17-02-14(2017年 第 9号) 
⦿N響第1856回定期公演 2/11 NHKホール
本邦初演が2曲あったからか、FMで生中継したよう。3曲目はシベリウスの2番。
最初はベルトという作曲家の7分の小曲で、弦楽オーケストラと打楽器(シンバル、ヴィブラホーン、ベル、トライアングル、タムタム、大太鼓etc.)という編成。私は悪くもないが良くもないといった程度の理解に終わった。
次のアコーディオン曲は、長身痩躯の女性が大型アコを抱えて登場した。小編成のオケだったが、初めアコはよく聴きとれなかった。しかし、次第に聴こえるようになった。アンコールがかかった。
シベリウスの2番は、パーボ・ヤルヴィの派手とも見える大きい振り方でラストは大音響。「N響の弦楽器」と言いたい音。各パートも存分に実力を発揮した(と思う)。

帰り道、3楽章に現われたきれいなメロディが音痴の口からこぼれた。N響の生演奏にしびれたほぼ満月の夜。

⦿民芸公演「野の花ものがたり」 2/12 サザンシアター  
「民藝の仲間」新聞を借り少し補筆すると「鳥取の総合病院に内科医として勤務していた徳丸進は、そこを出て町なかに小さなホスピス(ベッド数19)をつくった。野の花が好きだったので野の花診療所と名づけた。
売り文句は"23時間あらゆる患者(がん以外でも)に対応します!" …患者の望むことは何でもしてあげる、そんな場所にしたいと願った。
人の死は終着駅なのか、死は悪者なのか、あってはいけないものなのか…、患者とその家族(夫婦・親子・兄妹など)に寄り添い試行錯誤を続ける徳丸医師。今日もさまざまな病気とそれぞれの思いを抱いた入所者がやってくる…」。

徳丸医師はゆっくりしゃべる。やさしい言葉で生と死を考え、伝え、素朴な医師を演じる。上手くないハーモニカを吹くと観客席から小さい笑い。
看護師たちのさりげない言葉によっても患者は何かを掴み、納得し、死を生の中に見、取り入れようとする。結論も覚りもない。最後はさすが、盛り上がった。

主人公役のモデル徳永進は岩波の「図書」にエッセーを連載していた。「どちらであっても」と題し、2015年12月まで2年間続いた好読み物。最終回は「言葉と⊖言葉」。その前には「開と閉」「コミュニケーションとディスコミュニケーション」「Aと非A」「満ちると欠ける」「流行と不易」「鬼手と仏心」など。なるほど「どちらであっても」含蓄あるテーマが巧みに選ばれていた。

なお、最前列には視覚障碍者の方が何人もいた。そのブログを検索したらこうあった。
「視覚障害者の場合「バリアフリー観劇」と言えば、障害者手帳の提示により、割引料金―、付き添い―、それ以上の人数での来場でも晴眼者を含め割引料金―となります。点字パンフレットは―円で販売します(要予約、墨字と同内容同価格)。盲導犬同伴の際は事前にご連絡下さい」。

     *****    *****    *****   *****    *****
⦿晩酌
クボマンこと久保田万太郎の句に「湯豆腐やいのちのはてのうすあかり」がある(漢字・かな遣い不正確)。晩酌のとき、テーブルに湯豆腐がなくても、ときどき現われるのがこの句。
「命の果ての薄明り」をぼんやり・いろいろ想像する。
命の奥のほうの薄明かりかなぁ、命のもっと先の薄明かりかなぁ、生の終わりの薄明かりかなぁ、などと。

私の晩酌は、毎晩ということでは自慢できるが、飲む量は恥ずかしいほど少ない。そのために自分が「小者」と思うくらいだ。毎晩のその小者の1時間、何をぼんやりしているのだろう。

明日から数日間のスケジュールが頭に入っていないことを嘆く。
その日の曜日に自信がないことがある。その日、薬を飲んだかどうかも覚束ない。

「こんにゃく」の漢字が思い出せない。こんはお手上げだが、にゃくはたしか「弱」に似た字で、それに草かんむりだったかななどと考える。大体、生まれてこの方書いたことがあるかなぁ。自分をこんにゃく人間と言ったらヘンか。

昔、金子兜太が、私に「この字を何と読む」と、ゆっくり、たしか「山梔子」と書いてみせたことがある。私が答えると、意外そうに「フーン」と言った。私のほうは、金子兜太でも、いま知ったばかりらしい字があることを「へーエ」とおもしろがった記憶がある。

しかし、この些細なことを昔どこかに書いたかもしれない。そう思うと猛烈に恥ずかしくなる。古い記憶が不確かに思えてくることがあるとは、怖い。

脳みそ細胞がどんどん減っていくのが見える。ユタ州の砂岩が少しずつ崩れていくように(高さ200m。新聞写真を見て妙景を知っただけ)、また、砂時計の砂が正確に別世界に移行するように、脳細胞の消滅現場がはっきり見える…。
老いは痴呆=ボケに向かっていく。病気ではない。例外はないはず。

或る夜FMで「クラシックの迷宮」をのんびり聴いていた。才人で学者で実力者の片山杜秀の意識的な早口を楽しむ。「漱石と音楽」のテーマで最初に聴かせてくれたクラシックが宝生流の「高砂」とは憎い…。ケーベル先生についての漱石のエッセーとケーベル作曲の歌曲。次いで広瀬量平の「夢十夜」。とうとう、林光のオペラ「吾輩は猫である」や映画「心」のテーマ曲に移ったのも、憎いほどの素晴らしさ。

飲んだら寝ると決めている。晩酌は遅いほどいい。

⦿こんな日も

  交響曲第4番第1楽章第1テーマ

交響曲第4番第1楽章展開部モチーフ

交響曲第4番第2楽章テーマ

夕茜もいい色だが、明けの茜色もいい。つくづくいい色だと、遠く見ながら確かめる朝がある、自分がいる。
桜樹の枝に引っかかって取れないビニール袋。同情は枝にか、袋にか。
薄青空に不定形に横並びする白雲に見惚れる刻。我慢比べ。
冬の満月の明るさに声が出てしまった。
星の数が数えられない―浪漫が邪魔をして。

  老いも良し普通も良しと毎夜飲む

  読めぬのに楽符に見入る日もありて

  干し竿に紐吊って観る全天象

                              おわり
             TOPへ戻る