17-06-05(2017年 第25号)  
 夏日になる日もありますが、爽やかな、新緑まばゆい初夏の日もあり、うれしくありがたく思っています。ベランダで、雲を見上げ、つばめや雀の姿を追い、声を聞き、テーブルを組み立て宴会することもあります。黒松の1鉢が枯れたので残る1本は鉢を変えて育てようかと思っています。日中は椅子でごそごそと上半身運動をし、夜はテレビのないぼんやり晩酌に1時間かけるようになりました。それが一番休まるとき。(6/5付 送り状―コピーを郵送する方宛―から) 

⦿私の好きな『伊勢物語』―講座・歴史の歩き方 第79回
 6/2 よみうりホール
1「和歌と虚構と笑い」    講師・山本登朗(関西大学教授)
2「源氏物語から伊勢物語へ」 講師・高田裕彦(青山学院大学教授)

私が知っていたのは、「昔、男ありけり」と在原業平の色好みと高貴な方への恋ぐらいだから、大いに愧じ、多く学んだ。
六歌仙の1人であり,自分も高貴の出であり、恋したのは天皇の妻(二条后)であり、「昔男」は業平一人ではなく、恋は斎宮ともあり、また友情も大きいテーマであるetc.
そういう基本だけでなく、講義は、これが虚構であること、笑いもある―全体がユーモア―ことを教えてくれた。知らないことをたくさん知って面白かった。(講義1)

私は伊勢物語と源氏物語とどっちが先だっけ、という程度のレベル。ただ、曲がりなりにも源氏物語は読んだので、少しは記憶がある。しかし、伊勢物語にこれ程影響を受けていたとは、知らなんだ。光源氏が紫の上を垣間見る場面は伊勢の初段にある姉妹を垣間見る場面の影響とか。歌にある伊勢の若紫と、源氏の「若紫」の巻その他との影響関係。テーマも「決して恋に落ちてはいけない人」との、片や藤壺、片や二条后が相手。その罪の意識。東下りと須磨流謫の類似etc.(講義2)

私が講師2人から受け取ったのは、伊勢物語を軽く読んでいい、フィクショナルで、笑いとユーモアに満ちているから、ということだった。いい話だったが、読むかどうか…。
     +++++      +++++      +++++      +++++

⦿金子兜太の「海程」終刊のこと 5/21
5月21日の東京新聞は写真入りで6段くらいの大きい扱いで報じた。丸の内朝飯会の市原さんが記事を送ってくださった。私が読んだ朝日、毎日はベタ扱い。
ただし、終刊は来年9月、満99歳の誕生月というから、何というか、終わるときまでユーモラスで―実際はいろいろ事情があるのだろうけど―余裕を感じてしまった。
見出しは「句界けん引半世紀超す『海程』」「金子兜太さん 俳誌終刊へ」「99歳迎える来年9月」。

機関誌「海程」発行(1962年)初期のころ、少しばかり編集を手伝ったことを思い出した。兜太さんの皆野の家にちょいちょい出かけ、俳人仲間に紹介されたりした。秩父山中の俳句道場で句会を傍聴したこともあった。

⦿丸の内朝飯会2500回記念誌刊行のこと 5/25
上記の記事と合わせ、市原さんから5/25付日経夕刊の新聞記事も送られてきた。見出しは「2500回目の丸の内朝飯会 ビジネスマンの『朝活』草分け」とある。
その通り、丸の内朝飯会は1963年から続いている異業種勉強会の元祖。5月25日が例会2500回目。記念「オープン講座」には定員いっぱいの100名が集まった。

会としての刊行物はいろいろあるが、最近では「丸の内朝飯会は、なぜ2000回続いたか」2007年、「50周年を迎えた丸の内朝飯会の不思議」2013年があり、それに続く「知のオアシス 2500」2017年というわけ。

コラム「朝飯会とわたし」に、10人の方と一緒に私の600字余りの短文も載っている。「50年一日の活性体」と言っているが、見出しだけでは分かりにくいものの、省略。
私が言うのはヘンだが、この会はまったく大したものなのである。

    

⦿新聞遊び
★挿絵・イラスト・書
☆南伸坊―「この3冊」読書ページ(5/14 毎日)―の挿絵
嫌いだった和田誠の挿絵から変わったので、私はようやくこのコラムが読めるようになった。と思ったら、また戻った。南伸坊は交代でなく臨時の代役だったようで、がっかり。

☆舟橋全二の挿絵
これも同じページの小さい挿絵だが、私の好きな絵。浅田次郎の連載小説「おもかげ」の井筒啓之の、白を上手く使った挿絵とどこか共通するところがあるような(毎日)  →

☆放送タレント松尾貴史の似顔絵は上手いとは言えないが、上達してきたと言えようか(またまたエラそうに!)。安倍昭恵の顔(だけ)がよかった(5/14 毎日)。彼のアベ政治に対する言辞は激しく痛快で、スッキリするほど。

☆「書の美」(毎日)―これも連載。毎回取り上げる作品と、特にそのコメントがよく、つい切り抜いてしまう。
これは「金光明最勝王経」からの書写で、拡大したもの。コメントは「拡大すると違う一面も見えてさらに魅力的であろう」    → 

★金子兜太選の句から(朝日俳壇) 
 姫始め抓まずありや彼の鼻

兜太の選評「新年はじめての夫婦交合のとき、夫の鼻をつまむこと。つまんだかな」(5/29)

 春の闇わが衣にほめく静電気

兜太の選評「『ほめく』に性感を覚える」(5/7)
(広辞苑によれば、「熱く=火めく=ほてる」などとなっている)

ま、これだけのことだが、私は氏に精力または性力を感じてしまった。

★写真
那覇泊港で見たダイヤモンド・プリンセスも大きかったが、三菱重工建造のこれは、もっと大きい(125,000総トン、全長300メートル、幅約37メートル)。
米空母カール・ビンソンは、排水トン10万強、全長333メートル、幅77メートル。
比較に意味はないが、戦争と平和の象徴みたいなので、写真を並べてみた。

       
        米空母カール・ビンソン↑ 三菱重工建造の大型客船アイーダ・ベルラ↓     
  

遊びのネタは沢山あるが、今回はここまで。     おわり
                      TOPへ戻る