあって、オリンパスにした―これは以前に書いた。
ところが、というか、その機種が「カメラグランプリ」を受賞したというニュースが6/10付新聞に、1ページ全面のカラー広告として出た。OM-D EM10 MARKⅡ。何が、どこがいいのかも知らないが、なぜかうれしくなった。そのくせ、使いこなせていない。

時計
電池が切れたと思って時計屋に行ったら、錆びていてもうどうにもならないという。おどろき、あきらめ、せめて鎖は外してもらおうかといったら、それも錆びていると言われ、その場で捨ててもらった。そしてセイコー・ドルチェを奮発した。といっても、電波時計でありソーラー時計でもあるとかいうものには手が出ず、5万円強で我慢。

シャープペンシル
シャープは何本もあるが、一様に古くなり、気分も合わせて新しくと思い、高級品を(ボールペンと同じウォーターマンにしようなんて)狙ったが、漁っている途中でバカバカしくなり、使い勝手の良さそうな1500円のパイロットにしたが、すこぶる快調で、握るたび、まだ喜んでいる。

庖丁
台所で誤って落とし、足の親指を切ったので、小さいものにした。藤次郎の「疾風」という銘品(らしい)。刃渡り13センチ。8000円強。なる程、切れ味がいい。キャベツを刻むのは無理だが、オニオンスライスはできる。使い勝手が良い。

いずれも、寿命を考えろ、という自分の囁きに心が揺れて妥協した中級品。  おわり

            TOPへ戻る