17-03-10(2017年 第12号)  
⦿昭和公園 3/9  国営記念公園 青梅線西立川駅 入園料シニア210円

        
だだっ広い原っぱがいい。桜林は咲いたときはきれいだろう。広大な公園だった。
庭としてはそれほど良くない。京都などの名庭には到底及ばない。いつまで経っても追いつかないと思った。
 

葉はないが細枝がいっぱいの大樹に長い竿を延ばして何かを引っかけようとしている人がいた。辛抱強い人だった。ドローンだろうか。原っぱの中の1本の樹だからどこからも見える。売店に寄ったり、菜の花畑を眺めてからベンチで休んだ。見ていたら、長い竿が小さいものを引っかけて下ろされた。Mさんと「拍手ものだね」と言った。と、その人はこちらに向かってくる。そう言えばベンチの近くに荷物がある。その持ち主だった。手に持っていたのは紙飛行機。

「やりましたね、見てましたよ。それですか…」褒めたというか、冷やかした。見せてもらったのは、全長40センチ程度の軽い紙飛行機だった。あの樹は25mあるという。手製の棹は役立っている、ほかの人のも取ってあげるという。
竹ひごを曲げて作った翼に薄い紙を貼り、ゴムひもでプロペラを回す簡単な造り。たしか、小学校4年だった。少年倶楽部の付録についていた。
いまのは精巧だ。ごくごく軽い。数十分も飛ぶという。10分や20分ではない、見ていて首が痛くなるという。
触らせてもらった。それからいろいろ教えてもらった。大分離れたところにいるあのグループはプロペラのない紙飛行機愛好家で、定年後に始めた人が多く、あの人は89才、などと教えてくれた。
立ち上がって彼の荷物を見ると予備が5機ぐらいあり、道具箱もあった。私は、もう芸術品ですと言った。15分くらいしゃべったろうか。日本庭園なども見て2時間歩いた。

   
       
玉川上水口から出たときは少し腰が痛かった。大山団地からバスで立川に出、ルミネにしようか迷ったが、伊勢丹で食事。それから地下で豚バラ、ハム、ベーコン、ブルーチーズ、豆大福を買い、1万円ほどを三越カードで支払い、南武線で帰宅。Mさんは府中本町で乗り換えた。

珍しいことに10日間も外に出なかった。家の中で体操はしていたが、ほとんど歩かない。パソコンと本読みで前屈みになっていたので、胸郭が痛くなった。
一段落したので、歩かなくちゃ、久しぶりに歩くんだから、コンクリートじゃないところをと、かねて親友から聞いていた昭和公園を選んだ次第。
                              おわり
                 TOPへ戻る