17-06-02(2017年 第24号)     
⦿雑談会 5/30 伊勢丹会館 築地寿司清
職場同期との月例雑談会。Mさんも一緒。昼の安い寿司セットと、光り物数種類の刺身を注文し、1時間半あまりを予約席でねばった。ビールと日本酒3本―ささやかなもの―。

彼はすでに私の「沖縄の旅」を読んでいた。その日は、次号のコピーを持参し、彼に渡したら、その場でざっと読んでくれた。彼は私が映画や音楽を見たり聴いたりしているが、本を読むよりそのほうが記憶に残りやすいのではないか、齢を取ると、本は読んでも直ぐ忘れてしまうので気力まで衰えてきたという。同感だった。だから、というか、私はいま知り合い人の本を読んでいるが、知っていると身が入って記憶に残るかもしれないと言った。

そこからその知り合いのマルチ人間ぶりへ。本田さんと言い、数学者で科学ライターで歌人で紀行文学者、伝記作家でもあるからおどろく。ヴァイオリニスト川畠成道氏の古くからの友人でいろいろお世話していた人でもある。

氏の著作は「甑島再見紀行」「星闇の旅路」「還りなき旅路にて」「ある奇人の生涯」、講演記録は「コンピュータから見た人間の脳」、エッセイは「夢想愚考―わがこころの旅路」など。
先日は氏がコンサートの招待券をくださったので、数学者は音楽が好きなのではないか、どこか通じるのではないかという話になった。数式の美しさ、論理と感性、藤原正彦のことなど。

その他の本の話もあれこれ。彼は影響を受けた作家を2人に絞ると大岡昇平と太宰治かな、という。私は「レイテ戦記」を読んでいないから語る資格がないかも。しかし、たしかにこの2人は残る。

2人ともある時期、中野重治と秦恒平を読んでいた。どちらも消えたかな、と2人で苦笑。消えないのは串田孫一か。山と言えば、私は辻まことを挙げたいと言った(辻潤と伊藤野枝の子)が、風変わり過ぎたか。
また浅田次郎の話になった。彼の時代小説と歴史小説についての覚悟みたいなものを聞いた。大した作家、で一致。私は浅田のいま連載中の新聞小説「おもかげ」のおもしろさを強調、ついでに吉田修一の「国宝」のことも。

沖縄旅行のこと。彼はかつて見た嘉手納基地の広さを、私も同じく広さに圧倒され、でまた一致。沖縄住民が反対の声をあげる難しさ、複雑な立場にも思いを…。

落語ブームとかで、昔の寄席の話に。新宿末廣亭、人形町末廣,上野鈴本など。最近私はまるっきり聞いていないが、大評判の春風亭一之輔の名前は知っている。
最後は、「こうやってお互いに会って話をして笑うっていうことが嬉しいもの、いいもの」とこれまた一致。楽しかった。

寿司は別腹というが、その通りで、はじめに別腹を満たしたものの、本腹には空きがあり、新宿駅のVIEWで旅の相談をしたあと、西口のカブトに行きたくなった。2時半ごろだったが、もうほぼ満員で、お客さんが席を代わってくれたので2人並んで椅子にかけることができた。うなぎ串焼きのセットを注文し(Mさんは蒲焼2本だけ)黒ビールと焼酎を飲んだ。

⦿高校同期の親友死去 5/31
5月23日、循環器と糖尿病などで死去。83歳。
半年近くの間、どうしても連絡がつかなかったが、ようやくケータイがつながり、やあ、と思ったら娘さんだったので、いま彼いますか、と訊いたら「訃報」だった。

中学校からの付き合いだから70年になる。高校では報道部(新聞・放送)で一緒。卒業後彼は長年同窓会や由比の会の世話役を続け、私はそのほかでも散々世話になった。

数年前、彼が生前葬をやるというので、上京し、由比の会で弔辞を読んだ。この度の、何というか、本番の葬式!?はないらしく、家族だけで済ませたという。私生活を語らない男だったので、家族関係も分からず、何もできない。娘さんと話すのも初めてだった。で、香典など、何もしないで、知り合いに連絡するだけとした。

早速同窓会メンバー9人と由比の会幹事と彼の友人に電話連絡した。同窓生は全員が、当然ながら、具合の悪いところがあり、電話の最後は、お互いに、できるだけ長持ちするように生きるしかないな、となった。

⦿雑誌「さとうきび」第10号発行―短文掲載 6/1
丸の内朝飯会のメンバー瀬尾さんが編集するヴァラエティに富んだ年2回発行の雑誌。そこに初めて原稿を書かせてもらった。私のホームページを見て、なにか書かせてみようとなったらしい。彼とはずっと前からの知り合いだが、東京転居をきっかけに、時々会うようになった。プレミアムフライデーは、ライオンビヤホールのヱビスが半額なので、先月は7丁目で待ち合わせて飲んだ。
私の原稿は「驥尾に付す 83歳老のホームページ遊び」と題する原稿用紙7枚ほどのエッセイ。
                                おわり
             TOPへ戻る