17-02-28(2017年 第11号)  
⦿職場同期と「駒形どぜぅ」で 2/24
久しぶりにどじょうを食べに行った。Yさんは60年振りぐらいかなと笑った。私は10年ぐらいか。一緒したMさんはどじょうを食べるのが初めて。何ごとも勉強と、よく付き合ってくれる。

2人は柳川鍋、私はどじょう鍋を2枚食べた。昔と変わらず。田楽や鯉のあらいも注文。飲むほうは2人でビール中瓶2、お銚子2。少なくなったもので…。
おしゃべりははずんだ。
例えば、2人はビールだけでなく日本酒も飲むから「出羽桜」の話が出、ノーベル賞の大隅氏と「一路」のことになり、浅田次郎の時代小説「一路」に移り、「壬生義士伝」「帰郷」や氏の大量の作品、多彩な経歴のことなど。私はいま新聞に連載中の小説「おもかげ」の挿絵(井筒啓之)の「白」のことをしゃべったりした。

浅草寺の仲見世通りを歩き、本堂に形ばかりのお詣りをした。

       
       駒形橋近くの隅田川畔から。左のビルはアサヒビールタワー ↑
       
              金龍山浅草寺本堂の賑わい ↑
         
             同じような格好で仲見世通りを歩いた ↑

  

⦿マイムの佐々木さんと渋谷で 2/25
ハチ公前で落ち合い、駅近くの焼鳥屋街と言えそうな路地を歩き探し、佐々木さんが、ふと見上げた焼鳥屋が空いていたので、ふらりと入った。6時というのに辺りはもう満席の店が多かった。階段を登らなければならないから空いていたのかもしれない。従業員は4人とも日本人ではなさそうだった。ま、リーズナブルで、旨かった。みなよく働いていた。国際化とかでこうなるのだろうが、いいことのよう。
佐々木さんは途中から焼酎サワー、Mさんはジンジャーエール、私はビールと日本酒。

氏のマイム公演の予定を教えてもらった。
4月はスタジオ公演、5月はベテラン4人(佐々木博康、米山ママコ(芸名は別)、清水きよしともう1人)による合同公演(武蔵野市)、6月は恒例の江戸東京博物館公演と忙しい。

氏はいま「音」を探しているという。ある「音」―音楽のような・歌のような・効果音のような―がぴったり来ると、自然に体が動き出すという。TV番組「日曜美術館」のBGMは番組と合っていていいという。自分にピッタリ合う音、それを探し当てたいと。

⦿月例雑談会 銀座7丁目ライオン2階で  2/27
大橋さんのヨガは片足立ち1分はできるという。また、膝が直角に曲がるまで上げる足踏みやスキップも続けているという。
そこからヨガ教室を開いていた丸の内朝飯会の小泉さんのこと。彼は「碩塾」もやっていて大橋さんも私も講師をやったこと。故野口さんのこと、第1234回記念パーティから参加したこと(1990年11月。因みに私は同年1月に初参加)。故海野さんのこと、私たち2人とも彼の親友高尾利数教授を紹介されたことも分かった。

トイレの言い方を列挙した―便所、厠、雪隠、手洗い、憚り、手水場、東司、ご不浄。
京女の立ち小便。豚便所。排泄物の大切さ。
江戸時代から農家は金肥の1つとして下肥も使用し、時代が下ると逆に汲み取り農家に金を払って処理してもらうように変化してきたこと。
ビールを飲みながら! 肥桶を担いだ私の戦後体験も。天秤棒で風呂の貰い水をしたり―バケツ2個を前後に、バランスをとって歩くにはコツがいる―。

牛馬の話。京に馬はいつから現れたか。牛車はあったが、馬車はない。日本の馬は騎馬民族がもたらしたのか。騎馬隊は東国から攻め上ってきたか。戦後も蹄鉄屋があったがいまは? Mさんはふいごを見たことがないという。

言葉のこと。方言と標準語。井上ひさしの「国語元年」のこと。九州地方は鼻濁音が苦手という。「か」と「くぁ」のちがい。故三木首相は外国をグヮイコクと発音するなど「くぁ」連発。東西アクセントのちがい。網野善彦の東と西の歴史のこと。大野晋の、糸魚川構造線を想像させる言語境界図のこと。ヘボン式ローマ字つづりの見事なこと。標準語はいまではNHK語か。

氏は若いとき百人一首を完全に暗記し、文語文法はそこからも学べたという。私は口語文法しか習わなかったこと、百人一首を憶えなかったこと―代わりに教育勅語と歴代天皇の名を暗記させられたり―がいまも悔しい。

氏がMさんに、スマホで「郭務悰(かくむそう)」を検索してみてと言ったので、検索したところ、マッカーサーとして出てきた!?
氏は古事記、日本書紀などを学んでいる。そこでいろいろ教えてもらった。私はまるで知らないことだった。

翌日、ネットで見ると、なるほど「白村江の戦いの戦後処理交渉のため、唐の百済より来日した官人で、マッカーサーのような人」、とあった。「…唐軍はほぼ無抵抗で太宰府に入京し、倭国を占拠し、筑紫都督府を建てる。マッカーサーの進駐軍のようなものです」とも。

                              おわり
             TOPへ戻る