17-02-10(2017年 第 8号) 
⦿映画「沈黙」 2/6 新宿ピカデリー
遠藤周作の同名の小説にほぼ沿って、「タクシードライバー」などの監督スコセッシが、28年間も練り上げて映画化した新作、という触れ込み。

信長時代とちがい、秀吉以降の切支丹禁制時代の、中でも激しい長崎方面の「隠れキリシタン狩り」を中心に置き、私に言わせれば、「キリスト教」の謎=教理と、形のない「信仰」に死を賭す人間とを描いた映画。

拷問と踏み絵による棄教=改宗を迫るだけでなく、神父には、穴吊りという拷問に苦しむ5人の「鼾」のような唸り声が聞こえる中での「信者の救命」か「信仰貫徹」かの選択だからたまらない。思い出すと震える。涙が出る。

おかしいことに私は日本映画だと思っていた。黒沢作品群の次に位置するほどの名画と思った。そして、アメリカ映画と知ると、そんなことはどうでもいいと思うようになっていた。今更ながらに言えば、国境など簡単に超える映画芸術のすばらしさ。

しかし、一刀のもとに首を切られ、血だらけの首が地面を転がるシーンや、踏み絵を踏まなかった信者が菰にくるまれたまま、次々に海に投げ込まれるシーンなどは、日本人監督ではなかなか写せないかな、などと甘く!?考えてしまった。

ほとんど違和感なし。長崎・五島辺りの隠れキリシタン迫害の歴史映画と言ってもいいほど日本的。風景も私は日本のどこか、セットとしても日本にありそうなところと思った。練れているとはそういうこと。

どんなシーンも美しい、と言いたいほどの映像美。極く自然に、当然のように「日本」の光景が出てくる―台湾ロケが主とか―これはおどろき。それだけでも見る価値があると言いたいほど。
例えば、海岸の十字架に縛り付けられ、満潮になると激しい波に繰り返し襲われ、長くても4日で死ぬ拷問と、それを見続ける隠れ信者たち―。塚本晋也と笈田ヨシの熱演に私も気合いが入ったか、息が荒くなった。
それらを含め全体がテンポよく進み、ぐいぐい引き込まれる。練れているというのはそういうことも。

日本は泥池、沼地だからキリスト教は根付かないという神父の結論・割り切り・棄教の論理は、信仰の自由を保証されているいまの日本にも当て嵌まるだろうか。いま現在、キリスト教は日本に根付いているか、茎が伸び繁殖しているか。そんなこと問題にならないほど当然のコトか。

そもそもの原作小説が非常にドラマティックである。棄教し、日本名を持ち日本人妻を持ち、反キリスト教の本まで書かされているほどにも変貌=別人になっている、かつての師を尋ねて密入国するというストーリーからして、よく出来ている。

「赦す」神でもあるから、若いキチジローのように、何度も罪を犯し、密告し神父を逮捕させるほどのことをしながらも(役人の前では軽いノリで信者の前で踏み絵する場面もある)後悔し、牢でまた一緒になると、神父に繰り返し告解を乞うような存在を登場させるストーリーも、キリスト教の痛いところ! を衝いているのではなかろうか。イエスの代理人であるカトリックの法王下の神父は、すべてに答えなくてはならない。

信者の、尊いと言っていい殉教を描きながら、死を怖れる弱い信者をも描くのだから仕事は大きい。
キチジローの弱さは、信者でない観衆にとっては「人間らしさ」ととるだろうが、信者からはどうなんだろう。弱い信者? 信者の弱さ? キリスト教の多面性? それとも人間一般の一面?

イッセー尾形の演技がまた大きい見どころ。彼の一人芝居とは、考える演技ということだろう。ここでは、その考えに考えて作り上げた演技の暢達ぶりとでも言うか、隙のない=余裕ある高級悪者ぶりが見事、というほかない。気のせいか、彼の場面はたっぷり時間をかけて写していた。そうしたのも監督の力か。

外国人―という言い方がヘンか―3人の神父の人間性の現わし方、その演技もよかった。極限状況の中で、キリスト教の「信」のうえに「論」のほうも受け持つのだから、その論を説得的に論じ(演技す)るわけだから、むずかしかったはず。悩み・苦しむところを正確に身体で表現するところ、とりわけ眼で演技せざるを得ないシーンがあるから、演技力が試される。私は上手いと思った。監督とは大したものだと思った。

本格的な映画、ホンモノの映画と言いたい。映画史に残るのではなかろうか。「必見」と勧めたい映画。

神の「沈黙」については、私は分からない。お手上げ、と白状しておこう。

    +++++    +++++    +++++    +++++    +++++

⦿汐留あたりのビル群 2/8
かつてのあの汐留の辺りが大きくが変貌した。そういう地帯はほかにもたくさんあるから特別のことではない。私は新しい東京をただぶらついている。
狭いところに高いビルが幾つもある。雑然としている。1つ1つはおもしろい点もあるが、全体としては全然美しくない。
あっちもこっちも見上げるから首が音を立てる。写真を撮っても何にもならない。少しは考えるとしても、撮影は止めるかもしれない。
     
    高架を走るのはゆりかもめ ↑     ↑ 電通本社 近くのビルが映っている
                              

⦿オペラ映画「ナブッコ」 2/9 新宿ピカデリー
見るたび、どのオペラもサイコーと思ってしまう。今までで1番いいと、見るたびに思う不思議さ―他愛ないお調子者。安っぽい感激屋。
歌と音楽のよさをたっぷり楽しみ、同時に演技や大道具などの装置や演出なども楽しむ。そして比較し、オペラ芸術という(一部世界の)伝統の力を確かめる。普遍性も考える。
今回のナブッコは、厚さと力強さが初めから終わりまで続くオペラだと思った。特徴は人物が一斉に登場する場面の多い、つまり合唱の多いことが一つ。そしてなんといっても一流の歌い手を揃えたことだろう。

帰宅し手持ちのCDを聴いたら(指揮:シノーポリ)、その日のナブッコのほうが圧倒的に良かった。

まず、始まりのバスの声量がおどろくほど豊かでびっくりする。
何回かある大合唱がちがう。絵になる舞台とでも言おうか。勢ぞろいした70人か80人の配置の美しさ。
なにしろ有名な合唱「想いよ金の翼に乗って行け」は、その場でアンコールしたのだからたまげた、うれしくなった(指揮:ジェイムス・レヴァイン)。

ソプラノがちがう。伸びやかな高音の途中に挟まれるやや低い短音のテクニック(音楽用語を知らないのでこんな言い方しか―)。

同じテノール(イズマエレ役)でも声はちがう。高音の輝きが金属の粒のつながりのような―悪く言えばキンキンしているほどの―美声。

超ベテランのプラシド・ドミンゴも衰えていない―最後には身体をうつぶせに投げ出した形で長く歌うのだから。

これだけの歌い手を揃えるMETの力。舞台装置も豪華堅牢! コーラスも、繰り返すが、多人数なのにまったく乱れない。

時代は旧約聖書にある「バビロンの捕囚」のころの、新バビロニアの暴君的王ナブッコがエルサレムに侵攻するところから―。王女、奴隷の女、恋敵、改宗、王位争いなどがある。詳細省略(知らない)。

神殿に火をつけ炎上するシーンは、歌舞伎の派手な演出を思った。ナブッコが、自分はもう王ではなく神だと叫ぶと雷が落ち倒れるシーンもそう。大芝居というところか。

一緒に観たMさんはメールにいろいろ書いてくれたが、終わりはナブッコ役ドミンゴと指揮者レヴァインとの内容ある会話のことだった。
「…それにあのドミンゴとレヴァインのインタビューが良かった。あのような言葉が出てくることが素晴らしいと感激。やはり器が違いますねぇ、さすがでした。
音楽の世界に指をちょっと突っ込んでいる私としては大いに刺激を受けました。考えることが山ほど・海ほど・空ほどたくさんあり、頭の中が大混乱です!」  
                                  おわり
               TOPへ戻る