17-01-31(2017年 第 6号)    
⦿映画「揺れる大地」 1/26 武蔵野館 新宿
大分昔に見ていて、印象的なシーンや雰囲気は記憶にあるが、ストーリーが分かっていないので、いつかまた見ようと思っていた。チャンスがやってきたの思い。

シチリア島の小さい漁村の風景。実景そのままの良さ。大勢の人が動いている遠景・近景、議論・喧嘩の真剣さ、漁の様子、セリの様子、仲買人との駆け引き、家並みと路地、石造りの家の修理の悠長なテンポ―歌が付きもの―、嵐の中岩礁の上で待つ家族の立ち姿など。

内景では、家族の多い一家の貧しい暮らしぶりの細部をあくまでもリアルに。起きて直ぐ「女・子ども」がすること、漁師たちが戻って顔を洗い着替える様子、尻に接ぎの当たったズボンと粗衣、ベッドで幼児に読み聞かせる娘の憧れ・夢、時間を持て余す警察署長が窓から娘を金品で誘惑する手管、病気の祖父が寝るときに発する声、仲買人が落ちぶれ失業し職を求める主人公を嘲笑する長々しいシーンなど。

ヴィスコンティのこだわりの、貧しいなりに凝った画面の美しさ。恋人同士が逃げ・追う岩場、酔っぱらった男たちが歌い奏でながら踊り歩く形など、多彩なシーンが幾つも幾つも。こたえられない。

シチリア独特の「世間」―地形と建物と人間関係。イブ・モンタン主演の映画「掟」はコルシカ島の海岸の町が舞台だったが、共通する地と光と人間―(共演ジーナ・ロロブリジーダ、マストロヤンニ)。
この2作品とも、日本とは別種類の「世間」で、分かりっこないと思ってしまうほど。

そして、搾取は続くどこまでも…と歌うしかないような結末。
イタリア・ネオリアリズモは「自転車泥棒」「無防備都市」とこの傑作を生んだ。

20世紀の、特に真ん中あたりの(映画)歴史は、知らない若い人に伝えたいもの。
見て良かったと言いたくなる映画だった。
                              以下はネット検索
概 要
タイトルはLa terra trema.episodio del mare.―「揺れる大地 海の挿話」。
1948イタリア映画。監督ルキノ・ヴィスコンティモノクロ160分。


シチリア島
の漁村を舞台に、漁民一家のたどる辛苦の日々をドキュメンタリータッチで描いたネオ・レアリズモの代表的作品。全篇がシチリアの漁村トレッツァで撮影され、出演者は全員シチリア島に住む素人で、台詞も全てシチリア方言。
ヴェネツィア国際映画祭国際賞受賞。また、1952英国映画協会が発表した「映画史上最高の作品ベストテン・映画批評家が選ぶベストテン」で第9位にランキング。


「海の挿話」という副題がついているのは、本作が当初は共産党の製作によるシチリアの労働者についてのドキュメンタリー3部作の第一弾となる予定だったから。他の2作は製作されなかった。

ストーリー
シチリアの小さな漁村トレッツァ。ヴァラストロ家の長男ウントーニは、常日頃漁師たちが仲買人の不当な搾取下にあって貧乏に甘んじていることに我慢できず、ある日の仲買人たちとの喧嘩をきっかけに、独立自営の漁を始めることにする。
家を抵当に入れ銀行から融資をうけ、漁船を調達し、順調にスタート、カタクチイワシの大漁で一家には希望が満ちあふれる。

ウントーニは恋人ネッダとの愛を育む。一方、長女マーラに思いを寄せる左官のニコラにとって彼女は高嶺の花になってしまう。

ある日、嵐が襲い漁に出た一家は命からがら岸に戻るが、漁船は壊れ、漁具を失い、たちまちにして失業者となってしまう。仲間たちの誰も働かせてくれない。塩漬けにしたイワシの樽は二足三文で仲買人に買い叩かれ、家は銀行に差し押えられる。

ネッダに去られたウントーニは毎晩酒に溺れ、次女ルチアは警察所長の愛人となる。弟のコーラは密輸商人となり、祖父は病気で入院、一家はあばら屋に引っ越す。

仲買人の新造船進水式の日、人手に渡った一家の船を見に行ったウントーニは、そこで少女ローザに励まされ、弟のヴァンニ、幼いアルフィオと共に、再び仲買人の船に乗りこんで、漁に出る決心をする。


⦿N響定期 1/28 NHKホール
2番目の曲はフサの「プラハ1968年のための音楽」。初めて聴く曲。大編成の曲。
オケであれほどたくさんの楽器が派手な音を出す曲はそれほど多くないのではないか。大音響が好きだからうれしくなった。テューブラーベル、マリンバ、ヴィヴラホーン、シロフォン、シンバル3種―サスペンデッドシンバルなんていう知らない楽器も―、トライアングル、タムタム、トムトムなどまでが出場! 指揮:下野竜也。
この指揮者も聴くのは初めて。1曲目は空振りがあるような棒かと思ったが、2曲目は見事な指揮だった、と思う。

後半はブラームスのヴァイオリン協奏曲。私には平凡で迫力もなかった感じ。

一緒に聴いたMさんがひと言、メールに書いてきたので紹介―。
「前半の曲はどちらも知らないし、自分からは聴こうとしない曲だったかもしれないけれど、こうして定期公演だと、そんな曲も含めて色々体験できるから面白いです。何だかすごい曲でした。どちらも曲想としてはminorで暗かったですが、ときに、ずしんと強烈に体に響くものを感じました。何も知らずに聴きましたが、解説を読んで、そういう背景があったのかと知りました」。

⦿マイム公演 1/29 日本マイム研究所
   

最後は佐々木さんの独演で「存在と無」。    ↑  →
「存在と無」とは…サルトルの哲学論を思わせるタイトル。難しいと思ってしまう。私の頭では「存在の無」または「無の存在」となってしまうようで、存在と無ではない。「と」でなければ考える意味はないのかもしれないが…そんなことを考えながら見た。

研究生たちの創作や佐々木氏作の「影」「夢うつつ」「美術館守衛退職の日」「都会の片隅で」などがテンポよく演じられた。宮沢賢治の詩の朗読をバックにした「原体剣舞連」は独特。

一緒に観たMさんがひと言、メールに書いてきたので紹介―。
「佐々木さんのマイム、からだの動きにキレがありますね。全体の動きがとても美しいと思います。あのお年でもすごい! 長年の積み重ね、そして普段から色々考え勉強なさっていらっしゃることがわかります。取り上げる音楽にも佐々木さんが表われていると思いました。マスコミには取り上げられなくても、彼はマイムだけでなく、素晴らしい人だと思います」。

     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇
新聞遊び
☆「しっぺ返し」―「若さと元気ばかり追い求めていると、ある日、突然しっぺ返しを食うことになるかもしれない…」。そう、しっぺ返しという言葉があった。大いに自戒の要。佐藤愛子のエッセイにあると「1/30 余録 毎日」に。

☆「在りし、在らまほしかりし三島由紀夫」―高橋睦郎の本のタイトル。
新聞の書評で蜂飼耳(詩人・作家)は、著者・高橋は三島の最晩年の6年ほどを身近に接し「三島こそは人生で出会った『最重要の他者』となり「その死から現在に至るまで…三島と作品について考え続けてきた」と紹介、そこから高橋は「三島に詩人の傾向を見て取り、『いわゆる詩というかたちにおいてではなく、散文というかたちではじめて発揚する詩性の持ち主』で、「何を書いても『全部黄金になってしまう』美文の文体…」と言っているところを引用する。見事な表現(と引用)ではなかろうか(1/29 朝日)。

本書を読んでいないので、これ以上は何を言う資格もないが、三島の美文、というより、確かな表現に感心したある本の「解説」を簡単に紹介したい。

ドナルド・キーンは三島と交流があり、三島没後45年の昨年、新聞の対談で三島のことを「私にとって最後の小説家であり、劇作家、評論家でした。特別な人でした」と語っている。また、63年、ノーベル文学賞委員会から日本人作家の評価を求められたとき「現在の日本の文壇で一番優れている」と答えている(2015-11-25 毎日夕刊)。

氏は太宰治の「斜陽」に対しても評価が高い。一方、三島の太宰嫌いは有名である。しかし、というか、三島はキーンの「日本の文学」の解説の中で太宰にも触れているのである。
まず、というか、先に、三島は啄木についてのキーンの所説を評価する。
「(キーン氏が)この評判の『民衆詩人』の貴族的な好みに触れて」いて、「それがこの一見孤立した詩人を日本文学史の正統な流れの上に置くのである…」。その上で最後に、太宰の「斜陽」についてこう書く。「あのハイカラで絶望的な小説『斜陽』を、氏が『最も日本的なる小説』と呼ぶのと同じ視点である」。

この文章に対し、解釈はいろいろあろうが、私は視点が鋭く、表現がじつに巧みだと思う(分かりにくくて申し訳ないが、キーンが太宰を「自ら貴族階級に近い階級の一員云々」と書いていることを踏まえている)。

横道に入るが、ここでなお一つ紹介したいのが、この解説の始まりのところ―
「キーン氏の『日本の文学』は、詩人の魂を以て書かれた日本文学入門で、学問的に精細な類書はこれ以後に出ることはあっても、これ以上に美しい本が出ることは、ちょっと考えられない。…キーン氏は深海に潜り、気圧の暴威に悩まされながら、ついに深海魚の幾匹かを漁って(すなど)、しかも地表へ出ればたちまち変色する筈のその鮮烈な色彩を、見事に保ってみせたのである」。

これは高橋の言う三島の「美文」に入るかもしれない。本の解説までが「黄金の美文」になっている!?

☆回文(「ひかり埃のきみ」福田尚代著。書評池澤夏樹) 1/30 毎日
見出しは「美術 詩 エッセー 全体が回文」。 
「誰かが逃がした 誰かが隠したのだ 綺羅か言葉 詩はどこから来たのだ 詩句が書かれた 確かに書かれた」が回文になっている。長いのは331字もあるという。「罪の血は蜂の蜜」「嘘さ嘘 にがい恋が尼僧誘う」「果てしない明日 愛なしでは」も(濁音などは制約外)。

☆大臣の言い間違えと国会演説  1/27、1/28、1/30 朝日 毎日
読み間違えかもしれないが、きつ目の批判にさらされている。云々をでんでんと発音したという。かつて未曾有をみぞゆうと読んだ大臣もいたから、朝日川柳では「でんでんとみぞゆう並ぶ最前列」となってしまう。「かたえくぼ」では「『訂正でんでん』 新種ですか? ―生物学者」となる。
毎日の「週間漢字」では「云々」「連声」「陰陽師」を取り上げ、本来はうんうんをうんぬんと、因縁もいんえんから、陰陽師もおんようじから、などと解説、花を添えた!?

国会をからかっても空しいこのごろ、論説委員が本会議の議場の雰囲気を確かめた。「演説では、旧民主党政権時代を含む民進党への批判が目立ち、そのたびに自民党が沸いた。…野党からは工夫のない野次が飛び、揚げ句の果てに『なげえなあ、ふああ』とあくび交じりのようなため息が漏れて、周囲から失笑が起きた。旧民主党政権批判はもういいだろう。首相が語らなくても、国民は分かっている。そんなことよりも…」。

☆タッチ厳禁 1/30
「音楽大学などの教育現場で…タッチ厳禁、レッスンで学生に触ってはいけないのである」「セクハラなどは論外だが、これでは何も教えられないという嘆きを…頻繁に耳にする」「身体が『警戒モード』に入っていると、絶対にいい音は出せない」周囲の人と打ち解けて初めていい音楽は生まれる」そして結語は「身体排除に伴う人間関係の非人間化は音楽教育にまで入り込み始めている」(岡田暁生 毎日夕刊)。

☆脱原発署名運動 1/29
駅の連絡通路に中年の男が立っていた。寒そうだ。近寄って署名し、チラシを受け取ろうとしたら、手がかじかんで掴めないという。私が自分で1枚取った。「原発事故処理費用を電気料金に上乗せするな!」とある。下のほうに「毎週金曜日、行こう! 首相官邸前・国会前金曜行動」とあった。段々暖かくなる。行ってみたい(脱原発かわさき市民)。

週刊エコノミストの広告には「電気代は税金となった」とある。「廃炉費8兆円に根拠なし」とも(2/7日 特大号)。
加えて、日米安保の見直しかトランプの「取引」次第で軍事費・基地費用その他が膨大に膨らむ可能性が高くなっている。

また、福島第一原発2号機の溶融燃料取り出しは「仮に取り出せたとしても、どこに運び出すか、誰がどう保管するかも決まっていません。半永久的に放射線を出すため、息の長い管理が必要です」(1/31 毎日)。

「暗闇に浮かぶ原子炉下の醜塊。廃炉の行方も見えぬまま各地で再稼働。いまだ安全神話のアンダーコントロール」(1/31 素粒子 朝日)。

これらのかさばる金高。若者の将来を老人はどこまで想像でき、寄り添う(流行語か)ことができるだろう。私も同情するようになった。

☆「米軍オスプレイ イエメンで破壊」「激しい着陸」(1/31 毎日夕刊)。内容省略。このニュース、現在、他紙になし。                       おわり
                TOPへ戻る