17-01-12(2017年 第 2号)    
⦿作並温泉  1/5~1/7 
女3人は札幌・函館から南下し、私は1人北上した。仙台駅で落ち合い、送迎バスに乗った。うち2人とは初対面。この温泉はみなさんともども初めて。
途中で雪になった。登るほどに雪景色が広がった。
「ゆづくしサロン一の坊」という大層な名前の旅館に2泊。「3つの源泉と8つのお風呂」がある。食事はバイキングと会席膳とがあり、第2夜は個室で「和食彩り会席料理」を食べた。

函館のホテルオーナーOさんと某大臣の子息夫人Sさんと札幌の旅行・温泉・食関係の雑誌編集者Yさんという強烈な布陣だったから、旅館のあれこれをいろいろ批判し、提案し、改善させ!(詳細省略) 快適に過ごすことができた。

Oさんは函館で知り合った古くからの友人。故木村画伯夫妻に紹介されて以来で、40年以上は経つ。SさんとYさんは、最近だが、私のホームページのコピーをOさんから回してもらって読んでいたという間柄。Oさんがその間接読者2人を誘ってくれ、4人で会おうとなったわけ。

昨秋の予約だったが、その時点でほぼ満室に近く、ツインルーム2室をとるのがやっと。女3人、男1人だから始末が悪い! 結局、ふとんを1組運んでもらい、1人はベッドでなく、それを床に敷いて寝ることになった。私は初日、広いほうの部屋に1人で寝、テラスの五右衛門風呂に2度入り、翌日は部屋を交換して1人で寝た。大浴場と露天風呂と合計4回温泉に浸った。

 広瀬川を見下ろす崖の石組みの露天風呂もよく 雪の山肌が迫るテラスの五右衛門風呂もいい↓
  
       
  
            鹿のぞきの寝湯(この2枚はブログからコピー)  
 
女3人が寄るとたしかににぎやか。いや、この仲良し3人はともに聞き上手で、雑談力に秀でてもいるから、静かでしかも笑いが交じり、4人での楽しいおしゃべりは尽きなかった。たっぷり聞き、私も少しはしゃべらされた。

名前の「サロン」は日帰り客の休憩場を兼ね、碁・将棋・マッサージ器などが備えられ、コーヒーなどの飲料は無料のようだった。そこでもおしゃべりした。

そして、宿泊代は全額Oさんにおごってもらってしまった。
                                 おわり
             TOPへ戻る