17-06-08(2017年 第26号)  
⦿那覇の居酒屋「あぐん茶」さんのブログから 6/3付 
沖縄旅行のとき、4夜とも同じ居酒屋で飲み食いした。その旅行記(No.22)を送ったら、店員のブログに以下のように書かれた。
「お店に分厚い茶封筒が届いた。阿部事務所とゴム印が押されてる。
だいたい茶封筒というものに吉報はない。裁判所からかな?法律事務所かな?過払金でも戻ってくるのかな?
なぁーんだ 阿部ちゃんじゃないか!
5-18のblogに登場するオヤジだ。このオヤジに敬意を表してこの前まで、沖縄の円ドル交換の話しをしてた。
沖縄旅行の顛末記をご自分の個人通信「妙」「多摩.稲城だより」とかにエントリーしてその記事を送ってくれた。
とってもありがたかった。
もしかして別便にて雷おこしとか東京バナナが来るのかと思ったが、それはないみたいだ。
間口の広さを勉強させてもらった。
はんたまたはばる じゃないよ。はんたばる 繁多原 だよ。
河北病院で手術したんだ!阿佐ヶ谷だよね。あの辺りには青春を落として来た。
83歳、年齢は記号みたいなもんだよ。また会おう 友よ」。

彼は毎日! 長文を載せている。「ひとり飲む夜は。」を検索すると読める。
なお、6/4付にはこうあった。もう、阿部ちゃんになっていた。
「…昨日、阿部ちゃんから頂いたレポートの中に刺激はあった。
沖縄に漫湖 というところがある。パーマ屋さんが住んでる辺り。
阿部ちゃんはここに行き、英語表記を見てぶったまげたそうだ。
manko wetland
ま、ラムサール条約にも登録されてる湿地ではあるけど。
lake manko
じゃないんだ!これは刺激的!」。(ブログ「ひとり飲む夜は。」)

⦿映画「スノーデン」「シチズンフォー―スノーデンの暴露」 6/6 新文芸座
2本立てなんて久しぶり。翌日は腰が痛かった。
29歳のアメリカ官僚(CIA・NSA職員)が思い切ったことをやったもの。世界に向かって監視社会の実情―その証拠―を暴露したのだからスゴイ。
29歳と言えば名人位の初防衛に成功したばかりの将棋名人・佐藤天彦と同じ。こちらも立派だが。
「シチズンフォー―スノーデンの暴露」はドキュメンタリー作品。
その経緯と内容を検索すると―長くなるが要を得ているので―
「監督ローラ・ポイトラスに重大な機密情を持って接触してきたコードネーム“シチズンフォー”を名乗る人物。その正体は元CIA職員のエドワード・スノーデンだった。ローラ監督は危険回避のため香港で独占インタビューを敢行。そこで語られるアメリカ政府の人間しか知り得ない国民監視システムの実態……マイクロソフト、グーグル、ヤフー、フェイスブック、AOL、スカイプ、YouTube、アップル、政府が各社のサーバーに直接侵入し、国民の知らぬ間に行われる秘密捜査…」
「国家安全保障局(NSA)や他国の機関がどのような仕組みで、テロや犯罪への関与と無関係にあらゆる国民の電話の会話、メールの内容からインターネットで検索した言葉まで、すべての通信記録を収集・分析しているのか。政府の国民監視システムにIT企業がいかに協力し、情報を提供しているのか。彼の語る国民監視システムの恐るべき実態をローラのカメラが記録していく」

英国紙ガーディアンに最初の記事が掲載されると、そのスクープはたちまち世界を駆け巡る。
では「なぜ国家を裏切るような告発を行ったのか。その一番の理由は、アメリカ政府に対する不信感である。彼はアメリカ政府の諜報活動の悪辣さを証言している。その例に―省略」。
「現在、エドワード・スノーデンは情報漏洩罪を始め、数十の罪でFBIより指名手配を受けている。アメリカと友好的な国の多くは彼の亡命を拒否したが、ロシアが期限付きで受け入れを許可したため今はそこにいる」

この作品は「アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を始め、合計45もの映画賞を獲得。世界のドキュメンタリー部門を席巻し、2014年最も注目を浴びたドキュメンタリー映画」。
「スノーデン」のほうはオリバー・ストーン監督の映画。
事実を分かりやすく解説した部分とおそろしい思想・実態・危険を映像で訴える。

「世界中に激震が走った瞬間」とは、2013年6月のこと。こちらも長いが、検索すると―
「イギリスのガーディアン紙が報じたスクープで、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラムの存在が暴露されたのだ。さらに驚くべきは、ガーディアン紙に大量の最高機密情報を提供したのがたったひとりのNSA(国家安全保障局)職員であり、よくスパイ映画に登場するような厳めしく年老いた人物ではなく、ごく普通の外見をした当時29歳の若者だったことだ。
匿名ではなく自らカメラの前に立ち、エドワード・スノーデンと名乗って素性を明かしたその青年は、なぜNSAやCIAから得られる多額の報酬と輝かしいキャリア、恋人と築き上げた幸せな人生のすべてを捨ててまで重大な告発を決意したのか。はたして彼は英雄なのか、国家の裏切り者なのか。ハリウッドきっての社会派の巨匠オリバー・ストーンが史上最大の内部告発“スノーデン事件”の全貌に迫った問題作、それが『スノーデン』である」
「国を愛するごく平凡な若者だった彼は、中央情報局(CIA)やNSAで勤務するうちに、その恐るべき実態を目の当たりにした。テロリスト、民間企業、さらには個人までも対象にしたその監視システムは、アメリカ国内のみならず全世界のメールや携帯電話での通話までも傍受可能だという。危機感を募らせたスノーデンは自身や恋人の危険を顧みず、この機密情報を世界にリークすることを決意する」。

同じような引用で恐縮だが、
「9.11後の対テロ戦争を進める祖国アメリカに貢献したいと考えて軍に志願入隊したスノーデンは、足に大怪我を負って除隊を余儀なくされる。失意のさなかCIAに採用された彼は、持ち前のずば抜けたコンピュータの知識を教官に認められ、2007年にスイス・ジュネーヴへ派遣された。しかしそこで目の当たりにしたのは、アメリカ政府が対テロ諜報活動の名のもと、世界中のメール、チャット、SNSを監視し、膨大な情報を収集している実態だった。やがてNSAの契約スタッフとして東京の横田基地、ハワイのCIA工作センターへと赴任し、民主主義と個人の自由を揺るがす政府への不信をいっそう募らせたスノーデンは、恋人のリンゼイをハワイの自宅に残し、命がけの告発に踏みきるのだった…」。

そして、スノーデンと9回会った監督オリバー・ストーンは言う―
「彼はとにかく非常に正直に誠実に、何があったのか、何が起きているのかを伝えたいということを大切にしていること。僕はその態度に接して、彼の話にとても説得力を感じた」
「言ってみれば、彼の言葉、態度こそが、僕らにこの映画を作らせたのだと思っている。その意味では、この作品は僕のものではなく、スノーデンの映画だ」
「スノーデンはNSA在職中の2009年、在日米軍の横田基地で勤務していた。映画では、日本の通信網を支配し、送電網やダム、交通機関などインフラ施設をコントロールする『スリーパー・プログラム』を仕掛けていたという本人の告白場面がある。僕は、彼が語ったことはすべて真実だと考えている。NSAは当初、すべてを監視したいと日本政府に申し入れたが、日本政府は拒絶したという。しかしそれでもかまわず盗聴・監視し、民間の様々なネットワークにプログラムを仕込んでいた、と彼は語っていた」。

★日本も関係がある、というか、監視されている
「国家安全保障局(NSA)が世界中で電話を盗聴し、メールやSNSなどの通信を傍受。同盟国も例外なく対象となり、ドイツのメルケル首相、日本では官房長官秘書官や財務省、経産省、日本銀行、そして大手企業らの幹部の電話が盗聴されていた」

また、スノーデンは米国の監視システムを日本側に供与したことを確認したという。
「監視技術、米が日本に供与 スノーデンCIA元職員が会見」(モスクワ共同)
「国家安全保障局(NSA)による大規模な個人情報収集を告発し、ロシアに亡命中の米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員(33)が1日までにモスクワで共同通信と単独会見した。元職員は持ち出して暴露した文書は全て「本物」と強調し、NSAが極秘の情報監視システムを日本側に供与していたことを確認した。
日本政府が個人のメールや通話などの大量監視を行える状態にあることを裏付ける証言。元職員は、参院で審議中の「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が、個人情報の大規模収集を公認することになると警鐘を鳴らした」。

以上のほか、私が映画で感じたのはメディアの働きがちがうこと。スクープ発表に至るまでの記者たちの議論が深くて濃い。それを猛スピードでしゃべり合う。
日本メディアの(新聞しか知らないが)へツピリ腰と「悪しき忖度」は、ほとんど別世界(広告という経営基盤に縛られ宿命的な弱点。も1つは記者クラブ制―記者の質は問うまい)。

★日本の共謀罪と監視社会と(「新聞遊び」みたいになるのでここは見出しだけ)
「成立させていいのか 改めて問う『共謀罪』『次は通信傍受拡大』揺らぐ憲法理念」(6/6 毎日)
「山手線全車両にカメラ 20年までに設置」(6/7 毎日)

「世界最大の監視カメラ大国はイギリス。イギリス全土の数は、2014年現在590万台 (人口11人に1台)に達している。アメリカでも、2016年現在3000万台 (人口10.8人に1台)以上が設置され、中国でも監視カメラの数が2015年現在2000万台 (人口70人に1台)に達している。日本では、2016年現在500万台 (人口25.4人に1台)以上が設置されているといわれている」ウイキペディア。

帰り、池袋駅東口の焼鳥屋「木々家」に寄った。「はやしや」と読み、大型の串焼きが出てくる。日本酒「十四代」があった。余りにも安いからランクが下なのだろうが、それも分からない。私の舌は全くいい加減。何でも旨いらしい。
 新聞遊び
―苦しい英語 
ラブドール
ダッチワイフのことをラブドールということを知らなかった。朝日新聞の文化・文芸欄にデカデカと出て知った。展覧会があり「実際にさわれるドールの前には人の輪ができる」というから、触ってみたくなった! パソコンで初音ミクの「ラブドール」を聞いたがつまらなかった。(6/7 朝日)    
フィギュア初音ミク→

ジャズと即興と無音と
音楽学者(クラシック) 岡田暁生は、コラム「ジャズと私」でこう言っている。
「なぜジャズにはまったか? 難しいからです。クラシックよりはるかに。技法的にも、構造的にも、極限といっていいくらい。」高校時代の友にも、大学の職場にもジャズマンがいたが「瞬発力がまったく違う。歯が立たない。楽譜がないと弾けないという自分が情けなくて。」あるとき一瞬で恋に落ち、彼に弟子入り。その「フィリップさんはまず、僕から楽譜をとりあげた。『見るからダメなんだ』。電気を消し、暗闇の中で…」「ジャズは即興がすべて…」(聞き手吉田純子 6/7 朝日)。
また、ミュージシャン後藤正文は「沈黙の深み」と題したコラムに、村上春樹の言葉を引用して「『優れたパーカッショニストは、一番大事な音を叩かない』(続けて)どこでとんな音を鳴らさないのかというのは、とても大事だ」と。

ところで、ジャズでもクラシックでもない? ビートルズの演奏会のことになるが、ここによく登場するMさんのバンドJasmine」が第117回ビートルズ大会でトリを務め、好評を得たという。
評者がこう言っていた。
トリを務めたJasmine。しっかりと最後を締めてくれました。女性ボーカルの温かみのある歌声やしっとりとした楽器陣の演奏などバンドのカラーがしっかりしていて、全く新しい気持ちで楽しめるライブでした。こゆき(Vo.)紅子(ベース)まちこ(ピアノ)ちひろ(ギター)(5/28 大塚Welcome Back ライブハウス)


民進党
旧民主党がぐじゃぐじゃになったみたいだ。都議選ではもう「党」の態をなしていない。国会で「細い」抵抗をしているが、なんと言っていいやら…。いずれは解党、そこをつけ込まれ惨めな姿になるかも。これについては、多くの人がご意見をお持ちだろう、と推察する。
見え見え
ウソを重ねるとほころびが出る。ウソを続けられると白々しく、うんざりする。鼻白むという段階に達する。呆れて、相手の顔を見て、ついには軽蔑するしかなくなる。
「最高レベル」の2人が、やけのやんぱちみたいに、あるものをないと言って、やり過ごせるかのようにしている。議事堂内では通るのかもしれないが、世の中には通りにくいコトバだろう。

「総理のご意向文書」についてタクシーの運転手が即答したという。「ほんまに決まってますがな。みんなそれを分かっていて黙ってるんですわ」なぜなら「ほんまのこと言うたら飛ばされますがな」「世の中おかしいと思いませんか…権力の圧力で闇に葬ろうとしているのが見え見えです」「彼らの不正やうそは見え見えなのに…」(声 6/5、5/30 毎日)

「森友学園問題では、政府は真相解明を脇に置いて否定を重ね、証言の信ぴょう性を問題にするばかりだった。財務省は学園側との交渉記録は破棄したと詳しい説明を避け調査も拒んだ。今度は複数の文書が出てきたが、文科省は存在を確認できないと言う。その繰り返しに国民はうんざりしている」(6/1 宮崎日日新聞)

昭恵夫人のだんまり。事実は見え見えなのに、口を開けられない。裏山の大きさのせいだろうか。深山の闇に挟まれ身動きできないのだろうか。

 「同姓同名 これは便利と浮気者」  6/7 朝日川柳 選評は「実は見え見え」。

☆どちらも言葉が激しくなってきたか―いっぱいあるがほんの2、3
「…官邸や官僚たちの、あまりにも不誠実でうそつきで恥知らずの態度や言動…」声 5/30 毎日
「最近は日本の政治家も、つじつまの合わないことや間違ったことを言っても、認めようとしません」5/23 池上彰 朝日

「動員。中身や過程はどうでもいい。頭数さえそろえばOKという身もふたもない割り切りが、安倍政権の特質だと私は思う。…地位に恋々、恫喝連連…」(5/29 高橋純子―政治部次長 朝日)
「天声人語」にはこんな言葉もある。「説明をはぐらかす」「珍妙な論法」「首相と党総裁の使い分けが目にあまる」(5/13)
松尾貴史は「ご都合主義的使い分けだ。…公務員を日常的に5人も随行させる『総理大臣の妻は私人』という使い分けもそうだ」(6/4 毎日)
 

地球破滅と日本の亡び
「『日本はかならず日本人がほろぼす』の歌沁む塚本邦雄忌近し」
(馬場あき子の選評―塚本邦雄の歌に「あじさゐに腐臭ただよひ日本はかならず日本人がほろぼす」という予見の歌がある…)(6/5 朝日歌壇)

なお、「さみだれにみだるるみどり原子力発電所は首都の中心に置け」も塚本邦雄。

「仮に地球が破滅するなら、その原因は?と問われたら、何と答えるだろう。現代人なら核戦争ややみくもな技術革新をイメージするかもしれないが、古代ギリシャ人は「人間社会のモラル崩壊」と考えていたようだ▼人間の内面を熟知した答えに驚かされる。紀元前8世紀にギリシャ神話を元に『パンドラの箱』…略」(デーリー東北 6/4)

地方新聞から
☆地方・地域紙が20年で約30社も減ったという。地方の疲弊と新聞離れが原因とされる。ときにはネットから地方紙を読むのも必要か。
また、共謀罪については「大半の地方紙懸念」とあり、30社以上が懸念を表明したという。例として中日・東京、河北新報が挙げられ「これに対し北国、富山は『…説明を十分に行い、成立をめざしたい』とした」(3/30 毎日)。
改憲については、
☆「…頭越しに、行政府の長である首相が改憲項目を指定するのは、審査会の努力を無にしかねない。「首相ではなく党総裁としての案」という使い分けは詭弁にすぎない」(愛媛新聞 6/5)

☆「党内議論もそこそこに首相案の実現を急ぐようでは、立党宣言で否定した『権力による専制』に近づきかねない。河野洋平元衆院議長は先日、こう述べた。『憲法を現実に合わせて変えるのではなく、現実を憲法に合わせる努力が先ではないか』正論だろう。規則を軽んずる者に規則の変更を論じる資格はないことを、自民党は認識すべきだ」(道新 6/5)

応仁の乱は先の戦
「昔、京都府庁で防災意識の取材をしたことがある。『この町も焼けた経験がありますから』と担当職員。おや、京都は先の戦争で大規模な空襲を受けなかったはずだが。『いえ、応仁の乱で』。作り話ではない◆この大乱から550年となる今年、京都新聞が100人の京都人に「先の戦(いくさ)といえば、応仁の乱?」と聞いた。すると3人が『はい』と答えた。人口から単純計算すれば、4万人以上の市民が思っていることになる…◆有名な戦乱ではあるが、詳しく理解している人は多くない。そのためか、中世史研究者の呉座(ござ)勇一さんが昨年出した「応仁の乱」(中公新書)が版を重ねている◆同書は、応仁の乱と第1次大戦が似ているとする。誰も意図しないのに長期化してしまった。『民衆にとって戦乱は災厄でしかなかった』…「先の戦」を連綿と語り継いできた古都の知恵を見習いたい」(6/5 神戸新聞)
やはり本当の話だった。                         おわり
              
TOPへ戻る