17-05-29(2017年 第23号)    
沖縄本島の初旅があり、それを先に書いたので、ちょっと前のことが前後した。古くなったが、それらとその後を簡単に報告させてもらいます。(前号を23号としましたがミスです。22号でした)
⦿オペラ映画「イドメネオ」―モーツアルト  5/11 10.-~14.25 新宿ピカデリー
☆入場前、ロビーで隣りの椅子を譲ってくれたご婦人に話しかけた。想像通り、映画でなく「オペラ」(!? いまどきの映画でなく)を見に来た人だった。しかし、シリーズ全部でなく、昔風の舞台装置を使った作品を選んで見に来るという。つまり、現代風な、簡素・簡略な舞台装置=演出は見ないということ。なるほど、そういう選び方もあるのか、と思った。ご婦人は、今日は4時間もかかるので、頑張りましよう、と言ってトイレに立った。

24歳のモーツアルトが、ギリシャ・ローマ神話を元に、トロイア戦争後の王家のドラマをオペラにした作品。
負けた国の王女イリアと勝った国の王子とが愛し合う関係にあり、王イドメネオはまた、帰国時の遭難を免れるために海神ネプチューンと契約を交わしていて、献上する生贄が、何ということか自分の子イダマンテという羽目になって、さて、どうなる、というお話。父と子の愛、敵国人との愛、また、王子にはもう1人の女がいるからそれとの関係もある。いろいろ見せ、考えさせ、結局は愛が勝つ、と締める。

王はテノールのポレンザーニ。朗々と歌うとともに苦衷の内面を歌で表現して見事と思った。可憐なソプラノはシエラ。若いらしいが、将来性があると踏んだ。
指揮ジェイムズ・レヴァインの人気と人間性と若いときの厳しいレッスンの映像が見られてうれしかった。
☆「イドメネオ」現地評  net research
・マシュー・ポレンザーニは、題名役の王にふさわしい圧倒的な存在感があった。感情が勇ましく高ぶる場面でも、深く思いに沈む場面でも彼の声には説得力がある。アリス・クートは気品のある情熱を溢れ出させていた。Financial Times
心ゆくまで満たされる公演。最上級のキャスト。壮大な音楽の饗宴。
The Huffington Post

METの本領発揮。今シーズンのハイライトといえる公演。ジェイムズ・レヴァインの指揮は、至高のMETオケから、洗練された心に染み入る演奏を引き出した。ポレンザーニの、とろけるような温かみのある歌唱は、胸に刺さり心をつかんで離さなかった。ネイディーン・シエラは、輝きのある活き活きとした声で、イリアを演じ、エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァーはこの難役のエレットラを見事に制覇した。極上の公演。
―New York Times


⦿N響定期演奏会 5/13 NHKホール
スメタナ「わが祖国」の全曲演奏。指揮・ピンカス・スタインバーグ。私は第2曲「モルダウ」のメロディしか知らなかったが、全曲を聴いて大曲であると知った。全部で6曲からなり、第1曲「高い城」第3曲「シャルカ―伝説の女戦士」以下「ボヘミヤの牧場と森から」「ターボル―チェコ反乱軍」「ブラニーク―実在の山」という構成だという。
いい音に、アクセントのある熟練の棒捌きに、聴き惚れた。よかった。いつも思うが、私はN響の生演奏を聴くことだけで贅沢だと思っている。
サントリーホールを使うBプロに変更しようかと思ったら、空きが少なく、いい席になる可能性は少ないと言われた。いまのS席はいいほうなのでこのまま続けることにした。

⦿月例雑談会
 5/22 7丁目ライオン
Oさんに勧められたカドカワの月刊PR誌「本の旅人」の、定期購読申し込みの話から始まった。少し前、氏からメールをもらい、早速パソコンで申し込んだが上手くいかず、仕方なく当日教文館に行って話したら在庫があり、無料でもらった。それを持ってビアホールへ入った次第。
出版社のPR誌はほかにもいろいろあり、氏は数誌を読んでいるという。その話から(私は「図書」だけ)。
そこに「FAKEな平成史」を連載中の森達也のことを教えてもらった。

次は私の沖縄旅行のこと。基地を見、軍用機の轟音を聞いてきたこと。出来れば、寄り合いと舞踊がどのくらい日常に入り込んでいるかを知りたかったが、そう簡単ではない。泡盛を飲んできたが特別のものではなかったろう。氏は沖縄のあちこちに数回行っていて詳しい。私は「お通り」という飲み方も知らなかった。

北海道は本州(内地とも言ったか)と言い、沖縄は本土と言う。どう違うか。沖縄の産業―農業―米作り―沖縄米―など何も知らない。土地は肥えているか、栽培はどうなっているか、イタリアのオリーブは取り入れ時以外は手間がかからないとか。沖縄農業はどうか。

そこからスペインやイタリアのオリーブ畑が出てきた。氏は映画「エル・スール」が好きで3回見たという。その映画のヒロインが『オリーブの樹は呼んでいる』の監督。その辺り、私は何も知らないが、Mさんは知っていた。

展覧会「茶の湯」のこと。氏は見ていた。器の価値判断、利休・秀吉などの判定基準のこと。作法のこと。氏はNHKカルチャー講座「飲むだけの茶道」に通ったという。
華道の国際化のこと。書道のこと。私は楷書が元だと思っているから崩し字には疎い。仮名まで行けば別モノだが、草書には不信の目。いま中国に草書があるかも私は知らない。
寺小屋などで識字率が高いから日本は書簡による伝達が発達していた。候文でも多くの人が書けた。

氏が読んだ坂野潤治「昭和史の決定的瞬間」、私が買ってまだ読んでいない「日本の近代とは何であったか―問題史的考察」のこと、その他その他。おしゃべりは4時間半。黒生中3小2、氏は中2小2。

⦿オペラ映画「エフゲニー・オネーギン」 5/24 新宿ピカデリー 
いま人気の高いソプラノ・ネトレプコ主演のオペラだが、日本にはなじみが薄いのではないか。私は題名だけ聞いたことがある、といった程度。プーシキン原作のチャイコフスキーのオペラ。
歌はうまいし、美人だし、体格も(中年らしく)堂々としてきたし、言うことなし。余裕しゃくしゃくの歌声で、まだ力を残していた感じ。彼女がもっともっと歌うオペラを見たい・聴きたい。

⦿プレミアム‣フライデイの飲み会 5/26 7丁目ライオン
今月はO君が墓参りで都合がつかなかったので、たまたま声をかけた電通の友人SさんとMさんと3人で、エビスビール半額の飲み食い。(最終金曜日はこれからも毎月飲むことにして、相手を探そう)
彼は季節には毎朝地引網を曳いてから出勤している。で、彼が採ってすぐ干したワカメをもらった。彼は丸の内朝飯会のメンバーでもあり、勤務とは別に雑誌も編集・発行している。それらについては、後日詳しく…。

⦿川畠成道グランドファミリーコンサート 5/27 紀尾井ホール
恥ずかしながら初めて聴くヴァイオリン。高名なヴァイオリニストでした。紀尾井ホールでの演奏会だけでも16回目とか。今回も実績と人気でほぼ満員だった。
昨年春からお付き合いさせてもらっている本田成親さんから招待券をいただいた。

いい音だと思ったら、なるほど、ガダニーニだった。無知な私は、G線だけで弾くパガニーニの「≪モーゼ≫の主題による変奏曲」に圧倒され、アンコールで弾いたグリゴラシュ・ディニクの「ヒバリ」には一層圧倒され、声も出なかった。
プログラムは、モーツアルトソナタ25番、メンデルスゾーン「ピアノ三重奏曲 1」、サラサーテ「スペイン舞曲集」その他。アンコールは4曲―ヒバリのほかロンドン・デリーの歌など。ピアノもカッコ良かったし、2曲はチェロも加わり多彩。堪能できた。

本田さんに川畠成道の母上を紹介してもらった。この母にしてこの子あり、逆も真なり、というところか。
氏が招待したほかの方々も紹介してもらった。女医さん、開銀OBさん、NPO法人理事長さんなど。それぞれ、ひと言では説明できない優れた人たち。本田さんについても、後日詳しく…。   おわり
              Topへ戻る