17-04-10(2017年 第19号)    
⦿金子兜太氏からお葉書 4/5 
   

またいただいた。うれしい。ありがたい。
感謝しています、とあるが、感謝するのはこちら。力をいただく、もこちらのこと。元気が出た。それにしても、97歳とは!!
(表書まで掲載したのは、前にも書いたが、氏の葉書は全体が作品だから)

たまたま、ある雑誌から原稿を依頼されてこのホームぺ-ジのことを書くことになり、読者の1人が金子兜太氏と書いたばかり。タイミングも抜群だった。
(校歌祭については 3/17付 第14号参照)。

⦿映画「未来よ こんにちは」 4/6 新宿ピカデリー
内容の詰まった、動きの大きい、頭も目も忙しい映画。画面もよく場所が変わり人物が歩き回る。ヒロインが高校の哲学の教師だから、固い言葉がポンポン出てくる。名前も知らない哲学者。有名哲学者の言葉。どちらも憶えられない。フランス語が、分からないのに心地良い。いい映画だった。

先ずはイザベル・ユペールが演じるナタリーに、同じ哲学者の亭主から、まさかと思う離婚話を切り出される。好きな人ができた、一緒に暮らすと。その時のナタリーの驚きと嘆きとが混じった、声というより息が見事。実際に聞くチャンスが少ないだろうだけに印象に残る。
次は離れたところにいながら介護している母親からしょっちゅう呼び出され、振り回され、ようやく施設に入れるが、亡くなること。葬式をする。飼い猫を引き継ぐ。ナタリーは猫アレルギーという設定。
その次は著書の契約がほぼ一方的に打ち切られる事件! 

教え子がアルプス山中で仲間たちと共同生活しているところを訪れる。渚のぬかるみを歩きながらケータイ電話する―別荘からの海の眺め。画面があちこちへ移動するのに合わせ、こちらも動く気分。

いい場面はきれいな音楽とともに―シューベルトもあるが、なぜか英語の歌が多かったよう。慣れてきた猫の演技も冴えてくる。ここまで来て得たのは、孤独と完全な自由ということか。孤独と自由と暮らしの充実との組み合わせが幸せをつくると解釈したい。私も360度の自由と称している。

イザベル・ユペールが主演女優賞連続受賞とか、ハンセン=ラブがベルリン国際映画祭銀熊(監督)賞受賞とか、何も知らないで見た。

それにしても題名は何とかならなかったのだろうか。原題はL'avenir 希望とも訳せるが、来るものの意。米国でのタイトルは Things to come このほうがいい。ちょっと前に見た原題・婦人参政権論者を「未来に花束を」とした邦題にげんなりしたことを思い出した。

⦿職場後輩と雑談会 4/7 鳥居坂分館
72歳のHさんと70歳のKさんと3人の、半年に1度のおしゃべり宴会。ロビーで開店を待っている間にもう盛り上がってしまった。食事は松花堂弁当と刺身。ビールと酒とワインはそれぞれの好みで自由に注文。

4月と5月に大阪・京都と沖縄旅行を計画しているので、どちらにも詳しい2人からいろいろ教えてもらった。
      庭に出、枝垂桜の下で →

昼だから酔うほどには飲まない。3人とも甘いものも食べる。で、別のコーナーに移り、コーヒー、ケーキ、シャーベットを食べた。
六本木の「青野」でどら焼きを買った。

初めてのコースで往復した。地下駅が少ない大井町線を使った。乗り換えは多いが早く着いた。

⦿オペラ映画「椿姫」 4/8 新宿ピカデリー
よく知られているオペラ。ストーリーも分かっているのに見るのがオペラであり歌舞伎などの伝統芸術。その通りにまた見に行った。ただ、私は肝心なところを知らず、愛し合う2人の仲を裂く父親を単純に悪者=悪役と思っていたが、「わけあり」だったので安心し、納得し、より好きになった。父親は後悔し、告白し、謝罪し、ために限りなくハッピーエンドに近づくが、先に近づいたのはヒロインの死のほう。そこでジ・エンド。他愛なさは残るが、それはしょうがない。それがオペラ。

出ずっぱりで歌いっぱなしのソプラノはよかった。体力勝負のような役。父親は内面をよく表わしていた。真面目な愛一筋の青年は大根だったが、そう見えるように演技したのかどうかは分からない。
私の目はヴィオレッタ役のソプラノ・ヨンチェンヴァの大きな露わな胸にも向けられていた―。

★新宿ピカデリーの混雑
             売店の行列 →

土曜日の10時前、映画館は大混雑。「黒子のバスケ」に来た若者の群れとオペラの老人の群れ。写真の左方向には入場待ちの老若男女が群れているのだが写せなかった。


⦿この便りを間違って消去 4/9
この19号は全部打ち直した。更新直前のミスで丸々消去してしまい復元できないのであった。記憶の残っている間にと―しかし、けっこうちがう文になった。愚痴ってもしょうがない。余計ごとでした。

⦿ベランダ桜
 4/10 
今年は枝先が伸びて、4階のベランダとほぼ同じ高さになり、居ながらにしては花見ができた。4月1日から毎日撮っていたが、今日10日が満開のよう。朝方パチリしたのが下の3点。

枝の先端に咲いたものとベランダに舞い落ちた花びらを見てもらいたくて掲載。↓
もう少し暖かければベランダ宴会とするところ。素敵な1日。

     
ところが、撮影後、洗濯物を干してしまった。もし、見上げる人がいたら、世にも無粋な奴がいるものと軽蔑されるだろうなぁ。
                                   おわり
                  TOPへ戻る