17-03-28(2017年 第17号)  

⦿「わたしは、ダニエル・ブレイク」 3/26 ヒューマントラストシネマ有楽町
前から3番目の席だから近すぎた。のけぞるようにして見た。いまはネット予約で席を確保する人が多いので当日券は少ない。多分満席。人気が高い。それに応え、見るに値するいい映画だった。

新聞評の見出しは、「追いつめられる労働者 イギリスの現実描く」「働けど貧しい だが屈しない」「権力への怒り まっすぐに」など。1ベージ大の広告には、「生きづらい世の中をそれでも懸命に生きる。人間の尊厳と優しさに満ちた、涙と感動の物語」とある。「人間だ。犬ではない」と最後の言葉を見出しにしたコラムもあった。

坊主頭にジーンズ、両手をポケットに入れて歩く主役の大工が大工さんそのもの。子連れシングルマザーの窮乏振りはそのままドキュメンタリー。
大工が腹をくくり、建物の壁にスプレーで抗議のことばを書くと、見物人らが拍手し、駆け付けた警察官をやじる。そこでの怒りを希望というか。また、救われるシーンもあり、それらは涙。笑いもあるが、それは見てのお楽しみ。

描かれた世界は、なるほどと納得させられる。引退を取り消し、やむにやまれず作ったケン・ローチ監督。それらがよく伝わった。ストーリーは省略。

若い時分に河上肇の「貧乏物語」を読んだとき、最初に英国の貧乏ぶりが統計数字入りで出てきて、読むのが面倒くさいと思ったものである。この映画は、「現在」の英国の貧乏物語の一面を持ち、その上にお役所仕事のあくどさを乗せ、一大工を死に追いやるまでを描いた傑作である。見たあと、やりきれない思いが残るが、それがこの映画の良さでもあろう。

因みに、1917年に刊行されベストセラーとなった「貧乏物語」から、はじめのほうを引用してみよう。河上肇は名文家で鳴らしたものの、今は現代語訳が出ている文語調だが、短いので原文のままとする。中身は全然古くない。

貧富の格差、富の偏在について、
「人数より言えば全人口のわずかに百分の二に相当するだけのものたるにかかわらず、その所有に属せる富は、英国にあっては全国の富の約七割二分、フランスにあってはその六割強、ドイツにあっては五割九分、米国にあっては五割七分に相当しているのである。貧富懸隔のはなはだしきこと、かくのごとし。ひっきょう英米独仏の諸国が貧乏人の実におびただしきにかかわらず、世界の富国と称せられつつあるは、古今にまれなる驚くべき巨富を擁しつつある少数の大金持ちがいるためである。」

老人の年金については、
「一言にして言えば七十歳以上の老人には国家に向かって一定の年金を請求するの権利ありと認めたること、これがこの法律の要領である。原案には六十五歳とありたれども、経費の都合にてしばらく七十歳と修正されたのである。今この法律についてわれわれの特に注意すべき点は、年金を受くることをば権利として認めたことである。」
「かかる思想が法律の是認を経るに至りたる事は、けだし近代における権利思想の一転期を画すべきものである。」

また、ロンドンの貧乏暮らしと言えば、ディッケンズの長編小説「デヴィット・カッパーフィールド」を思い出す。読んだのはやはり20代だから記憶は薄れたが、はじめのほうのロンドンの街や暗い暮らしは微かに記憶にある。
ロンドンではないが、地方の炭鉱町で炭鉱夫の家で育ったD・H・ローレンスの小説にも荒々しく貧しい生活を描いた小説があった。
これらからイギリスの「貧乏」が少しは見えると言っていいだろうか。お役所仕事は万国共通―といって片付けてはいけないが。

⦿新聞遊び 今回はこれだけ
★教育勅語3首 朝日歌壇から 3/27
☆園児らが教育勅語諳んずる戦前ですらなかりし異景    高野公彦選
☆戦中派われもまさかと目をみはる幼ら誦しゐる教育勅語  永田和宏選
☆亡霊の教育勅語を幼子に唱えさせるが今はまだ異常      〃

そらんずる、ずしいる、となえさせる、と詠んだ。不一致の偶然。

蛇足ながら、27日の毎日夕刊のコラムには「右傾化が甚だしい。戦前復古の露骨な法整備が進む。そればかりか、幼児に「教育勅語」を丸暗記させ、お国のためなら…」―ここは丸暗記ときた―。
                                 おわり
            TOPへ戻る