17-03-31(2017年 第18号)   
⦿六義園の枝垂桜 早めの花見 3/30
      
      上は5分咲きか ↑ ↓ 下は1時間前、3分咲き程度か 
入口に近い枝垂桜を見てから池など園内を一周し、ちょうど1時間後に戻ったら、咲き具合がちがっていた。3分咲きから5分咲きぐらいになったのではなかろうか。

標高35メートルの藤代峠に上って大泉水=池を眺め下ろしたり、巨木を見上げたりして、ゆっくり歩いた。
入場料は、VIEWカードを提示するとシニアからさらに割引され120円。

久しぶりだったので、当然ながら園内の植栽は大きく育っていた。

   

東洋文庫ミュージアム、とげぬき地蔵と商店街
それからこの辺りに詳しい美谷島さんの案内で、東洋文庫ミュージアムへ行った。歩いて5分。初めてだった。
オリエントホールの壁に広開土王碑の拓本(レプリカ)があった。大きかった。「倭」の字を見た。
モリソン書庫に圧倒された。高い天井まで段差をつけた書棚が3方に並ぶ。2万4千冊だという。それを正面に見るソファに掛け、本に囲まれた形で、しばらくじっとしていた。

国宝「古文尚書」は、漢文で分からないが、文字だけ追っていたら「女」の字が多いことに気付いた。歴史は女がつくるという言葉はどうなったろうか。

「ロマノフ王朝展」を見た。面白かった。大黒屋光太夫関係の資料などもあった。吉村昭の文庫本を読んだっけ。
全体の説明文が、現代風というか、若者向きというか、やや冗談ぽかった。
特別展示の「おひなさま」が立派だった。三井、三菱ともいいものを持っている。

それからタクシーでとげぬき地蔵へ行った。ここも初めて。
水をかけられ布で撫でられているお地蔵さん=洗い観音は、濡れ濡れ、テカテカだった。大勢が行列していた。こういう信心には縁がない。

丸の内朝飯会で高岩寺の住職さんにお話を聞いたことがある。「医僧」と称し、禁煙啓発とAEDの普及に努められている「偉僧」だった。
巣鴨地蔵通り商店街を歩いた。好きな赤パンを買った。
    竹の繊維でできているという →
          撮影:田中真知子


ほかに、まだ柔らかい豆餅、塩大福と豆大福、新キャベツの漬物、発酵にんにく、唐辛子が全面にこびりついている激辛煎餅を買った。
巣鴨の駅に近い美谷島さんお馴染みの寿司屋でいっぱい。氏はビール2、酒2、私はビール3、酒1。

氏の石油掘削の人生は波乱に富んでいた。世界各地に赴いて石油を探り大規模に掘る。数々の掘削現場の生々しい話は感動的だった。涙ぐんでしまった―詳しいことは紙幅の都合で書けないが。

アナコンダ―ニシキヘビ―のこと、また、いわゆるかつての首狩り族の話も出た。酋長に招待され部下3人と集落へ行ったときは、途中で咆え猿の不気味な声を聞いたなど、笑いながらも真に迫っていた。
 ←イバン族―首狩り族―の踊り
待ち合わせの駒込駅に美谷島さんと来た田中真知子さんは、その朝、丸の内朝飯会の3分スピーチで、iPadでピアノを弾き「インプット賞」をもらったという。そういうこともできるのを知った。
                         おわり
      
                                 
             TOPへ戻る