17-03-17(2017年 第14号) 
⦿おしゃべりと散歩 3/16 
丸の内朝飯会で年に1回と決めているおしゃべりをした。タイトルは「日本のルネッサンス人―応仁の乱を中心に」。
花田清輝の書名をそのままいただいた。応仁の乱についてもおさらいしたので、1時間ではとても無理。しゃべる前からそうからかわれるボリュームのレジュメを用意した(下掲)。時間配分もうまく行かず、後半は駆け足というか、省略してしまった(出席された方の感想・批評などは次号)。

話し終わったところで、黒生のジョッキが運ばれてきてびっくり(このタイミングとセンスとユーモア!)。質疑の前に、一人ジョッキを傾けさせてもらった。

終わって、その前の1週間ほど家にいて外を歩かなかったので散歩することにした。
麹町からバスで桜田門に出、二重橋の前で元気な集団の中国語を聞き、大手門まで。そこからお濠端に沿って戻り日比谷公園へ。     
      
          無風快晴の朝、桜田門から二重橋を経て大手門まで散歩 ↑
          
                お濠の水面に映った高層ビル群   
 
     
       青空のちょっと白っぽいところから雲が生まれた    撮影:田中真知子     

花壇のベンチでひと休みしてから辺りをぶらぶら。宝塚劇場の前は、大勢の追っかけというのかファンというのか、贔屓の俳優ごとにマフラーの色を変えて整列し、お相手を待っているグループが幾つもあった。そちら側の歩道は歩けない。

帝国ホテルでトイレを借り、アーケードの超高値で縁のない品々をただ見て歩いた。
近くのガード下の飲食街を歩いた。24時間営業の居酒屋もあったり、新宿西口の思い出横丁に似た雰囲気。

そのガード下の寿司屋で飲み食い。お好みの握りを注文した。グラスビール2、日本酒1。再び日比谷公園に行き、ビヤ・テラスでジョッキ1。Mさんはコーヒー。朝昼午後とビール。
2時間以上歩いたか。帰宅してすぐ夕寝。

⦿金子兜太作詞の皆野中学校歌祭 3/9   3/10 朝日 埼玉版
            97才でまだまだ元気な姿を見せてもらった ↓
 

 丸の内朝飯会 第2491回例会                右は世話役・長さん 
⦿「日本のルネッサンス人」―応仁の乱を中心に (レジュメ 参考資料省略)

1 日本にルネッサス期はあったか
  花田清輝のエッセーに初出?  
2 日本にルネッサンス人はいたか いたとして、それはだれか

 「日本のルネッサンス人」(花田清輝)の概要 

3 応仁の乱とは何だったのか 革命か
「応仁の乱を知らない人はまずいないだろう。小学校の社会科教科書にも登場する応仁の乱は、日本史上、最も有名な戦乱の1つである」「東軍の総大将が細川勝元で、西軍の総大将が山名宗全で…」(「応仁の乱」(呉座勇一著)の冒頭)

  (なれ)や知る都は野辺の夕ひばり上がるを見ても落つる涙は」

 日本に革命はあったか 
応仁の乱は革命と言えるか 司馬遼太郎の発言 下掲
日本に革命はあったか(転換期? 変革期? 開国?)  日本史のなぞ

4 応仁の乱によって何が変わったのか 何をもたらしたか 
守護在京制の崩壊 守護の下国 京都文化の地方伝播 新しい日本語 新しい生活体系 武力から財力へ 政治力から経済力へ 下層階級の台頭 戦国大名へ

5 いまなぜ応仁の乱か
ベストセラー「「応仁の乱」「室町無頼」―一時的流行か。時代の要請か。
学んで、大きな時間幅で歴史を、現在を考える。常識を疑い価値観転換を考える(内山節)


 司馬遼太郎の発言要旨
「日本人と日本文化」第3章 小見出し「革命としての応仁の乱」

「…歴史を一変させた。あの戦乱の中で、どこの馬の骨とも分からない、足軽と呼ばれている連中が走り回る。侍階級よりよく働き、足軽が代理戦争。段々侍を馬鹿にし、世の中、実力次第という気持ち。かつては仏教的権威、公家の権威、大名の権威、血統の権威などで組み上げられていたが、それらは東山時代に「亡霊のようにか細くなっていた」「それを決定的に打ち払うには、あの乱が一番有効だった」「戦乱のあとに出てくる人間は、民衆から出てきて、一時は織田家が伸びたが、その手下が徳川大名にひろがった。徳川大名は百姓、土民、きこりの出身…
「応仁の乱というのは「革命意識もなければ勝ち負け意識もない変な戦争だったけれど、後世から少し色のついたフィルターをかけて見れば、一種の自然発生的な革命の戦争じゃなかったか」「生態史観的にいえば、あれが一種の革命作用をなした…」。以下略。
                                   おわり 
                TOPへ戻る