17-03-15(2017年 第13号) 
⦿「禅を知りたい―言葉を超えた心の教えと日本の禅」 講座「歴史の歩き方」
                              3/10 読売ホール
この講座のレベルは、大学入試センター試験よりは低く、入学後の講義よりは高く、ゼミかそれ以上といったところか(今回の最初の講演は特に専門的だった)。
毎回千人ほどの主に老練!?ファン(つまらないと居眠りし、おもしろくなると覚める。もちろん教養人が多数)が早くから来て席を取る(1階はほぼ満員)人気講座。

1 禅宗の成立と日本への伝来―禅思想の起源とそれが日本仏教に与えた影響を探る―
                       東洋大学文学部教授 伊吹 敦

1 禅思想の特質: 絶対自由の思想 2 禅思想の起源: アウトロー教団としての東山法門 3 奈良時代における禅の流入; 道ゼン(活字なし)の布教活動 4 最澄の思想形成: 禅思想の影響と大乗戒の独立 5 天台宗における禅: 禅宗文献の将来と禅宗の位置づけ 6 鎌倉時代における禅の本格移入と天台宗。

ほとんど頭に入らなかった。鎌倉時代の禅が最後の章だから見当がはずれた。レジュメの「はじめに」のところに「普通、日本の禅宗は鎌倉時代に始まると考えられているが、これは正しくない」とあった。
レジュメの最後は「以上を概観すると、日本への禅の移入は、北宋禅と宋朝禅の時代に行われたのであって、いずれの場合も禅が国家に順応する形になって初めて受け入れられたことがわかる…」とあるが、それも分からない。新しいことばかりで、いい勉強にはなった。

2 禅の智慧に学ぶ              花園大学教授    安永祖堂

自由律俳句で有名な荻原井泉水のエッセイ「豆腐」をネタに! 1時間余を巧みにおもしろく、薀蓄を傾けて話してくれた。経歴に「禅の言語観、またカトリックなど異なる宗教との交流について、わかりやすい言葉で…」とある通りだった。

「豆腐ほど好く出来た 漢 (おとこ)はあるまい。彼は打ち見たところ四角四面の仏頂面をしているけれども決してカンカン頭の(ママ)念仁ではない。柔らかさの点では申し分がない。しかも身を崩さぬだけのしまり(、、、)は持っている」「彼は実に融通がきく。自然に凡てに順応する。けだし、彼が偏執的なる小我を持たずして、いわば無我の境地に到り得ているからである」「あるがままの時に即して振舞う。この自然(じねん)にして自由なるものの姿…」など。

話は曹洞禅と臨済禅、こんにゃく問答、公案、精進料理と各宗教の食のタブー、自由+自在、輪廻等に及んだ。いい意味での説教調というか、退屈させない名調子。最初は落語家林家正蔵の修行のことだった。そして私は彼が稲荷町の長屋に住んでいたことを思い出した。「彦六」の表札を見ながら前の道を歩いたものである。

⦿「騎士団長殺し」村上春樹 
3/14日2冊届いた。17日頃から読み始められそう。何か書くのは読み終ってからにしよう。16日に丸の内朝飯会で年1回のリポートをするので、いまその準備中。タイトルは「日本のルネッサンス人―応仁の乱を中心に」。

⦿牛アキレス腱の煮込み 3/11
すじ肉の煮込みの次は子袋の煮込み、そして今回はアキレス腱。何も知らずに煮込んだ。3時間以上かけた、いや、かかった。ギトギトで、コラーゲンだらけのような感じ。人参、ごぼう、こんにゃく、焼豆腐入り。1日2回、温めては少しずつ食べている。旨い。

⦿送り状 3/12
ホームページを郵送する方への送り状を、ここに掲載させてもらいます。近況の一端。
                              
「立ったままパンツが穿けてほうほけきよ」が「季語刻々」に載っていた
(3/9)。すぐ真似た。「立ったまま靴下穿けてツピツピーッ」。実際に聴いた。「ときは春 日は朝 …The lark's on the wing;」次はひばりの声か。9日と10日は外出し、11日は14.46分を待って目をつぶった。体の底のあるところに怒りがうずくまっている。そして想像力が足りなかった、いや、いまも足りないと痛感する。「原発」が基にあるから。溶融した放射能物質が炉の下で怒っている…。どうにもならない。言葉の力、考える力、と呪文のように…。
                                   おわり
              TOPへ戻る