17-01-12(2017年 第 1号)  
⦿デトロイト美術館展 1/3 上野の森美術館 
撮影禁止ではなかったので額縁ごと写した写真を掲載させていただく。
  
             ↑ ご存知モジリアニとルノアール ↑ 
モジリアニは16年、17年、19年作の3点。ルノアールも3点あった。
まあ、よかったのはモジリアニの1点、ルノワールの2点、ゴッホの2点、ピカソ1点と、強いていえばクールベ1点か。二流品が多かった。

ダメなのはセザンヌ、マティス、ドガほか多数。乱暴な言い方だが、1600円という法外な入場料に対する腹立ちを含むので。

はじめ、女の裸のコレクションかと思った。そうではなかったが、入ってすぐはヌードが目立った。悪いことではないが。
    
    自画像 ゴッホ ↑ (絵葉書)   オワーズ川の岸辺、オーベールにて ゴッホ ↑

ゴッホは2点とも迫力で見せた。左上は見慣れた自画像の一つと言えようか。唇と耳の「赤」が強烈な迫力だった。右上は色調が珍しい感じを受けた。筆の流れるような動きがそのまま仕上げになっていて迫力十分。

この美術館がこの程度のレベルの展覧で入場料1600円も取るのは背伸びというか、経営者? の勘違い。撮影OKで入場者が水増しされるのを予想していたなら天晴れだが…。

カシャカシャと確かにうるさかった(私もその1人)。当然のように、作品の前に立って記念写真を撮る輩がいて、それが流行るとなればますます鑑賞の邪魔になる。一時的流行ならいいが、芸術鑑賞の「国民的」レベルがますます低下するだろう!! 

★上野の森と不忍池 1/3
自称「都心の自然」シリーズというほどのことはないが、上野の森美術館の前が清水観音堂で、近くには「博士王仁碑」がある。西欧人が沢山いた。また、観音堂からは不忍池弁天堂が見下ろせるが、私はそういう景色より木立や池の枯れハスを見ていたほうがいい。

       
         上野の森美術館の前の木立 ↑   不忍池の枯れ蓮 ↓
       

★旧岩崎邸庭園 1/3
余談からはじめると、今年最初の「がっかり」は前項の展覧会、次はこの庭園、そして、後尾の本も、だまされたとまでは言わないが「がっかり」もの。今年は幸先が悪い!

コンドル設計の堂々とした西洋館だが、要するに金をかけた住まいと思えばいいだろう。芸術的とか名所とかと思わないで、お金持ちの邸宅とだけ思えばいいのであった。現在見物するのはかつての敷地の一部だそうで、しかも、庭園は修理中だった。
内外の客を迎えるには確かに立派な建て方だと思った。昔の格差社会の現われ。そういうふうに考えたら褒めようがない。庶民のやっかみ。

同じ三菱系の重要文化財でも静嘉堂美術館はいい。中に国宝もあるが、まわりの自然もとてもいい。言っても詮方ないが。

この邸宅のよかったのは入口に向かう道の石組みだけか ↓
       

このあとまた不忍池近くをぶらついて、先日行ったばかりの寿司屋でMさんと遅い昼食とした。

★寿司屋で客とおしゃべり 1/3 金太楼寿司
寿司屋さんでの話。カウンターの隣席の熟年カップルがよく飲みよく食べていた。で、私がいきなり話しかけた。
「そちら、よく飲まれますねぇ」
「大好きなんですよ」
そして奥さん(多分)を指さし
「こういう美人がいるとお酒も美味しいからね」
すると奥さんが
「たまには飲まない日を、と言っても1年365日、毎日飲んでます」
で、私が
「同じですよ」
と答えた。奥さんは
「でも、そちらは酔っぱらわないからいいですよ、こちらは酔っぱらうと目がすわるんですから」
続けて
「この間は買ったばかりの、ほんの小さな仔犬を落としてしまったんですよ」
「犬を。なるほど、そうなればもう立派な飲兵衛ですよ」
と変におだてたら、私のことを
「上品な方ですね、品があります」
どちらも相手を持ち上げる飲兵衛だった! 私はビールとヒレ酒3杯。

★コートと肉の衝動買い 1/3 アメ横
飲み食いしてからまたぶらつき、アメ横に行った。初売りでにぎわっていた。いっぱい機嫌なので軽い財布の紐までがゆるんだ。

暖かい日だったのでジャケットを着ていた。通りすがりのコート屋の店主と目が合ったので
「このジャケットの上から着られる大きめのコートがほしいんだが」
すると
「ジャケットの上からだとこういうのになりますね」
と言って、地味なグレーのを出してきた。私が黙っていると
「うちは年配のお客さんが多いけど、大抵の人が『これはちょっとじじくさすぎる』と言い少し若めのを出すと『ちょっと派手すぎる』と言います」
そして
「だから、色は地味だけど、デザインにちょっと新しさを出してあります」
それを年配に勧めているという。私がなおも黙っていると
「ま、色はその人の好みだからこちらはなんとも言えないけどね」
するとMさんが
「自分が爺なのにじじくさいとか勝手なこと言うから大変ですよねぇ」
大胆な言葉で店主に同情した。ようやく私が
「やっぱりこれはじじくさい」
といって別の所に掛けてあった思い切り明るいベージュのコートを羽織ってみた。
店主に似合っていると言われ、しかも
「なんたって税込みで12000円だから安いしね」
と言われてあっさり買い、その場で着こんだ。

前に牛のすじ肉を買った店も混んでいた。その日はもう売り切れたというので、仕方なくアキレスを買った。違いも知らなかったが、どちらも煮込み用というので試しに2パック買ってみた。まだ使っていない。

その前に「酒悦」を見つけたので、7種の漬物・佃煮を買った。スーパーより旨いと思う。隣りの鈴本演芸場は満席で入れなかった。

⦿「日本史のなぞ―なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか」大澤真幸著 
この本についてはここであっさり片付けることにする。
「革命とは、社会の根本的な変革が、当の社会のメンバーによって意図的に引き起こされること」「つまり、基本的な社会構造の変化をともなうような、内発的で意図的な社会変動」と定義される。新石器革命とか産業革命は除外され、宗教改革は「一種の革命」とされる。

日本はどうか。戦後の民主化、明治維新、大化の改新はいずれも外圧への反応だからと除外される。
革命的な人物として、信長と秀吉と家康が挙げられるが、3人の「合わせ一本」でも革命にはならないと外される。後醍醐天皇も足利尊氏も除外。

そこに唯一の革命家、北条泰時を出してくる。そして、この山本七平の説を受けて論を進めることになる。泰時を出すために条件を絞った、都合のいい革命論とも思えた。

ともあれ、革命が起きる。
承久の乱は、①天皇と朝廷との初の全面内戦だったこと、②戦後、天皇らを(仲恭天皇を廃し後鳥羽、順徳天皇を配流し、土御門は自発的に土佐へ=3上皇流罪)島流しにしたこと、六波羅探題を設置したこと、そして、③御成敗式目=貞永式目を定めたこと。
これにより泰時が唯一の成功した革命家とされる…。革命に値する社会構造、支配構造の転換があったとする。

ここで、さて、というか、はて、というか―私は、はて、のほうになってしまうのだが。
「泰時革命」のあとの肝心な、世の中がどのくらい変化したか(革命的変動)が、私には見えてこないのだ。

この武家政権によって初めて日本の「固有法」(輸入法でない)が制定されたが、適用されたのは御家人のみ、地頭職以下である。何が変わったのか、無知な私にはわからない。
西国にも浸透し、公家や寺社にも尊重され、一種の基本法のようなものになっていき、室町時代にも武家の法として効力を持ち続けた、とあるが、私はその程度なのかと思ってしまう。

革命後も天皇制は容認している。だから、天皇制と武家政権に触れなくては話にならない。
それについては、こう説明される。

天皇制は続いているが、泰時の行動は「天皇制なき天皇制」を体現している―こう漠然としたところでイメージ論になり―「将軍、執権が…天皇に準ずる超越的な権威を帯びるようになるのだ。得宗家(北条氏の家系)は、鎌倉幕府の内部の『皇室』(のようなもの)である」と来ると、また分からなくなる。

武家政権はその後も天皇へのあいまいな依存は断つことはなかったが、自律的な政府をもつことができた。武者の世への移行が完遂し、明治時代の幕開けまで続いた―。

とすると、武家政権が続いたのが唯一の革命による変化ということか。新しい説になるのだろうか…私の受け取り方が間違っているのだろうなぁ。

本書には「東の革命/西の革命」の章があり、中国の易姓革命や旧約の申命記改革や解釈者革命やイエスの運動などが出てくるが、改革とか活動とか言って、革命の説明ではないので迷わされる。そろそろチンプンカンプン…。

ケチをつければ、学者ではない、とはいうまい。いい本ではないと言おう。ぺダンティック、韜晦、牽強付会、無駄で無理筋の引用etc. 明恵上人が出、折口信夫が出、三島由紀夫、パスカルが出、ディドロが出、フランス革命は出ず、ロシア革命も出ない。

軽く笑って済ませばいいエンタメだったかもしれない。       おわり
           TOPへ戻る