アルバム   清 澄 庭 園   撮影:2016-12-26

   
  アオサギが1メール弱のところまで来た ↑     ↓ 鯉の体長は80センチくらいか
   
      前撮りか、着飾った2人が通りかかったのでホーズをとってもらって… 
     磯渡りの巨石 ↓        妙な木の幹と根 ↓     
     

   アルバム 清澄庭園  16-12-27(2016年 第62号)  

 
「石仏群」というがこれで「群」とは… ↑ (3猿は左の写真の部分拡大)    寒紅梅か ↑

金子兜太の新刊「いま、兜太は」(青木健編 岩波書店)の中に、「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」についての秘話がある。その梅は寒紅梅だという。で、パチリと1枚。
冬なのにこの庭にも青鮫が来ていた―。

清澄庭園を出て地下鉄「清澄白河」に向かっていたら、白杖の男が歩いていたので声をかけ、腕を貸し、駅まで一緒に歩いた。この辺りに詳しい人で、5年前までは微かに見えていたといい、庭のこともよく知っていた。駅までの道も案内してもらったようなもの。その間、ずっとおしゃべり。
途中の地下道の壁看板に大根と茄子の出っ張り絵!?が貼り付けられていたのを手で触ってもらった。彼は隣りの猫は知っていたが大根と茄子は知らなかったという。往きに見たとき私は本物かと思って触ってみたのでその話をした。笑っていたが、気持ちのいいおしゃべりだった。

都心の自然。各地の石と大泉水という池が良かったし、いい庭歩きだつた。

Mさんと永田町で分かれたが、その前に駅ナカで黒生を2杯飲んだ。     おわり
             TOPへ戻る