17-01-18(2017年 第 3号)  
⦿すみだ北斎美術館開館記念展「北斎の帰還―幻の絵巻と名品コレクション」 1/11
ネット検索すると、その混雑ぶりばかりが並んでいる。開館初の企画展だから、慣れないし、予想以上の来客だろうし、無理もなかろうが、あまりのアリサマに、ろくに見ないで出てきた。ナサケナイ。で、内容にはノータッチ。
   目玉の「隅田川両岸景色図巻」(肉筆画の長大な絵巻物の最終場面) ↓ チラシから
      
念のため加えると、上の画像の初めの部分はネット検索でみられる。拡大もできるから細部の描写などは、そのほうがよほどよく見られる。

⦿川瀬巴水展 1/15 立川高島屋
ここも混んでいて、ひとの後ろからついていくと時間がかかるばかり。ここは宣伝上手が過ぎたか招待券のバラまきが過ぎたか―Mさんは入場券売り場の近くで、見知らぬ人からチケットをもらったからタダ。因みに、私は高島屋カードを持っていたのでシニアの半額400円―いずれにしても実力以上の!?客寄せ。
で、空いている! 作品を選んで急ぎ足でその前に立って見る、ということを繰り返した。順不同で飛び飛びに見ることになるのが癪だが、絵を前にして立ち話をしているご婦人の後ろで待っているのはストレスが溜まってよくない。しかも、額と額(杉の急造安?額縁が幾つも)の間が15センチ程度だから、どの壁も裏表ともびっしりの感。

さて作品だが、いいところは省略して!悪口を言うと、外人向き名所案内、浅い抒情、同工異曲、勢い・迫力とは無縁、晩年は筆の運びが重そう、訴えるものなしと、まったくひどいことになる。
初めて見るので予備知識ゼロ。私の放言。失礼の段、ご容赦を。
 
しかし一方、プラス評価の土俵に乗れば、北斎・広重に匹敵するとまで評価する海外人気と同じ鑑賞もできるかもしれない。
ともあれ、人気の木版画家巴水(1883~1957)の作品が年代順に揃えられ、たくさんあった。
大正7年の「塩原おかね路」から始まり「旅みやげ第一集」「東京十二題」「旅みやげ第二集」「日本風景選集」「東京二十景」などなど。
懐かしかったのは「茨城キリスト教学園」の4点。丸の内朝飯会の故海野士郎さんのご厚意でその大学で講義をさせてもらったときに散歩した辺りの校舎や女子寮が描かれていた。
「信州木崎湖」は珍しくも水彩画だった。
                     荒川の月→

⦿シネマ歌舞伎「阿古屋」 
1/17 東劇
オペラ映画(METオペラ)の日本版「歌舞伎映画」と言ったところか。おもしろい。よくできていると思った。舞台裏の仕事、いろいろな仕事人の苦労ぶり、お稽古の様子、メイキャップ、舞台へ出る瞬間の緊張感まで収められている。歌舞伎は久しく見ていないので、例えばこの「阿古屋」で実際の舞台のことを知ることができた。玉三郎も初めて見た、というと語弊があるが、美空ひばりも原節子も映画で見て知っているだけだから、同じと言えば同じ。実際を見る楽しみが増えたとは言えるが。そう、実際の歌舞伎が見たくなった。帰りに歌舞伎座の前を通りかかったので、一幕ものでいいから見ようと思ったくらい。次回の「女殺油地獄」も見る気になっている。

ネットで検索した紹介文とあらすじを以下に転載させていただく。
「高度な技術、表現力、美しさが必要なことから、演じられる人間が極めて少ない演目『阿古屋』。日本を代表する女方 坂東玉三郎が阿古屋を演じ多くの観客を魅了した公演が、シネマ歌舞伎作品としてスクリーンに登場。
『阿古屋』は通称「琴責め」とも言われ、琴・三味線・胡弓の三曲を阿古屋自ら演奏するという趣向が眼目の演目です。3つの楽器の弾き分けをはじめ、傾城の気品や色気、景清を想う心理描写も表現しなければならず、女方屈指の大役と言われる阿古屋。
今回は舞台映像だけでなく、舞台裏で『阿古屋』という作品を支える人々の様子をとらえた特別映像もたっぷり収録。最高級の遊女である傾城の華やかな衣裳に楽器の演奏と、視覚的にも聴覚的にもお楽しみいただけます。
絢爛豪華な舞台を映画館の大スクリーンでご堪能ください。

あらすじ
平家滅亡後、鎌倉の源氏方に追われる平家の武将・景清の行方詮議のため引き立てられた、恋人阿古屋。景清の居場所を知らぬと述べる阿古屋に、代官・重忠は心に偽りがあれば演奏の音色が乱れるはずだとして、琴・三味線・胡弓の三曲を演奏させる。しかし、阿古屋は乱れの無い見事な演奏を披露し、解放されるのであった」。

⦿友人・学者から論文をいただく
 1/11
毎年のことだが、若いときからの友人Oさんが大学教授になり、正月に前年の論文抜き刷りを送ってくれる。

今年は「『新体詩歌』による『詩』の流域拡大―明治期における『文学』の形成過程をめぐる国民国家論(13)」(鈴鹿大学)と「『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』メモ(1)・灰田をめぐつて―村上春樹・小説論ノート2」(京都外国語大学)の2論文。

前者はいつ読むか、大体、私に読めるのか、まるで自信がない。後者はおもしろそうだが―少しかじったところ―精緻でしかも多方面・他作品に及ぶ論考だから、簡単にはいかない。対象作を読み返すチャンスはなさそうだし、2/24日には新作の発売を控え、行列してでも買おうと思っているので、失礼ながら、いつ読み通せるか目下不明。
それにしても、言うも恥ずかしいが、学者はよく勉強するものだ。目配りを利かせ、深く広く、論理を大切に、思考を積み重ねていく。尊敬してしまう。   
⦿丸の内朝飯会新年第1回例会 1/13(金)         (阿部は欠席)

      
         丸の内朝飯会新年第1回例会記念   カメラ 市原実 

⦿在りし日の世良光さん
(丸の内朝飯会。2016年12月31日午後1時―日本時間11日午前6時、アメリカワシントン州、ベルビュー市で逝去)

「リブリ」(大沼で本を読む会)の合同読書会(丸の内朝飯会の有志参加)の久慈旅行 ↓
       読書会のあとの宴会風景                   2007年5月25日
   

「リブリ」の大沼例会に東京から丸の内朝飯会有志が参加し、一緒に本を読みおしゃべりする集いが年1回、3年ほど続いたか。世良さんも毎回参加してくださり、大沼プリンスホテルや森少年の家(通称ネイパル森)などで大いに笑いおしゃべりした。そのうちの1回が久慈旅行だった。

おだやかで謙虚、しかも、明晰で鋭いから、ユーモアの中から知的な話がぱっと出てくる。聞き上手は話上手のお手本。左上は見るからに優しい紳士、右は聞き上手ぶりか。
素敵な方だった。 
      ------  ------  ------   ------   ------   ------

⦿大江健三郎の記事・ニュースがない。心配でたまらない。「重大ニュース」などを聞かされたらショック。どなたか近況ご存知の方、いらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。彼の意見を聞きたいときです。一緒に考えさせてもらいたいときです。

⦿旨いものを食うほうに欲が移ってきたらしい。食べる楽しみなんて、昔はなかった、考えなかった。豚のバラ肉もデパートで買うようになった。高い高いと言いながらブルーチーズを買う。加島屋の鮭はどうして旨いのか考えながら食べる。昆布の佃煮は小倉屋になってしまう。いただきものの漬物・佃煮などに旨いものがあると大いに喜ぶ。激辛好きで、やげん堀の辛味漬、インドのピクルス、熊本のにんにく唐がらしなどは必備品。いい卑しさという言葉はあるだろうか。         おわり
                                  
                TOPへ戻る