17-01-22(2017年 第 4号)  
⦿「ゆりかもめ」で豊洲へ 1/19  
散歩遊びというか、東京の新しい景観と若い人を見たくて、豊洲へ行った。
豊洲なんて聞いたこともない地名だったが、一昨年秋に転居してから、一度行ってみるか、と思っていた。20年以上前の東京しか知らないので、その間の大変貌の一端を、その新しさを見たかった。若い人がいると聞いたので、それもひとつの理由。

主として庭めぐりの自称「都心の自然」とは別に「都内の新自然」というか「東京の非自然?」というか、その風景を見て歩く試み。
大それた言いようが恥ずかしいが、ともあれ、行ってみよう、と。また、盛り場に多い若い人でない普通の若い人、特に若い女を見たかった。

まずは「ゆりかもめ」の先頭車の最先端に立ってスマホで撮った。↓

    右側はすれ違ったゆりかもめ          ビルの設計はさまざま
  
      運河が幾つもある              橋もいくつもある
  

ゆりかもめが新橋を出ると、すぐに林立する高層ビルが見える。見渡すというより、見上げっぱなしといったほうがいい。昔のイメージとちがう晴海の先の新しい光景。

ニューヨークの摩天楼は見たことがないが、六本木や新宿、丸の内の高層・巨大ビルは見ている(目に入ってしまう)。どこも似てきた印象。あの凸凹は「新」資本主義、土地私有、格差の現われだろう。お台場海浜公園、有明、市場前駅などを経て豊洲となる。

豊洲にも「都市計画」はなかっただろう。しかし、広さ、その余裕は分かる。有利な点だ。
新しい点は、ビジネス地区であり居住地区であることだろう。
若い女たちが乳母車を押していた。専業主婦が多いか。そして、昼どきには流行らしい真っ黒いスーツの男たちが一時路上に溢れた。男女とも食事どころに行列していた。家に帰って昼食をとるほどの時間・習慣は日本にはまだない。

勝手な想像だが、これら超高層マンション群に住む人を分類してみた。
A―子どもがいて子育てをしている若夫婦一家(妻は専業主婦が多いか)。
B―夫婦どちらかの親と同居し面倒を見ているが、マンション代は親が支払っている(退職後の爺さんが背中を丸くして散歩したり、ベンチにで所在なさそうにしていた)。
C―職住接近で勤務先の近くに一家で住むことにした。
D
―都心に出るにも便利だし、地価が比較的安かったことから新興居住地を選んだ。

運河対岸の高層マンションは満艦飾。壮観だった。おむつがないのが新鮮さか。ふとんは高齢者との同居を現わしているか。

50階ぐらいありそうな―数えられないのだ―タワーマンションの1つは、上の階から入居=販売したらしく、下層の10階ほどは未完成。ベランダがあったから住居だろうが、販売がストップしたかと勘繰った。

商店は大型店が揃っている。「ららぽーと豊洲」という大規模ショッピングセンターがあって(本館と別館)、紀伊國屋書店、くまざわ書店、ユニクロ、マツモトキヨシ、大型スーパーあおき、東急ハンズ。何とかホームセンターなどが入っている、
全体に便利だが、歩くとなればずいぶんな距離。広すぎて生活者の日常的移動はたいへんだろう。買い物ばかりでなく通園・通学もある。

あちらこちらに公共の空きスペースとか広場・空地がある。若い樹が植えられている。街路樹も育っている。ドッグランがある―私はドッグレース場と勘違いした。飼犬の遊び場で、どおってことはないが、飼い主としては助かるのだろう。

大企業もたくさんある。詳しくは知らないが、目だったのはユニシスやIHIの高層自社ビル。

たった1回の「素通り」でごちゃごちゃ言うのは失礼極まりないから、これでストップ。内実などはじかに住人から話を聞かなければなるまい。観光地ではないし、マーケットリサーチでもないから、これ以上知る必要があるのかとも思う。また、住むのに「いい」ところかどうかの肝心な点についても当然ながら私には判断できない。

となると、新景観、新自然=非自然? の魅力とは何か。超高層ビル・超高層マンションをただ眺めて、それが何になるの、となる。建築の意味、必然性、計画性の有無、総じて箱モノの将来が問題となろう。老朽マンション、空家団地、ついには廃墟まで。
ここから考えたい。それには若い人を知ることがポイントではないか。だから、いつまで続くか分からないが、景観を眺め見聞を広げたい。同年の天皇がよく動いているし…。
正月ということからか大言壮語になった!!

付け焼刃に加えると、映画「沈黙」のスコセッシ監督が言っている。「今社会で一番危険にさらされるのは若い世代の皆さん。勝者が歴史を勝ち取っていくということしか知らない。それはとても危ないことだと思う」(1/20 朝日)。
最後に―築地のあとの市場については、言うことなし。すでに「市場」という駅がある。その辺りの設備を車窓から見下ろしたが、車の往来も少なく、立っている警備員の姿がちらほら程度。移行しないとなれば膨大な損失にちがいはない。

ついでに買い物。ホームセンターでバスポンプ(東急ハンズにはなかった)、紀伊國屋書店で「街道をゆく」3冊(三省堂有楽町店にはなかった)。

⦿奈良学文化講座「『水』への祈り―神話世界の『水』と大和の龍神信仰」  1/20
                                 読売ホール
Oさんに紹介してもらいハガキで申し込み初めて参加。「歴史の歩き方講座」が京都中心とすればこれは奈良中心。
講演は2人。「始まりの水と水の力―『古事記』を読む」(三浦祐之)、「密教の宝を護る龍王」(網代裕康)。

三浦講師は「口語訳古事記」により角川学芸賞を受けた古事記専門学者。レジュメは「A 世界の始まりと水」「B 浄化する水の力」「C 繋ぐ水、隔てる水」。なるほどと納得した。おもしろかった。

古事記冒頭の池澤夏樹の訳は「天と地が初めて開けた時、高天の原に生まれたのは、…の3名の神たちであった」に対し三浦氏の訳は「天と地とがはじめて姿を見せた、その時に高天の原に成り出た神の御名は、アメノミナカヌシ、つぎにタカミムスヒ、つぎにカムムスヒが成り出た」である。こちらも読みたくなる訳。それに続く文もどちらもいい訳。

網代講師は室生寺の教務執事。前管長の娘婿で副住職でもある。室生寺と水との関わり、室生寺の内緒話!?や如意宝珠のことをおもしろく話された。

⦿「THE BIG ISSUE」 VOL.303 2017-1-15 
ホームレスたちが作り発行している雑誌。街頭で売っているのを見つけると買うようにしている。内容はいい。今号のスペシャルインタビューはキャリー・マリガン(映画「未来を花束にして」の紹介もある)。また、「こうのとりゆりかごが見つめた10年」の事実は重い。池内了の「市民科学 メガネ⑤」もおもしろい。結論部分にこうある。
「地球から5光年のところに光速の半分で飛べるロケットを発明した高度な文明宇宙人がいるとしよう。10年で到達するからやってくる可能性はある。では宇宙戦争が始まるか。いや、私たちより高度に発達しているから、彼らには「戦争」は死語になっています(要旨)。そして(本文)、「彼らが地球に来て戦争を続けている私たちを見ると、馬鹿らしくなって瞬間に飛び去ってしまうでしょう。これが、宇宙人が来ていないもう一つの理由なのです」。痛快。

⦿漱石の岩崎男爵(邸)評など
旧岩崎邸を見物したことを第1(1/12付)に書いたところ、朝日新聞連載中の「…猫」の解説に、「漱石は富豪が嫌いだった。178(1/19)で『今の世でいうと岩崎男爵のような顔をするんですとさ』『ただ大きな顔をするんでしょう』という皮肉めいた表現…」小説「野分」にも文学士の男が『岩崎の塀か冷酷に聳えている。あの塀へ頭をぶつけて壊してやろうかと思う』箇所があり、漱石の思いがにじむ」とあった。私より大胆に批評していたということか!? また、めくっていたら「野分」には「岩崎の塀を三度周るといい散歩になる。ハハハハ」という箇所もあった。

司馬遼太郎「街道をゆく37」の「本郷界隈」の中に「岩崎邸」があり、詳しい。
「…猫」の同じ場面と台詞も出てくるが、建物についても書いている。「本館にはどの部屋にもマントルピースがあり、ほうぼうにステンドグラスがある」。トイレをわが国最初の水洗便所かもしれないと紹介したり、「地下道は、大きなパーティが開かれるときなど、使用人が駆けまわるためのもの」だという。また、戦後の占領下、接収され、中央情報局の出先機関が置かれ、キャノン機関とよばれ、そのキャノン中佐は「ピストルで庭木に弾を射ちこむのが趣味だったようで、いまも弾痕が残っているらしい」と。そして結語は「この邸は明治国家の勃興を見、その没落も見、敗戦後の荒みまで見たのである」と、すごい!

なお、本書の最後の3章は「漱石と田舎」「車中」「三四郎池」で、それぞれすこぶるおもしろい。また「一葉」の章には、漱石の長兄が、一葉を貰ったらどうかといわれ、貰いそこねたという話も紹介されていた。

⦿読者のお便り(第3号)
①川瀬巴水の「荒川の月」について
「いいいですねぇ。風情があります。ありがとうございました」。

②シネマ歌舞伎「阿古屋」について
「…玉三郎が、どのような役作りへの自分自身の精進を、そして同演者や役者を支える人々への気配りをしていたかなど、舞台だけからは伝わらない事柄を 映像は提供するこれらはシネマオペラと並び、たいへん優れたコンテンツ提供法と感じます。 

玉三郎の阿古屋はすごい演技だったと思い起こします。迫真の琴、三味線、胡弓の演奏と併せ、その面持ちの美しさは、余人を以て代えられない(少なくとも、今日までは)女形の至宝のように思いました。小生、歌舞伎にも縁遠く、女形最高峰と言われた中村歌右衛門は観ていないのですが」。                       おわり
              TOPへ戻る