17-02-05(2017年 第 7号)    
⦿映画「未来を花束にして」 2/2 日比谷シャンテ 
原題は「サフラジェット」。女性参政権論者または参政権拡張論者または闘争的女性参政権活動家とか。この日本語命名は、久しぶりに戦後の外国映画華やかなりし時代の議論を思い起こさせる。本作品も考えに考えたり、か。

いい映画。とてもいいと言っていい。正攻法で、率直で、目配り十分、そして、細部の描写まで行き届いている。当時の時代背景・環境を、大小巧みに織り交ぜたシーンが続く。政治活動と労働と家庭・親子関係との各面を併せ、スムーズに進めていく技量も立派―えらそうに言うが。ついでに言えば、英国の実力みたいなものに気付かされた。

劣悪な環境の洗濯工場で低賃金で働かされている母親(夫も同じ職場)が、同じ職場の活動家の誘いで集会に出ることにする。ひょんなことから公聴会で証言するが、そのときの台詞がいい。しかし、議会で取り上げることはなかった。彼女は巻き込まれるように、しかし自らも考えを深めていく。艱難辛苦というような目に遭う。警官の暴力は激しい。スパイ役に誘われたりもする。夫と子どもとの葛藤、対抗する側の行動も激しい。脇役のメリル・ストリープも存在感を示し言葉もいい。
世の中を変えた歴史、その経緯が重く光る。ラストに近い競馬場のシーンは目を覆うほどの迫力。ラストシーンのデモ行進は昔のフィルムを使用した。新聞などの映画評もいいものが多い。

⦿高校同期3人会 2/3 
O・Oさんとの雑談会。まずはトランプの奇妙な政治「技術」と、優るとも劣らない安倍首相の政治「技術」が話題になった。
日米関係に朝貢外交という言葉を見ておどろいたり。

大統領制の韓国の分かりにくさ、中国の主席も大統領制みたいなものか、独裁制に近いと言えるか言えないか―問題が大きくなりすぎた。中韓に対して私たち世代は蔑視の残滓があるか、ということなど。

情報源がテレビと新聞ぐらいでは上辺だけの判断になってしまう。識見のある論者の納得できる分析がほしいところと。

それにしても、うろうろかおろおろかその両方かの日本の政治家のコメントは読むに耐えない。そんなことから、いまの政治って、つまらねえなあ、テレビも新聞もおもしろくねえなあ、いや、反対だよ、考えようでは、おもしれえよと、まったく勝手なおしゃべり。楽しいものだ。

トランプの不思議さから、支持層のことになり、プアホワイトというが、教育の偏りなどがあって、中には本当に無知無学な人がいるよう。一方のエリート層もさまざまで、クリントン王朝!?―夫婦で大統領―はついにできなかったと冷かしたり…。合衆(州)国分析も迫力がなかったかも。

それら情報源の新聞は、広告が増えたようだという話しから、それはネットショッピングのせいだとなり―味噌汁の広告に1ページものがあったとか―先日私が豊洲へ遊びに行ったとき、車窓から見た幾つもの大きい建物は物流施設かもしれないと話した。メーカーから大卸、仲卸などを経ないで配送するから流通費の浮いた分を広告に回せるんではないか。
たまたまその日の新聞に「大型物流施設は建設ラッシュが続く。首都圏だけで2020年まで年平均、東京ドーム20個分が供給される」とあったのを紹介(2/3 日経)。そのためにロボットが活躍。そして、AIの進展の早さ―囲碁・将棋は言うに及ばず―その多機能ぶりと応用範囲拡大から、これからの方向―配送関係だけでなく、例えば、新型の武器としてのドローンや無人攻撃機のボタン戦争―なども話題に上がってきた。

千葉から来てくれたOは、地域の生涯学習の学習や機関誌づくりを続けており、4月からは視覚障碍者の川柳講座の講師を務めることになったが、巻頭エッセーで「文明の進歩について」を書き、AIにも触れていた。

大学教授だったOは、闘病中だが、勉めて歩くことにしているということで、土産を背負ってやってきてくれた次第。

私は前日見た映画「未来を花束に」と数日前の「揺れる大地」を紹介したり、苗字がないから女王というのか、三笠宮の孫の彬子氏のエッセーに出てきた「出雲」から、出雲・壱岐・対馬への旅行計画をしゃべったりした。

2人はいろいろ持ってきてくれた。ビールはヱビスを半ダース、食べるほうは栃木名物の「しもつかれ」から珍味のこのわた、チーズ、サラミなど。
私は前日奮発して三越で買ってきたローストビーフ、野菜春巻き、酢豚と、直前に買ったスーパーの刺身、自作のこんにゃく煮、がんもどき煮を提供。豪勢と褒められ、にんまり。

3時間は早かった。今月21日にまた同窓会で会うということもあり、3人会の次回は4月後半となった。

⦿銀ぶらとショー・ウインドー 2/2
カメラを買った。適当に選んだのが「オリンパスE10 MARKⅡ」。持ち運びの楽な小型デジカメ。スマホよりよく写るのではないかと考えて。付属品を入れて10万円強。
これは初シャッター。テストみたいなもの。これから少しはマシなものを!?
  

    

上左は銀座大通り。左奥は銀座三越。日本人はあまり歩いていない。右上2枚はショー・ウインドー。いま銀座はショー・ウインドーが面白くなっているよう。             おわり
                                
             TOPへ戻る