16-12-31(2016年 第63号)    
これ、大みそかに書いている。
昨日今日とも快晴。部屋は暖房なしで暖かい。朝は「裸」で窓際に立って日光浴。
金子兜太は「落ち鮎のごと」ともいうが「去年今年男根ゆれて精おぼろ」もある。
静かな年末。毎年こうだったろうか。
川崎街道に車が少ない。南武線も本数が少ない。FM放送まで!?くだらない番組が続くのでラジオも聞かない。音なしの周囲。しかも夕刊がない。冷蔵庫には料理不要の買いだめ食料がいっぱい。そして気分は自由。もひとつ気がつけば本読みの環境が整っていること。

三が日も何の予定もない。独り暮らしの気ままさで好きなことをやれる。いまからもうその一環として自由満喫。朝風呂、昼酒、シンヤの酒宴。

このところ少しばかり本を読んでいる。読了の過去形もあり、現在進行形もあり、まとめていないが、ちょっとばかり書き留めておくことにする。

「いま、兜太は」(青木健編)
108句の自解のうち、22句は新しい「語り下ろし」。インタビューのタイトルは「わが俳句の原風景」。続く10人の寄稿が面白い。よく引用される「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」について、私がこの62号に「清澄庭園」にも青鮫が来ていたと書いたら、分からないという読者がいたので、インタビューの中から該当部分を引いて説明したりした。

「マラス」工藤律子著
今年の「開高健ノンフィクション賞」受賞作。ある雑誌から書評を頼まれ、著者のサイン入り本をいただいた。さっそく半分ほどを夢中で読んだ。これから後半に取り掛かるが、いまからいい作品としてお勧めできる。サブタイトル「暴力に支配される少年たち」。
まずは世界地図を広げ、中米3か国(グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス)とメキシコ、北米合衆国を眺め回してから(本書中に略図はある)。

「応仁の乱―戦国時代を生んだ大乱」呉座勇一著
歴史書で新書版なのに売れ行きがいいらしく、広告が目立つ。不思議というか奇妙な感じ。
「気鋭の学者が史上屈指の難テーマに敢然と挑んだ」(要旨)とあるが、大げさ。もしかして大衆・時代小説として人気の新刊「室町無頼」(垣根涼介著)の影響だろうか、まさかネ。

「テンペスト」(シェイクスピア 小田島雄志訳)
なんということもなく読んだ。シェイクスピアは読んだような読まないような…。芝居、映画、音楽、オペラ映画やCDまでもが混じっているからだろうか。
テンペストは平幹二朗主演の芝居を見ていた。小田島訳の全文を読んだのは初めて。
この物語をつづめて言えば「12年後の復讐は愛に昇華され」とでもなろうか。それを立体的にというか、劇的な劇に仕立て上げた荒業。見事というほかないだろう。
この小田島訳も評はいろいろあろうが、私は分かりやすく上手いものだと思った。

「ハムレット」の中の有名な「To be or not to be…」(第3幕第1場)の日本語訳は「日本語のために」(池澤夏樹個人編集 日本文学全集30)に出ている。坪内逍遥、木下順二、福田恒存、小田島雄志、松岡和子、岡田利規の各氏。
私はどれも気に入らない。だからおもしろい。
なお、この第30巻は2016年の名著に入れるべきだと思う。とんでもない名著!!!!

と言いながら急いで「戦争まで―歴史を決めた交渉と日本の失敗」(加藤陽子著)を入れておかないと―。

「本の紹介」として準備しているが、書き続けられるか分からないのが「沖縄文化論―忘れられた日本」と「日本の伝統」(どちらも岡本太郎著)。今年も来年も沖縄の年になりそう。
2016年はあと数時間で…
                謹 賀 新 年                                                           TOPへ戻る