アルバム 沖縄の旅 「多摩・稲城だより」No.22   2017-5-27
⦿沖縄の旅 5/15~19
4泊5日の日程で初めて沖縄へ行ってきた。先ずざっと行き先をまとめておこう。
16日 本島中部・北部 
   ホテル―辺野古(暫時坐り込み)―東村・高江の手前(崖崩れで道路通行禁止)―嘉手納基地・普天間基地側面    
17日 本島南部
   喜屋武岬=具志川城跡―平和祈念公園・祈念堂・祈念資料館・平和の
(いしじ)―ひめゆりの塔
18日 本島中部
   嘉手納基地=「道の駅かでな」―普天間基地側面―玉泉洞・おきなわワールド―国際通り「四つ竹」(琉球料理と琉球舞踊)
19日 那覇市近辺
   首里城公園・正殿・石壁etc.―那覇空港

以下、若干説明すると―
16日
着いた翌16日は猛烈な雨。地元の人が異常と言っていたくらい激しい降りだったが、その中をMさん運転のハイブリッドレンタカーで(ガソリンの減り方が少ないことを知った)10時間ばかり走った。

まず、知らないコースを何とか―海に近い道を選ぶようにして―辺野古にたどり着いた。そして、辺野古移設に反対する市民の坐り込みに参加、といっても、テント内のベンチに坐り、おにぎりを食べながら演説を聞いていたのだが、中座したため、戻ってきたときには坐り込みの人たちがゲート前に行って抗議し、機動隊に排除されている最中。その現場を車の中から見ただけのことになってしまった。
というのも、テントにはトイレがないので、近くのコンビニへ行っている間に、抗議行動が始まっていたのであった。反対・抗議とはとうてい言えないザマに終わった。

それから、新聞などで報道される工事現場を見ようと、大浦湾の北方まで行ったが、遠いし、大雨で霞んでいて、何も見えなかった。見えたのは「大浦湾を守ろう」の立看だけだったか。

その足でヘリパッドの移設・増設に反対する北部の
東村(ひがしそん)・高江の坐り込みにも加わろうとしたが、途中で道路が崖崩れで通行禁止となり、やむなく引き返す羽目となり、というわけで、ここも参加!?できなかった。

帰途は嘉手納基地の金網が延々と続く道路と普天間基地に沿った市街(小・中・高校など)を、何度かUターンしたりして走ったが、そこらも土砂降りで、見通しが悪かった。

17日
17日は、一転南部へ向い、喜屋武岬=具志川城跡から平和祈念公園へ行き、祈念塔、仏像に沿った壁の絵画(「戦争と平和」シリーズ―西村計雄)や地下の世界「霊石」コレクションを見、平和祈念資料館や礎を見て歩いたり。
見ものは米軍が映したドキュメンタリー映画だった。日本軍の無謀が招いた悲惨極まる地獄の映像。酷いとしか言いようがない。
刻銘碑「平和の礎」をゆっくり歩いたが、戦没者の名前241,414人(うち日本人226,842人、2017/6現在)を見るのは大ごとで、途中で諦めた。。
それから「ひめゆりの塔」へ行った。「ひめゆり学徒隊慰霊塔」のガマ(洞穴)をのぞき込んだり、「ひめゆり平和祈念資料館」で祈念公園資料館と同じフィルムを使って編集したドキュメンタリー映画を見た。また、生き残りのご婦人(89歳)が資料を説明してくれた。

18日 
18日は、嘉手納基地を見渡せる「道の駅 かでな」へ行った。4階の展望台には望遠レンズをつけたカメラマンたちがいた。私は標準レンズの小型デジカメだから、迫力がない。慣れないから機影を捕らえるまで何回か失敗した。

19日は、首里城へ行った。なかなかに立派だった。

基地巡りなどとはとても言えない旅だつた。全容を見ることさえできなかった。白兵戦の戦跡も実物は少しのガマ(洞穴)を見ただけ。


沖縄初旅は無知のまま出かけたし滞在も短かったので、語るほどのことはない。基地というものががここまで入り込めば、人の口は重くなるし動きにくくもなろう。応援とか支持の口も手足も軽すぎてはいけない。

     +++++     +++++     +++++     +++++     +++++

☆最初のドライブは辺野古まで
工事用ゲート前の金網と「テント設置禁止」の看板。                →

新聞によると、豪雨の中70人が坐り込んで抗議したが機動隊に排除され、作業が進められたとある。↓

また、東村の国道が通行止めになったとある。ヘリパッドに抗議する高江へ行くつもりだったが、引き返した。↓

 
☆「道の駅 かでな」の4階展望台から見ていると、そう、約1時間に7、8機ほどが飛び立った。
               嘉手納基地から離陸する米軍機 ↓
                   
オスプレイも戦闘機も飛ばなかったので、轟音を聴くことはなかった。

双眼鏡で見ると、嘉手納基地の2本か3本かの滑走路の向こう側に、戦闘機や輸送機の、カッコいいが不気味でもある機体がごろごろしている感じ(私のカメラでは写らない)。↑

いつ飛んでくるかわからないのでシャッターチャンスがなかなかつかめなかった。

☆沖縄は初めてだから、基地の在り場所も知らない。観光地図には基地が載っていないから、ほかの地図で探すことになる。

右はパンフレット「おきなわ修学旅行NAVI」から転載した地図。→

見えにくい、というか、全体を見られる場所がないらしい。嘉手納と普天間基地の両側を走ってみたが、見当がつかない。

米軍関係の土地はこのほかにもあちこちにある。

この下に、しつこく、私が合成した地図を載せた。
縦に細長い本島の東西半分くらいも占める嘉手納と普天間基地の辺りは、やはり、余りにも大きいと思った。 ↓

     嘉手納と普天間基地の略図 ↓

 ←この地図の上方に「道の駅かでな」があり、撮影にもってこいの場所になっていて、超望遠レンズのカメラマンたちがいる。

基地を眺めても面白くはない。当然だが気が沈むばかり。
 ←上方左が嘉手納基地




 ←中央左方が普天間基地




道路には「Y」記号のつく番号の米国人の車が走っていた。初めて知った。


☆喜屋武岬の先端までは行けなかった。で、横というか反対側というか、具志川城跡へ入り、そこで喜屋武岬から飛び降りた人を偲んだ。   

女学生たちの集団自決のことも知りたかった。こんな思い出が書かれている。
「…心臓が止まりそうになるほどの衝撃を受けた。近くの穴で平良教諭以下、一高女の経理部グループ10人が死んでいるのが目に入ったからだ。集団自決を遂げていたのだ」「肉が飛び散り、ある3年生の女の子なんかは顔面が血だらけでね。私の頭の中はすっかり混乱してしまいました。あまりのショックで涙さえ出てこなかったのを覚えています」etc.

  
具志川城跡―喜屋武岬のやや東方 ↓


☆平和祈念公園は広く、祈念塔、祈念資料館、礎(刻銘碑)などがあり、修学旅行生が大勢いて、クラスごとに写真を撮られていた。
ここで不謹慎なことを言うようだが、デザインとしては平和祈念塔は私の趣味ではない。礎のほうがよほど好き。また、ひめゆり学徒隊の慰霊碑もパッとしない。直下のガマのほうが、小さいがホンモノだからそれだけで迫力十分。
       平和祈念塔 ↓  
   


     ひめゆり学徒隊慰霊碑 ↓

 


☆玉泉洞は、大掛かりな、というと変だが、800mもの間、奇観が続く。川が流れ、水が豊富だった。足場がしっかりしているので、悠々と眺め歩くことができた。
ここは1967年に全容が判明し、1972年に公開されたという。戦中は存在が知られていなかったから、住民の大避難所にならなかった。軍隊が混じればどんな地獄になったやらと、イヤなことを考えてしまった。 
 ←青の泉 
     小さい滝だが勢いがいい ↓
     
☆首里城の石壁
 

☆沖縄料理と琉球踊りを見せる「四つ竹」
公演の1部は6時半から、2部は8時半。で、料理なしのコースで1部の公演を予約しておき、翌夜、ビールとつまみだけで見た。観客6人。淋しいので客のほうからサービスしようと、大きい拍手を心がけた。

客席に下りてきた獅子舞いに襲われそうになり、子どもみたいに身を逸らせ逃げ腰になったが、可愛がってもらったというべきか。                    下右 ↓
    舞踊とエイサーと両方演じていた。↓
 

☆居酒屋「あぐん茶」
4日連続で通った。沖縄の晩酌・夕食は全部この居酒屋になった。
着いた夕方、ホテルフロントの従業員に「居酒屋」とだけ訊いたら、彼女は外に出て指差して教えてくれた。近いし、雨が降っていたので、そこに決めた。漁師の店とあり、新鮮な魚があり肉もある。観光客は少ないようで、地元の人が通う最良の店だった。
オリオンビールのジョッキと泡盛を注文。泡盛はちょっと飲んで「少し薄い」と言ったら、40度と43度の古酒を勧めてくれた。どちらが43度か当てて見てと言われ、試し飲みしたら見事に外れたので、分からないのなら40度で済むからそれにした。ストレートで、水は別と言ったら、ほう、という声。水はペットボトルで出てきた。Mさんは沖縄特産のシークヮーサー・ジュースを注文した。
すぐ打ち解け、知らないことは何でも訊いた。初めてなのにいろいろおしゃべりできた。

翌17日は行かないはずだったが、琉球踊りの店「四つ竹」が臨時休業だったため、翌日の予約をしたあと、また寄ったから喜んでくれた(笑って迎えられた)。
店長は、その日腰をひねったMさんにシップをくれた。そして、10時を回ったら自分も飲むと言って私と乾杯。
基地を見てきたと言ったら、「まさか辺野古で坐り込んだわけではないでしょうね」と冗談めかして訊いたので、じつは坐り込んできたといたら、オッというような顔をした。

その翌18日は踊り拝見のあとに行った。前夜まで話したことがなかった若い店員までが声を出して迎えてくれた。大いに飲みかつ食べ、最後だからと写真を撮った。知らないお客さんも一緒に立ってくれた。

       店長と赤や青色の魚 ↓            お客さん(左)と店員 ↓
  

右端の店員さんは東京にいたことがあり、東京に詳しかった。彼はまた、ブログ「ひとり飲む夜は。」に毎日長文を書き続けていて、自ら人気ブログです、と言っていた。で、私もホームページを教えたら、早速読んで、18日の彼のブログには早くも私のことを書いていた。以下に少し引用しよう。

「…ついでに 個人通信 「妙」 ってものもググってみて。この3日間お会いしてる2人連れだ。妙って みょう ってよむのだろうか?妙な人だからかなー。83歳 今日は琉球舞踊見に行くって言ってた。妙さん!フンドシ持ってんだ。読ませてもらいました」「騎士団長殺し 読んだんですね。ドン.ジョバンニかー。騎士団長を殺して逃げる途中でも娘さんを口説くというところが好きだなぁ。これからも読まさせていただきます」。
Mさんはその場でスマホから彼のブログを読んでいた。

               
梅雨の晴れ間の日没 ホテルの部屋から 
        
ホテルは略して「かりゆしアーバン」という。改装中で15階建て全体が覆われていると思ったら、9階以上はまだ足場が組んでおらず、道路と反対側の部屋からは港が一望できた。↑ 
到着の日はダイヤモンドプリンセス(116千トン)が停泊し、翌々日はひと回り小さい客船に変わっていた。↓

     大型客船が続々着岸 16日はダイヤモンドプリンセス 18日は一回り小型の客船↓
    

☆その他
基地の問題は長引くに違いない。江戸幕府が結んだ不平等条約が曲折を経て改正されたとされるまでには56年という年月がかかった(1854~1911年)。現在は地位協定改定の提案さえない段階にある(日本もクウェート、ジブチと不平等な地位協定を結んでいるからという説もある)。
あきらめずに、事態を動かすことに力を入れることだろう。

また、太平洋戦争で行なわれた白兵戦のうち、沖縄は住民まで巻き込んだ大規模な最後の白兵戦と言えようが、戦跡を知らない。平和祈念資料館で見た米軍撮影の映画と日本側の証言記録が生々しい戦争の一端を分からせてくれたものの、例えば原爆ドームのような戦跡は日本には少ないように思う。戦争の惨酷・非情を伝え続けることは不可欠。

土産は、「古酒家」で40度100ml入り泡盛。「ちんすこう本舗」でちんすこう、おきなわワールド文化王国・玉泉洞で小型シーサー一対を買ったが、海ぶどうはどこで買ったか忘れた。

地名の読み方がむずかしかった。予備知識なく、現地で覚えようとしたが、全部はとてもとても。私は北海道でも苦労した。
城―ぐすく。豊見城(とみぐすく)、中城城(なかぐすくじょう)。原―はるまたはばる。恩納村―おんなそん。私のいやらしい連想は「漫湖」の英語表記。manko wetland(まんこは湿地だから英語は wetland )。
オリオンビールは名前は知っていた。滞在中は毎日、ときには朝から飲んだ。

憶えたものの内、珍しく思えたものは、シーサー、ちんすこう、海ぶどう、Yナンバー車、あぐんちゃ。
知っている方はバカだとお思いだろうが、初めてということが幸いして、私の記憶に引っかかった。
知らない方に念のため説明すると、順に、魔除け(も1つ「石敢當」があるが省略)、琉球銘菓、海藻の1種、米軍関係者所有のクルマ、友だち。
                                       おわり
             Topへ戻る