17-05-04(2017年 第21号)   
このところ外出が多く、芝居・展覧会や3日連続の昼酒があり、その間に熱中読書が挟まった。村上春樹の「騎士団長殺し1・2部」は4日間で読み、春樹の対談本は2日で読んだ。それらをまとめてご報告するのは、そう簡単ではない。で、すべてをかいつまんで書き、長編小説については、また、村上春樹については、後日に譲ろうと思う。

春たけなわ。新緑が目にも心にも快い。張り切り過ぎてか、鼻血が出やすいが、直ぐ止まるし、いじらなければ出ない。本を読みながら、無意識に鼻の穴に指を入れてしまい…春樹の小説は、穴が大きい役を持っていて…いや、ここで言うことではなかった。5/1記

⦿「騎士団長殺し 第1部・2部」村上春樹      4/24~4/27
発売前からベストセラーになるという異常な長編小説。手元に届いたのは3/14日だった。
読み始めると止められなくなって、晩酌を始めた時刻が、2日目は10時過ぎ、3、4日目は12時近かった。ぼんやりしていたのか、晩酌時間も、いずれも1時間半ほどで、いつもより30分ぐらい長かった。

ポストイットを貼りつけながら、同時に最低限のメモを取りながら読み進めた。カラー付箋は初めて色分けして100枚以上使い、メモはB6で4枚となった。

そして読了の翌日、この長編について友人としゃべり、帰途、春樹が川上未映子と対談した本を買いこみ、また熱中して読んだ。
この対談は、小説の中の、例えばイデアとメタファーの「意味」などは分からずじまいだし、小説についての「説明」もなく、しかし、春樹を分からせるには好適な別の読み物になっていて、それなりに面白かった。

「騎士団長殺し」はおもしろかった。スマートで読みやすい文章、しかも、丁寧に書かれている。内容も分かりやすく、なめらかに引っ張り込まれていった。そして、347ページまで来たとき、身長60センチの生きた人間が現われる。1冊目の残り30%のところで、ハルキワールドが本格的になる。(井戸=穴と自ずから鳴る鈴はその前に出ている。また、プロローグのしかも第一行に、顔のない男が出てくるが、これは挨拶か!)

それまでは「私」―一人称小説―が、妻から出し抜けに離婚話を持ち出され、そのショックから独り広尾のマンションを出、東北・北海道など放浪の旅が描かれる。

その旅の途中、出会った女と「最も激しいセックス」をして戻り、友人から借りた小田原の山の家で、今度は人妻とセックスしている。そういう新しい日常の中、絵から抜け出した「騎士団長」が出現する―。

「1Q84」では「リトルピープル」に手こずったが、この騎士団長のほうが、まあ、すんなり入れた。大体こちらは可愛らしいのだ。私は大観の「無我」を思い浮かべたが、あれよりずっと可愛い。そう言えば、まりえはムンク「叫び」の女? よりずっと素敵な少女だった。

大金持ち免色渉の完璧さは、もうしょうがない、そのまま笑って受け取り、大いに楽しませてもらった。
天気のことから山や谷の風景、ジャガー2台のピカピカから服装・靴の詳細、ブラジャーの寸法まで、細かく読ませてもらった。上手いのだ、極めて。

私はエンターテイメント小説としては極上の作品だと思う。ハルキ作品全体で順位をつけるなら―いや、私は順位はつけないほうがいいと思う―。本作によってハルキワールドが一段とにぎわうことになった、ハルキの森にまた繁った大樹、またはなんじゃもんじゃの樹が1本加わった、と言ったほうがよさそう(私はそれほど読んでいないが)。1Q84よりいいし、多崎云々よりはよほどいいし、さすがの新作と言っていい。

数年がかりの大作業による産物をたったの4日間で読んで、それっきりとしては済まない。どういう形になるか分からないが―独りでつまみ食いするか、最初から反芻するか―もう少し付き合いたいとおもっている。
すっごくおもしろかったという人とならおしゃべりしたいが、そうでない人とはしゃべりたくない。そんな気分。

ということで、紹介・感想は次号(以降)になるが、自信がないし、必要がないかもしれない。ストーリーの要約などは小説をつまらなくするようなものだし…。

☆「みみずくは黄昏に飛びたつ」川上未映子訊く 村上春樹語る 
新潮社
上記の通り、読み終わった翌日、その日初めて見た新聞広告に乗せられて買った(発行 4/25)。「イデアとメタファーって何ですか?」「比喩はどうやって思いつく?」「結末を決めずに書く理由とは?」などとあったので。特に分からなかった「イデアとメディア」の惹句が目についたので。

イデアについて春樹はこう語る。「…僕はただそれを『イデア』と名づけただけで、本当のイデアというか、プラトンのイデアとは無関係です。ただイデアという言葉を借りただけ。言葉の響きが好きだったから。だいたい騎士団長が『あたしはイデアだ』と自ら名乗っただけのことですよね。彼が本物のイデアかどうか、そんなことは誰にもわからない。」p155

続いて「騎士団長とは一体何ものかを表すときに、『イデア』以外の言葉がうまく浮かばなかったんです。魂とか霊とかスピリットとか、いろいろあるんだけど、どれもしっくりこない。でも『イデア』だけはなぜかピッタリ合ったんです。それから顔ながのときも、どういう名前にしようかとあれこれ考えたけど、ここは『メタファー』という表現が一番馴染んだんです。…いずれにせよかなりアバウトなものです。だから、細かい定義みたいなことを聞かれても、僕もすごく困るんだ(笑)。」P157

インタビュァーの川上未映子があちこちから鋭く突っ込んでもそういう答えしか返ってこないので、彼女は「これ読んでいる人、『川上も村上さんが知らないって言うのをまともに受けちゃって、くっくっ』って笑っているんだろうか……ともかく、これがプラトンのイデア論。…」と匙を投げた。p158

別のところでもあれこれ語っているが、その中の1部を引用すると、メタファーも含め、どちらも「もっと広い範囲の、磁力を持った何かというふうに考えてもらうといい。そういう吸引力を具えた何かだと考えてもらえばいいわけです。…その自己申告された身分みたいものは、通常一般のイデアとメタファーとはおそらくかなり違っている。」p318 

さらに、川上未映子に指摘されて―「海辺のカフカ」に「世界はメタファーだ」と書いている―春樹は「え、そんなこと書いたっけ?」と答えていて、さらに川上未映子に「今回の作品で使っているのと違うか、と訊かれると春樹は「違う」と答えたので、彼女が「重要な指摘ですね」と念を入れたとき、春樹はこう言う。
「そういうのはただ、部族の名称だと思ってくれればいいんです」。
彼女がびっくりし「部族の名称?」と訊き直すと、
「『イデア』という部族があって、『メタファー』という部族があるというふうに…あるいは『イデア団』とか『メタファー団』とか、そういうのがあって…本人たちが自分をそう呼んでいるんだから、しょうがないじゃない(笑)」と収めてしまう。p321

本書にはほかにもたくさんのことが盛られていて、春樹論または春樹研究のいい材料になるだろうが、論はあるとしても、研究はあるのだろうか、私は知らないが―。以下略。

この本についても後日紹介・感想を書くかもしれないが、書かないかもしれない。

  +++++      +++++      +++++      +++++      +++++

雑談会3つ
⦿職場同期との雑談会
 4/26 歌行燈 府中伊勢丹
彼は飯能に住んでいるので、今回はお互いの交通の便から武蔵野線府中本町で待ち合わせた。私は家から20分ほど。
彼は夫人の介護や家事などで歩く機会がなかったため足が弱った(彼は山男)と言い、府中の森や芸樹劇場、私が以前行った東府中近くの定食食堂に行くのもしんどいらしいので、大國魂神社を通ってすぐの伊勢丹の中の居酒屋でいっぱいやることにした。

おしゃべりは楽しかった。何でもしゃべれる良さ。何でも話題になる親しさ。2時間はあっという間。本の話が多かった。飯能の丸善の店員との付き合い、古井由吉の「野川」のことなど。私は野川沿いを多摩川まで歩いたことがある。湧水源からだからうれしかった。

次項の高校同期もだが、雑談会は2人になってしまった。それぞれが1人で乗り継いで(都心に1本で来られる友人はいない!)やってくるのは、83歳ともなれば、自然の成り行きだろう。

⦿高校同期との雑談会 4/28 銀座7丁目ライオン
彼の最初の勤務先がこのビアホールの2階だった。サッポロビール東京支店。私は前橋支店から日本橋本店に転勤し、以来何年かはそこで散々おごってもらったものである。当時彼は伝票にサインすると給料天引きで飲めた。で、毎回私はたかっていたようなもの。中ジョッキ4杯ぐらい飲んでから2次会に出かけていた。
同席のMさんにはそのことを聞かせていた。すなわち、私はサッポロビールに就職するつもりでいたのに、日銀から求人が来たため諦めさせられ、代わりに彼が入ったようで、なんか癪に触ってねと。初対面の彼女は、それはたかる理由にはならないと笑っていたが。

以来72年の付き合い―12歳で旧制中学に入学し学制改革で6年間在学―。
彼は高校では演劇部長であり、生徒会会長だったことを、自慢でなく、その経緯をMさんに語ったが、それは私にも初耳だったような気がする―忘れたのかも―。その他旧交のこといろいろ。

彼はいま地域で生涯学習など多方面で活躍しており、その一つに、障害ある人のための川柳講座の講師を務めている。そのレジュメを見せてもらった。なかなかにいい。私は彼にエラそうに批評する癖が抜けない。彼は笑いながらも聞いてくれる。

「騎士団長殺し」は、彼はすでに読んでおり、私は前夜読み終えたばかり。その話になった。彼は手紙でなんとも不思議で分からないと書いてきた。なんで「ない」を「あらない」なんて言うんだ、理解を超える比喩の多用で疲れた、雨田の父のウィーンでの体験、主人公私の東北放浪、東日本大震災とかでも混乱させられた…。

私は一番分からなかった「イデアとメタファー」について、分からないままに少ししゃべったが、どうしゃべっても私自身が分かっていないことに気付かされた(翌日から上記対談本を読み、分かろうとしないことにした!)。

彼の2割引券と、たまたまプレミアム・フライデーでエビスビール半額のサービスでーとあって、グンと安く上がった。

終って3人で和光の書展に行った(下掲)。

⦿月例雑談会 4/29 銀座7丁目ライオン
開店早々の銀座シックスの混雑は大したものだった。ゴールデンウィーク入りもあって、前の道路は歩きにくいほど。出入り口は分かれていたが、入る人間と出る人間のどちらも切れ目がなかった。

Oさんは来る前にざっと覗いてきたという。TSUTAYAは豪華本を飾っていた由。歌麿の13巻ものは150万円とか。ひぇーっ。カタログの写真は特に色がよかったと思った。買う人の顔を見―見ても意味ないか。
浮世絵ブーム、というか江戸時代人気というか、そんなところから歌舞伎のことになり、私が見たいというと、国立劇場のあぜくら会の会員になるという方法があると教えてくれた(氏は会員)。ついでに私はいま連載中の小説のこと―女形が成長していく歌舞伎世界―を紹介。
また、ヨーロッパの歌舞伎はシェークスピア劇か、オペラか、オペラは演出次第で現代劇になる、日本の新劇は翻訳劇から始まったが、いまその位置づけはどうなっているか、脱却したか、根付いたかなど、四方八方に飛び散る。
銀座シックスに能舞台が出来たことから能・狂言の話へ。猿楽は将軍と下層階級とが一緒に見物したこと。能の笛は一噌流、雅楽は東儀流など世襲制のことへと話は留まるところを知らない。交響曲と管弦楽曲の違い、シンフォニーとフィルハーモニーと楽団の名称、ベニー・グッドマンのビッグバンドやグレンミラー・オーケストラまで。

大きい話題は氏の講演のこと。レジュメを見せてもらって、思わず、ええーっとなった。
「憲法理念擁護派の改憲論」。こういう論点からの分析・考察はなかなか見当たらない。新聞・雑誌の限界かもしれない。
憲法制定の経過から、世界的状況を見渡し、制定過程における特徴的発言のいくつかを紹介し、評論家数人の改定案―ロナルド・ドーア、、加藤典洋、伊勢崎賢治、大澤真幸。次いでその他の改憲論と批判。最後にまとめの「論点」。

もう4時間が経っていたので詳しくは聞けなかったが、持ち帰って読ませてもらった。MさんはNHKで2日間にわたって取り上げた番組を見ていたので、より一層分かったと言ってきた。

定期検診2つ
⦿定期検診
 4/25 矢野口クリニック
糖尿の検査値は6.2と、正常値の範囲に改善したという。血圧147は、まあまあ、血糖値119も、まあまあ、全体に異常なし。
⦿定期検診 4/27 虎の門病院
X線で胸水を見ると減っているが、心臓が肥大しているという。負担がかかっていると言われた。減塩、減量が必要と言われた。

芝居と展覧会
⦿「送り火」
 民芸公演 4/23 新宿サザンシアター
出ずっぱりの日色ともゑを含め5人だけの芝居。
お盆の最後の夜、家を売り明日はケアハウスに入る老ヒロインのところに訪問客が来る。それらとの話であの"戦争"が、凝縮した密度であぶり出される。本家の姉さん、次は1つ年下の友だち、次はその夫。それから日色の兄が軍服姿の亡霊として登場し、徴兵を忌避し(失踪しヒコクミンと言われる)、先ほど訪れた友だちの姉との逃避行(婚家を飛び出し一緒に)の真相が分かってくるという仕組み。ディテールのおもしろさも幾つかある。よく練られている。

⦿「奈良西大寺展 叡尊と一門の名宝」 4/27 三井記念美術館
見事な彫刻がズラリ。京都東寺でも唸ったが、国宝2点と重文が幾つも。どれもいいから、どう言っていいか…。説明より、私の好きなものを並べて行こう。

興正菩薩坐像(国宝)は私にも出来の良さが見当つく。傑作だろう。 →

釈迦如来立像(称名寺蔵)は背が私と同じ160センチ。ちょっと前屈みに飾られていた。にこやかなので思わずあいさつした。実に優しい。

聖徳太子立像(孝養像)とは目が合った。慌ててMさんにも確かめてもらった。目が合ったと言った。いやあ、おどろいた。

10大弟子のうち4体があり、そのうちの楼那像とも目が合ったと思ったが、Mさんは合わないと言った。並んだ4体は美しかった。迫力があるのは愛染明王坐像。ほかにもあったが忘れた。
世界には当然ながら彫刻の名品は沢山ある。ローマ各所、ルーブルなどで石像を見た。しかし、木彫もいい。優れた名品は頭を下げさせる。
Sさんからいただいた招待券で拝見した。

⦿矢萩春恵展「お・と・こ・ぎ」 4/28 和光ホール  
7丁目ライオンでけっこう飲んでから3人で出かけた。
誤字を見つけてしまった。あれっ、と思い、同行のMさんに近づき、あれ、たしか「木ヘン」だったよね、と小声で話していたら、案内係が寄って来て、「そうです、まちがいです、よく気がつきましたね」と囁いた。素振りで分かったらしい。それでも、私たちが他人に聞こえるような声を出さない人と見たのだろう、あっさり打ち明けてくれた。

また、私は耳朶の「朶」と見たが、新聞には「柔」とあり、私が間違っている(略し方を知らない)のだろうが、どうもピンとこない。テーマが「おとこぎ」だから柔道の「柔らか」なのだろう。カタログも「柔」。     →

大臣らの名前入り花輪や花も幾つかあった。

⦿梅田朝飯会から「便り」
「便り」を送ってもらった。ひと言メモに出席のみなさんの感想が書かれているが、省略。
ただ、お手紙に「1年に1回くらい、遠いところ、誠に恐縮ですが、梅田にてお話を聞かせていただければ幸いです」とあり、世話役はしゃべった当日、来年は4/12日と、決まったように言うので、私もそのつもりになっていた。
なお、梅田朝飯会の岩本さんが、来年逆に丸の内朝飯会でお話することになり、3/15日を申し込んだところ。

⦿最近買った本―まだ読み終わっていない
☆「The big issue」
第309号 4/15 
  特集「こわされる人間 ギャンブル障害」

☆「日本の近代とは何であったか―問題史的考察」 三谷太一郎 岩波新書

☆「雪女」
小泉八雲 講談社英語文庫―映画「雪女」を見るため―機会を逃した。

☆「泉鏡花」
ちくま日本文学―新聞のエッセーに刺激されて。

いただいた本
☆「久保田万太郎全句集」

☆「マラス―暴力に支配される少年たち」
工藤律子 集英社―ある雑誌に依頼され書評を書くため。
⦿友人の本、論文など
☆「ほっかいどう山楽紀行」
坂口一弘著 共同文化社―函館の友人の著書。

☆「時流遡航―コンピュータから見た人間の脳①~⑥」本田成親
 「夢想愚考―わがこころの旅路①~⑤」

   医薬経済(半月刊雑誌―「深く取材し独自の切り口で迫る医薬ビジネス誌)

☆「『十二の石塚』による「長詩』の誕生―明治期における「文学」の形成過程をめぐる国民国家論(14)」 
大本達也
                                 おわり
             TOPへ戻る