17-04-19(2017年 第20号)     
⦿梅田朝飯会でリポート 4/13  ハートンホテル西梅田 会議室
世話役の吉田さんによれば、今年は丸の内朝飯会で予行練習してきたので「今朝が本番です―」。テーマも内容もたしかに同じ「日本のルネッサンス人―応仁の乱を中心に」。

いま新書版の概説書がベストセラーを続けているほどにも応仁の乱が人気になっているが、その理由はよく分からない。日本の現状を変革期または転換期と感じているからかもしれないが、それでは答えにならない。それを探るのも1つのテーマだが、私は以前から花田清輝の「…ルネッサンス人」を読んでいて、文芸復興のほうに興味を持っていたので、今の人気とは関係ない。で、乱の推移と合わせて本書の紹介を主に少しばかりしゃべった。17名出席。スピーチの内容などは省略。

記念撮影も終わったところで、私から、同行の田中真知子さんがiPadでピアノを弾くと紹介したら、みなさんおどろき―そんなことできるの?! 弾く前から人だかりがして、画面を写真撮影する人もいたほどの人気―。
ストリングスの音色で「椰子の実」を聴かせてもらった。歌の得意な人―歌手?―はハモっていた。

因みに、大阪でしゃべらせてもらったのは、2013年と16年の2回。今年は3回目だった。
       

         

前夜は幹事さんたちが懇親会を開いてくださった。いつものように十分に飲んだ。すっかりご馳走になった。
   ↓ 前夜の懇親会 会場ホテルのレストランで ↓ 梅田朝飯会有志で造幣局通り抜けの花見
   

食事のあと10時から有志で「造幣局通り抜け」の花見となったが、私は別ホテルのチェックアウトが済んでいなかったので、あとから行くことにした。

造幣局通り抜け
13日はスピーチのあと「造幣局通り抜け」という花見。淀川沿いの全長750メートルほどの桜並木を期間限定で片道だけ歩く方法。毎年ながら人出は並みではない(私は初めて)。ちょうど見ごろの、いろいろな桜があった。人の入らない写真は撮れない(下方に写真1枚)。
還りは川沿いに出、対岸を見ながらのんびり歩いた。テントがずらりと並ぶ露店通りのおでん、煮込み、たこ焼き、生ビールなどを横目に歩いた。
  
          ↑ 造幣局脇の淀川沿いの並木もなかなかの眺め
藤田美術館
それから藤田美術館に入った。国宝「耀変天目茶碗」を見た。国宝の耀変天目は静嘉堂美術館で見ていたので2つ目。油滴天目の国宝は東洋陶磁美術館で何度も見た。
ほかの国宝としては「深窓秘抄」「玄奘三蔵絵」など。ほかに重文「大燈国師」の書など錚々たる品々があった。

入口にあった「玄奘三蔵絵」全巻のビデオをいじったら面白くて止められなくなり、田中さんに解説を読んでもらいながら、マウス様のものを動かし、1時間以上も立ったまま、全部見てしまった。クタクタになった。

夜はホテルほぼ正面の「天下鳥」で焼き鳥8種とビールと日本酒。ほとんどが海外客。それが普通だという。

⦿京都観光 お寺巡りいくつか 4/14~16
今回は京都3泊と短いので、あまり見歩かないつもりでいたが、齢の割りには歩いたほうかもしれない。書き始めてそう思った。

宝が池、真如堂、金戒光明寺、平安神宮・神苑
14日はふらふらして行先も定まらなかった。目当ては大原だったが、地下鉄終点の国際会館で狂った。国際会館から大原へ行くバスが1時間に1本で、出たばかりだったのであっさり中止。で、宝が池の辺りをぶらついた。まるで静かなところ。ひっそり花見の趣き。それも良し。

駅に戻り、ちょうど来たバスに乗り、どこで降りるか決めなかったが、銀閣寺は混雑しそうなので通過し、間もなく真如堂だったので、ヨシッ、とそこで降りた。懐かしい吉田山。見事な紅葉を見た記憶がある。裏からの上り坂がきつかった。涅槃の庭(写真後掲)、随縁の庭を見た。

金戒光明寺(「きんかい」と読んでいたが「こんかい」だった)で海北友松(応仁の乱後から江戸初期にかけての絵師)の墓を拝見。
それから平安神宮の神苑へ。海外客で混雑。枝垂桜で有名とは知らなかった(写真後掲)。私は、好きな飛び石―臥龍の橋―を渡った。石の上で撮影するのは外人客。日本人は後ろの人を待たせるからと遠慮―。

池の鯉はしゃがむと寄ってくる。そういうものなのだろうが、私は、いや、鯉に好かれている、と思うことにしている。鯉は私の顔を、語りかけるようにして見る。2人? でしゃべったことが何回もある。

錦小路、柳小路、泉涌寺、戒光寺 
15日は まず大丸で買い物。ジャケットでは暑いのでシャツだけで出、カーディガン風上衣を買い、その場から着て出た。歩いて錦小路へ行った。海外客用観光市場のよう。歳末のアメ横を思った。足並みを合わせて歩き、ついつい買ってしまった。といっても、島らっきょう、鷹の爪、ハバネロ入りの世界一辛い唐辛子、汐吹昆布、さつま揚げ、日本酒(ラベルは若冲の骸骨の絵。180ml)など。ヒレ酒1杯500円の看板があった。串焼きを立ち食いする海外客も多い。

知らなかった柳小路へ入った。先斗町より庶民的といおうか。昼から飲ませる居酒屋があった。そしてなぜか急に泉涌寺へ行くことにした。しかしさっぱりおもしろくなかった。自分でも意外な感じ。

大石内蔵助の茶室「含翠軒」を再見した。その日に限ってか、入室禁止となっていた。別棟で茶会を催していたが。笹と苔の小庭、八面に仏が彫られている石塔がよかった(写真後掲)。

戒光寺を通りかかったら特別拝観の最終日で、伝・運慶・湛慶親子合作の釈迦如来立像を見ることができた。木彫では世界一の高さという。しかし、私にはどうも「伝」らしく見えた。
バスで四条河原町に出、昨日目をつけておいたキリンシティで黒生。愛想のいい女店長に勧められ4杯。

東寺、観智院、帰京
16日は駅の一時荷物預り所にキャリーを預け、歩いて東寺へ行った。五重塔を見ればいいと思ったら、金堂、講堂が見られた。以前は拝観できなかったのではなかろうか。金堂も講堂もすばらしかった。ここの仏像は一流品ばかり、とくに講堂の21体。惚れ惚れと見た。唸るほどだった。絵葉書セットが1800円もするので買わなかったが、十二神将像のセット600円だけを買った!!

そして、塔頭観智院がまたよかった。ここも最近一般参観ができるようになったらしい。
宮本武蔵の絵がある座敷に腰を下ろして眺めていたら説明係が来たので、質疑応答スタイルでいろいろ教えてもらった(最初私はほかに人がいないと思っていた)。
腰を下ろしていた部屋だけの特別編みの畳のことまで教えてもらい、隣室の畳と踏み比べをしたとき、後ろに数人がいたのに気づいた。廊下は鶯廊下かと訊いたら鴬張りと教えてくれたりした。客殿そのものが国宝だとも。
本尊の五大虚空蔵菩薩もいい。愛染明王坐像もいい、茶室楓泉観もいい。見られたのは僥倖と言いたいくらいの良さ。外に出、堀の亀と鯉を眺めた。亀には敵わないと思う…?
予定以上に時間を食ったので、タクシーで8条口に戻り、いきなりレストランに入って食事し、3時近い新幹線で帰京、7時に帰宅。飲まず食わずで寝た。
  以下の写真は順不動です。
  
 ← 造幣局通り抜けの桜並木   ↓ 神苑の枝垂桜

   
神苑は面積約10千坪の池泉回遊式庭園。造園家小川治兵衛の手になる。私は臥龍橋という飛び石を歩くのが好きで、何回か訪れ、上にも書いたが、昔、鯉と仲良しになったところ。


  ↓ 神泉の池              飛び石の臥龍の橋 ↓
  
  ↓ 真如堂「涅槃の庭」 釈迦が横たわるように並べてある   右は2人で抱き合っているような石
   

真如堂にはも一つ「随縁の庭」がある(写真なし)。幾何学模様のモダンな庭は重森千靑の作。氏は作庭家・完途氏の子息―三玲の孫。

  ↓ 東寺の五重塔             ↓ 東寺金堂の十二神将像
   

   



東寺講堂は、仏像が所狭しと並べられたようで、その意味など何も知らない。私など展覧会を見るような気持で豪勢な21体の彫刻を楽しんだ。

例えば、両脇に四天王像があるので見比べようと、左右に往復する。四天王の各列の間に梵天と帝釈天がいるのでそれも見比べようと往復する。おだやかな帝釈天と乗っている象との関係、増長天・持国天が踏んづけている人間(? 分からない)、梵天の下の鳥など、考え空想し、奇妙不可思議な世界の展開を、往ったり来たりして…見飽きない。今回一番感動したところ。
とはいうものの、行くたびに違うものをいいというから、自分で自分が当てにならないが―。

  ↓ 寒山拾得図 狩野山雪 真如堂の掛け軸
       ←観智院堀の亀と鯉

○観智院

     
     ↑ 竹林図(左)と鷲図(右) 宮本武蔵筆            ↑ 茶室 楓泉観

武蔵の絵は保存がよくないのではっきりしないが、2点とも若いときの絵という。「竹林図」の左端に比較的よく見える竹の節の迫力が際立った。国宝観智院客殿上方の間。
茶室は、実際はもっといいのだが撮影禁止なので検索した画像を転載。観智院は、私は存在も知らなかった。

○真如堂塔頭覚円院、泉涌寺含翠軒、柳小路

真如堂覚円院は、芭蕉の門人向井去来の寺。句碑もある菩提寺だが、嵯峨に落柿舎がある。芭蕉の「嵯峨日記」はその落柿舎で執筆されたもの。句碑の脇に連理のもみじがある。枝と枝とが重なり合い(癒着結合し)、木理(木目)が通じた状態という(下左)―私は知らなかった。


  
 ↑ 連理のもみじ      ↑ 含翠軒の八面仏石
    

八面仏石―燈籠のようだが火袋の部分に八体の仏が浮き彫りされている。大石内蔵助の茶室・含翠軒の庭は苔と熊笹が目立ったが、なにせ小さい庭だからいうほどのコトはない。
              → セピア色に加工した柳小路
柳小路は、東は裏寺町通り、西は新京極に挟まれた南北約60m、幅2mほどの道。小さいお店が連なる。それだけだが情緒がある。四条河原町から僅か5分。知らなかった。
そこから新京極に出たすぐのところにキリンシティがあり、黒生があった。小躍りして入り4杯飲んだ。ジョッキは小さい(既述)。
                                   おわり
              TOPへ戻る