17-01-25(2017年 第 5号)   
⦿雑談会(その1) 1/21  野田岩銀座店
気がついたら毎月3つの3人雑談会があった!
O・Mさんと、Y・Mさんと、O・Oさんとの月例雑談会。そう言えば、先ごろ来宅された丸の内朝飯会の2組も各2名だから、3人雑談会だった…。

今回はY・Mさんとの3人雑談会。「野田岩」銀座店で鰻を食べた。
それぞれが大きさのちがう鰻重を注文。Yさんが梅、Mさんが菊、私が萩、順をつければ中小大。
味はさっぱり系か。前回の「きくかわ」のほうがこってりか。私は濃い味のほうが好きのよう。値段は有名老舗だからこちらのほうが高い。

YさんがMさんに、府中でピアノを弾いたそうだけど、美術館もあるんですか、そこに青木繁の「逝く春」があるんですかと訊く。彼女がその場で検索すると4点あった。
そこから「府中の森芸術劇場」のこと、府中の森の広いこと、野外彫刻もあることなど。
さらに、青木繁の「逝く春」(福田たねと合作か)のこと。愛人福田たねのこと、福田蘭堂のこと。布良海岸のこと。高階秀彌は評論家だが学者だねなど。

蕪村の句「ゆく春やおもたき琵琶の抱き心」のこと。一休の愛人・森女は琵琶(鼓?)と歌で門付けしていたこと。「行く春や鳥啼き魚の目は涙」は芭蕉。行く春と逝く春。

彼は読書家だから、次々に出てくる。
志村ふくみの「緋の舟」を読んだ話。彼女は大したもの。色のことばかりでなく多方面に詳しい人、高齢にも関わらず外国にも出かけていく行動の人。

そこから女性の、例えば 野上弥生子(「真知子」「迷路」)、宮本百合子「伸子」、杉本苑子の小説(私はどれも読んでいない)、石牟礼道子、白洲正子のことなど。そして能の話へ。

能は庶民のもの、祭りのものだったのに、その後なぜ庶民の文化として浸透しなくなったか? 観阿弥、世阿弥、能=猿楽見物と義教暗殺(嘉吉の乱)、善阿弥と義政のこと。河原者や当時の男色世界のこと。

私はいま応仁の乱について少し読んでいるので、室町時代の文化―日本のルネッサンス説―を少し。連歌、茶道―利休、一休サロンなど。

次はドナルド・キーンへ。ストレート(素直、率直)で優しさ(広い視野、包容力)を持ち合わせている研究者。三島、太宰、啄木についての肯定的評価など。
彼はキーンには能などの日本の文化についての詳しい著述もあるので早く読みたいが、あちこち寄り道していてなかなかたどり着けないと語る。

最近のものでは浅田次郎、佐伯泰英のこと、「惜檪荘」改築の話など。

場所を変え、お茶でもと、近くの喫茶店へ移り、彼はコーヒーだったが、私はチョコレートケーキとまたビール。Mさんは紅茶とショートケーキ。彼はMさんに「食べっぷりがよかったねぇ」と。
そして、彼は飯能名物の「四里餅」と柚子のジャムを2人にくれたのだった。近くの山持ち、大富豪の話、森林の話、日本の林業のこと。

来月は駒形の「どぜう」でもと言って別れた。

⦿雑談会(その2) 1/23 7丁目ライオン
3つの雑談会の2つが一日おきに―。その日はOさんとMさんと。
定席の1階が2月一杯、改装工事のため使えず2階個室へ。

注文を聞きに来たアジア系従業員のことから、外国人労働者が増えたこと、みな日本語がうまいこと(私のマンション修繕にも若い作業員がいて、話しかけて分かったこと)。

Mさんが、前回話題になった左利きのための楽器や左利きの音楽家のことをネットで検索し、その大部のコピーを持参。「丸の内朝飯会だより」最近号のコピーもOさんと私にくれた。一昨日の雑談会のYさんに渡す府中市美術館関連資料のコピーは私に託した。

丸の内朝飯会と言えば、メンバーの世良さんが亡くなったので、その思い出、特にOさんと一緒した函館大沼、久慈旅行のことなど。

Oさんはブルガリア旅行を、気温が低いので中止したとのことだった。それほど寒い国とは知らなかった。
そして氏の毎日が忙しいこと。運動や地元の文化講座など。呼吸法のこと。特に吐くことが大事、禅もそうだという。グループの勉強会では現在話題の天皇の問題をリポートする予定の由。次回の楽しみ。

1/20の奈良学文化講座に3人とも参加していたのでその話(「稲城だより」第4号参照)。
Oさんはあまり面白くなかったと。水のこと、古事記の神々のこと、八大龍王(これはMさんがその場で検索)、摩利支天(これも検索)のこと。

私は旅不足が問題で、出来れば、出雲と大和政権と朝鮮との関係が知りたくて、出雲から壱岐、対馬へ行きたいこと、もう一つは行っていない唯一の県・沖縄へ行きたいと話す。特に基地で軍用機の轟音を聞きたいと。
氏はいずれにも行っていて、特に沖縄について教えてもらった。基地のほか、洞窟、鍾乳洞、お墓(亀甲墓)を見るといいなど。

歴史の年号の覚え方のこと。私がたまたま1517年、宗教改革と言ったら、氏はクラーナハ展を観た話からクラーナハがルターと親しかったこと、それにビックリしたと。私はそれを知らなかった。
ルターは、付き合っていたクラーナハのヌードをどう思っていたか、プロテスタントにはイエスの裸が描かれるが、ヌード絵はあるかという話に飛んだり!?(ルネッサンス期の宗教画と言うべきか)。柔らかい話もあるのである。
そこから日本のヌードはどうだったか?日本の裸は春画からか? 春画は芸術とは言えないのではないか。春画の傍ら芸術作品も描いたということかetc.。

氏の話は広くて深いからとてもついていけず、私はもっぱら聞き役。
「宇治拾遺物語」も「今昔物語」も読んでいないので教えてもらう。中世史については、私も網野善彦の本を少し読んでいて、2人とも評価が高かった。終わりのほうは天皇制と現天皇のこと。トランプもシンゾーも、メディアのうろうろも出てこなかった。

Oさんは3杯、私は4杯の黒生。いい気分になった。
来月は場所を変えて会おうということでお開き。

Mさんと私はその足で近くの沖縄事務所に行き、初旅だからと言っていろいろ教えてもらい、大量の資料・バンフをもらってきた。係の女性に「米軍機の轟音を聞きに…」と言ったら笑っていた。東村の観光ガイドマップもあった。


どちらも、とりとめのない雑談と言っていいだろうが(相手に失礼か)、毎回私は大いに学ぶことができ、しかも楽しいのでうれしい。老いてしゃべることの良さ、大切さ。 おわり
             TOPへ戻る