17-02-18(2017年 第10号)  
⦿シネマ歌舞伎「女殺油地獄」 2/16 東劇
「月イチ歌舞伎」の第8作が「阿古屋」で今回が9作目だが、私はこれが2回目。ほとんど見ていないから、もちろん「通」ではないし、歌舞伎好きとも言えない。しかし、オペラ映画にはまっているので、その延長で歌舞伎も、と思って見るのだが、今回の女殺し…は、全幕固定カメラで、ときどきアップや横に動く―花道があるから―だけで、おまけは何もない。
たしかに、見たことにはなるが映画にしただけの歌舞伎。で、仁左衛門がどうの、という気にならなくなってしまった。
玉三郎の「阿古屋」は「METオペラ」に倣ったか、舞台裏の動きとか稽古の様子など、普通は見られないおまけがいろいろあってよかったが、こちらは付加価値ゼロ。
見どころの、油でつるつる滑る場所での長い殺しの場面は、たしかにすばらしいが、今回の「シネマ歌舞伎」に限って言えば「METオペラ」とはちがう。2匹目のどじょうを狙ったとすれば大はずれ。
あらすじや役者、その演技(言う資格なし)などは省略。文楽で見てみたいなんて欲もないではないが、ほどほどにしないと―。

⦿映画「人生フルーツ」 2/17 ポレポレ座 東中野
見終わってからこの題名を何度か口にすると、これがいいと思えてくる。「人生フルーツ」なのである。Life is fruity.よりいいでしょう。最初は評判がよくなかったらしい。それも分かるような、妙味あるタイトルと言えようか。

いい人生がある。90歳と87歳の夫婦が美しい顔を見せる。自然がつくり上げたようだ。
  

ナレーター・樹木希林の声が上のほうから聞こえてくる。天から風に乗って…
「風が吹けば、枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。こつこつ、ゆっくり。人生、フルーツ」。

津端修一さんは、東大ヨット部主将もやった建築家で、戦後創設された住宅公団に入社。多摩平団地、阿佐ヶ谷住宅などを手掛け、伊勢湾台風の被災地に高台移転のプロジェクトが持ち上がったとき設計を任された経歴を持つ。環境に配慮したその計画は、高度成長時期にぶつかり、蒲鉾型大量住宅に変えられてしまった。

氏はその団地の一画に300坪の土地を買って住むことにする。いまでは雑木林に大木が茂り、さくらんぼその他がたわわに実る。畑には70種の野菜と50種の果実。

英子夫人の存在が2人を引き立てる。細やかな心遣い。優しさ。互いに優れた人間性を発揮し合って輝いた。
落ちた枯葉を集め、撒き、あるいは堆肥をつくる。身を伸ばしたり屈んだりして、せっせと働く。よく食べる。それらの姿がみんないい。  
考えと実行と。哲学と行動と。時をためて―ここが肝要。ほかにもいい言葉がいっぱい出てくる。

鳥たちも自然体―夫婦にあやかって、とくに主張しないで存在する。小鳥の水場の水も自然に思える。
          
↓ 鳩が止まっている水盤と、ラストシーンの水面
  

或る日、草取りのあと昼寝して、目が覚めなかった。映画はその死に顔を写す。死の直前に依頼された仕事を引き受けていたので、撮影は死後のその工事も取り込んだ。「人生最後のよい仕事」と言っていたのは精神科施設の設計だった。

TVを見たり本を読んだりしてご存知の方も多いのだろうが、その日の映画館は満席で、補助椅子でも足りず、通路の段差に座布団を敷いて見た人も多かった。

               「春ですよ」とある

一緒に見たSさんとMさんと3人で近くの新大久保の通称国際通りを歩いた。アジア諸国や韓国料理店などが多い地区として有名。
こぎれいな店で豚肉のセット料理を食べた。目の前で丁寧に焼いてくれた。少量多種の小鉢もいっぱい。旨かった。ぶらぶら歩いてから新宿歌舞伎町もふらついた。

前日は東京駅八重洲口の景観に初めてお目にかかった。高いビルは、歩道でのけぞってようやく頂上が見えた。横も長すぎて写真にならない。慣れないせいか、全体に好きでない造りと景色。                              おわり
     ↓ 歌舞伎町入口             ↓ 東京駅八重洲口(ネット検索)
   

                TOPへ戻る