17-03-25(2017年 第16号) 
⦿新聞遊び 3/22、23
週刊誌の新聞広告に「死なばモリトモ」爆弾、と語呂合わせ。炸裂したか。
TVをご覧の方は私よりよほど詳しく生々しくご存知でしょうが、新聞から「うそ」関係の活字を拾うと、

日経社説―「首相は学園側との接触について『個人的な関係や寄付の事実はない』と明確に否定しており、どちらかが嘘をついていることになる。」

朝日社説―「…首相側との言い分は、真っ向から食い違っている。」

毎日―「(首相夫人からの寄付金は)大変名誉な話。鮮明に覚えております。」

毎日の識者コメント―A「今の状態では、片方がうそをついていることになる。」B「偽証罪というリスクを負って証言したことは重く受け止められるべきだ。」
毎日の横見出しの1つは「ウソは誰」。

朝日―「(自民幹事長代行は、官邸が)『寄付していない』と明確に言っている。官邸がうそをつくはずがない…。」

オックスフォード辞典―「ポスト真実」は昨年の「時代を最もよく表す言葉として選んだ言葉で、客観的事実より、感情的な訴えかけの方が世論形成に大きく影響する状況」(朝日キーワード)。

コメントは不要だろう。ここで長田弘の詩の1部を引用しよう。
「うそが ほんとのことで / ほんとのことが うそだった / あべこべの くにがあったんだ / いまはむかし あるところに」「ことばに いみがなかった / いみにはことばがなかった」「ただしいは まちがっていて / まちがいが ただしかった」(ねむりのもりのはなし)(私のホームページ読者への「送り状」から)

⦿月例雑談会 3/21 銀座7丁目ライオン  
大橋さんは先月と同じと思い、はじめ2階にいたが降りてきてもらった。改装成った1階で田中さんと3人で。
トイレは男女の位置が逆になるなど、大工事だったことが分かるが、それだけかと思ったほどほかは変わらない。すす払いぐらいはやったかも。

忘れないうちにと私が3月16日にリポートしたときのレジュメを差し上げた。参考資料を含めると9枚あったが、氏はパラパラめくって、土井清良の「清良記」を指し、大学のゼミで学んだと言われ、さすがと思った。私はしゃべったものの、読みもせず、「農書としては最初のもので、農業技術・農業経営を述べ、換金作物を勧めたりした書」と紹介しただけだったので恥ずかしかった。「日本のルネッサンス人」の著者花田清輝のことも話し合った。

次は大橋さんが仲間との勉強会で天皇制のことを話したというのでそのこと(先月帰り際レジュメをいただいた)。ゼミ仲間たちとの飲み会が続いていて、お互いが順に何かの話をすることなっているという。
氏のテーマは「いま、象徴天皇を考える」。網羅的でロング スタンスで考えるべき問題提起がいっぱい。項目を追うだけで勉強になるが、それに上乗せするようにそこでもいろいろしゃべった。

田中さんに、給料をもらう仕事の経験はなかったのか尋ねた。ヤマハのエレクトーン教室で教え、講師として報酬を得ていたことがあったという。そこから全国の音楽教室、音楽教育、ヤマハの楽器生産などへ。
私が、先日ラジオで聴いたフルートが、上手いけれど音がよくなかったが、解説でそのフルートが銀製と知り、金製のほうが音がいいのかと思ったという無知まるだしの話しを提供。フルートが木管楽器というのも何だか…というような初歩的会話。真っ直ぐが多い木製楽器と曲がりくねった金属楽器とか。雅楽のヒチリキ、笙、尺八なども出てきたし、オルガンやアコーディオンの音の出し方なども。

トイレが改装されたことからトイレ一般の話へ。
日本ほどあちこちにトイレがあり、しかもきれいなのは珍しい。最近は特にそうだ。
大橋さんはトイレ関係学の権威!?だから幾らでも出てくる。
外国にはドアの上下が空いていて中の人が見えるものがある。3人ともアンカレッジ空港のそのトイレを知っていた。かつての丸ビルもそうだった―。

小学生のころは並んでおしっこし、飛ばしっこしをしたり、雪の上に字を書いたりした。これは2人共通していた。
氏はブリューゲルの子供の遊びの絵の中に、女の子がしゃがんで用を足している姿があるという。知らなかった。
西欧人はトイレの回数が少ない。私もそう思う。氏は膀胱が大きいのではないかというが。
私は武田百合子の「ロシア旅行」のトイレの話を紹介。たしか、仕切りがないので隣りの人のしぶきを浴びたと書いてあったはず、とあいまいなまま紹介。

ケン・ローチ監督の映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」の話。大橋さんは前からケン・ローチが好きだという。私は見たこともなく名前も知らなかった。私は前日見たヴィスコンティの「家族の肖像」の話を。

朝飯会の高橋さんの徴兵制反対のメールの話から徴兵制の問題へ。ほかに安倍政権のこともあるが、どちらも省略。

帰り際、大橋さんから到来物と言って小さなミカンをいただいた。自然の甘味。
夕方から風雨とも強くなるらしいとのことで早めに終わる。それでも3時間。楽しかった。

⦿オペラ映画「ルサルカ」 3/23 新宿ピカデリー
ドヴォルザークのオペラなんて知らなかった。休憩2回の3幕もの。ほぼ4時間。長いせいか進行もゆっくりで分かりやすかった。METオペラ2016-17の6作目。私は4回目。
あらすじ。
美しい水の精ルサルカが人間になりたいと、父の反対を押し切り、魔女に調合してもらった薬を飲んで人間になり、恋人の王子と会う。王子は湖に来ては水浴していたのでルサルカは彼に恋し、それで人間になりたかったのである。しかし、人間になったものの口が利けないのであった。
王子は狩りの途中でルサルカと出会い婚約する。婚約祝典の夜、王子は招いた隣国の王女に惹かれる。王子は移り気で、情熱のないルサルカを突き放してしまう。絶望したルサルカは救いに来た父に連れ戻されるが、もう死ぬこともできない境遇。そこへルサルカを探す王子が来る。ルサルカは、私の接吻を受ければあなたは死ぬというが、2人は熱く接吻し死んでゆく。
省略し過ぎて正確ではないが、ざっとこんなもの。このオペラは「人魚姫」から影響を受けている。キーワードは最後に叫ばれる「魂」か。

この作品は、高い演技力が要求される。それをオポライスが見事にこたえた。口が利けない場面をもたせるのだから本格的だ。この映画ではアップを多用して細かい表情を見せてくれた。歌も文句なし(第1幕「月に寄せる歌」など)。王子役ジョヴァノヴィッチのテノールも声量たっぷり、しかもラクラクの感。また、ダンスがよかった。演出が巧みだった。

休憩に入る前の2回のインタビューが、毎度のことながらすばらしい。ルサルカと王子。水の精の父親。魔女と手下3人。指揮のエルダー。それぞれの答えが「哲学」になっている。そして、オペラという独特の芸術、文化の厚みを感じさせる。

⦿朝飯会参加者の感想(ひと言メモ)
「丸の内朝飯会だより」(3/16分。第14号参照)の出席者の感想を転載載させていただきます(順不同。引用は1部のものも。文責阿部)。

★応仁の乱、室町時代から現代に至る壮大なお話。目先のおのれの利にとらわれない大局観の醸成、新しいものの見方の必要性を訴えられた。
★社会が大きく変わる時に何を学ぶか。最近の価値観は世界的に変わってきている。
★たしかに歴史ではっきり習った応仁の乱であるが、その中味を知らなかった。スター不在で、勝者もないというが、ドラマチックなエピソードとなる戦いもなかったのか。日野冨子以外大河ドラマにもならない。不思議な乱だ。
★「応仁の乱」というテーマで文化の話を聞いたのが意外でした。しかし、確かに政治的に空白だが文化は地方へ広がった時だったと思います。
★応仁の乱をはさんだ日本史の政治・経済・文化の面で、これほど濃いのだということを認識させられたお話でした。ありがとうございました。
★改めて「応仁の乱」、日本の歴史を読み解く機会となった。さあ、始めます。77才。
★室町時代と京都の歴史を再び色々見てみたいと思いました。
★10年以上続いた応仁の乱は、飢饉の中でも格差社会の影響で、一方では文化の礎、新しい芸術を生んだ大切な時代でした。
★ルネッサンスをどう定義するかですが、確かに室町時代は見直しても良いと思われます。面白いお話を、ありがとうございました。
★大変人間臭くお話いただいて、だんだん引き込まれて、面白かったです。文芸復興は生まれ変わり。芸術の共同制作。
★室町時代のいろいろを応仁の乱と共に教えていただいた。ルネッサンスという言葉は格好いいですが、日本のルネッサンス人というのは疑問という話。今後は世界的規模での変化へ。
★応仁の乱で荒れた京都に来たザビエルの報告は、たしかローマに残っている。今日の話とつながるようだ。毎月1回、「阿部応仁の乱」を、杯を片手に乱談したい。
★イタリア半島発生のルネッサンスとほぼ同時代に日本列島に繚乱と花開いた多元的日本文化の様。この人間性発露のエネルギーに日本人へのある確信を持ち得た。それにしても、阿部さんの博学に改めて驚嘆。
★阿部博士に「応仁の乱と現代」について講義をしていただいた。膨大な資料の説明は1時間では足らず。
★博学、博識の極み。驚嘆するばかりです。
★質問する人が多かった。後から見れば歴史だが、当面した人にとっては当面の課題に挑戦する勇気発揮の場だ。
★「タンポポの咲く花見つけ弥生(なか)」。今朝は応仁の乱を前面に出して、花田清輝著「日本のルネッサンス人」の話でした。初めてこの本のことを知りました。
                                おわり
             TOPへ戻る