17-03-21(2017年 第15号) 
⦿第5回「E&S展」  3/18 清川泰次記念ギャラリー 世田谷区成城
小山内恵満子と酒泉祥子の2人展。どちらも初対面の絵描きさん。
2人ともそれぞれが個性を出し合いながら仲良く、そして楽しく描いている雰囲気。
小山内さんとはメールのやりとりをしているが、紹介してもらったのは大沼時代のとき。

きっかけは、ほぼ10年前の2007年5月、大沼の「12会」(町内有志の親睦会)と読書会「リブリ」のメンバー・故大村公男さんが、がんで入院中、旧知の小山内さんに、私のホームページを読んでごらんなさいと紹介してくれ、読んだ彼女からメールが来て、メル友になった―。

また、大沼の画家・故木村訓丈さんの登美子夫人(去年12月?死去)が、文芸雑誌『季刊文科』(編集長大河内昭爾は度々大沼を訪問。新井満とも交際)の勉強会に出ていて、同じ会のメンバー小山内さんと旧知だということが分かった。私の大沼の友人2人が別々にお付き合いしていた人、という偶然。

そして、私のホームページに田中真知子さんの母上の個展(2009年5月)を紹介したところ、小山内さんがその個展を見に行き(絵の写真をメールで送ってくれた)真知子さんとも出会い、以来2人のお付き合いが続いているおかげで、今回、東京に越してきた私にも案内状を送ってくれたという次第。
        
            ↑    小山内恵満子さん      ↑
   
      酒泉祥子さん ↑              小山内さん(右)と田中さん ↑

酒泉さんはメル友でもなく、まったくの初対面。小山内さんが紹介してくれたが、私がどういう人間か、説明するのに苦しんで!?いた。
4人でおしゃべりしたが、初めてのことでもあり話題はいろいろ。楽しかった。酒泉さんが「大沼で本を読む会」を知っていたのにはおどろいた。

      ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇

⦿大村公男さんの思い出
そして、小山内さんとのきっかけを作ってくれた大村さんのことを思い出した。
    
氏が胃癌で札幌医大に入院していたとき、私は大沼の様子や仲間たちのことをメールで送信していた。やがて退院したものの、次には函館の病院に入り、お見舞いに行ったりしたが、小山内さんを紹介してくれた1年半後の2008年11月に亡くなった。最後は緩和ケアに移っていた。

私は氏の受け持っていた函館FM放送番組に出演させてもらったり、氏の邸宅で毎年開かれるバーベキューパーティに呼んでもらったりして大変お世話になった。
また、氏は函館五稜郭の夏の野外劇に主役の語り手として連続出演したことも記しておきたい。    ↑ プリンスホテルの忘年会。右端が大村氏

2003年には丸の内朝飯会有志と久慈市の友人が大沼に来て、読書会「リブリ」との合同忘年会をやった。               
ついでに、と言っては失礼だが、丸の内朝飯会有志の大沼旅行はほかにもあり、「リブリ」のメンバーと温泉の朝風呂に入った写真が出てきた。 
         仁山温泉の朝風呂 →
(右から世良海野、田中、阿部、大橋、藤野さん) うち、右からのお2人が故人となってしまった。それを偲んで再掲した次第。

⦿映画「家族の肖像」 
      3/20 岩波ホール
映画館で見るのは2度目か。伯爵夫人がシルヴァーナ・マンガーノだとは知らなかった―忘れていた―自分の記憶におどろいた。あれが「にがい米」のマンガーノだって?
ファーストシーンは憶えていた。
結論は、よく分からないけれどいい映画。あいまいだが「いい」と強調したい。伯爵夫人の高飛車で飛躍の多い会話が別世界―貴族社会のものらしく、文化のちがい、階級のちがいかと思うと距離が出るようだ。  
         
         ↑ 書斎のセットの豪華なこと! 左のほうには隠し部屋がある

いきなりというか、強引に押し入り、独り暮らしの老学者の豪邸の上の階を貸してくれと要求する書斎でのやりとりがファーストシーン。そこが特に忘れられない良さ。ある映画評に「闖入」とあるがその通り。安部公房の小説「闖入者」―戯曲「友達」のもと―を思い出した。
猫背で通したバート・ランカスターの眼の動きと短い会話で、次第に闖入者たちに惹かれ受け入れていく運び。自分の過去を少しずつ語って行く―分からせる―仕組みも巧みだ。クラウディア・カルディナーレが亡き妻として美しい姿を垣間見せる。

「家族団らん図」―原題―についての美術史的な会話、1968年のフランス五月革命後に追われる活動家、そして、口論しながらの強烈なキス、シャブしながらの乱交など、これぞヴィスコンティの世界、というのだろう。
検索したあらすじを下に引用すると、
「…あまりにも価値観の違う若者たちの行動に気が滅入る思いだったが、コンラッドが類まれなる芸術の理解者であることを知って興味を覚える。コンラッドはかつては学問好きの青年だったのだが、過激な左翼思想に傾倒して学業を中断し、今は昔の仲間に追われていた。ビアンカの夫は実業家で、ファシズムを支持する右翼の過激派と通じていた。
ある晩、教授は心を開いて彼らを夕食に誘ったが、ビアンカの夫の話になったのがきっかけで口論になり、ステファノとコンラッドが思想的立場の違いから激しく対立して取っ組み合いの喧嘩になり、教授はなす術もなく、コンラッドは立ち去ってしまった。
教授は「家族ができたと思えばよかった」と、今までの自分の態度を悔やんだ。翌日、コンラッドは教授に手紙を残して上階で爆死した。教授はショックで寝込んでしまい、やがて息を引き取った」。

見終わってからMさんと湯島天神へ行き、不忍の池近くの金太楼寿司でたらふく食べ、ビールとヒレ酒を飲んだ。


         合格お礼詣りの絵馬の分厚さ →

                    おわり 

          TOPへ戻る