16-12-25(2016年 第61号)   
☆コピーを郵送した方への送り状を転載します。
起き抜けは体が固くて一体どうなってるんだと言いたいくらい全体がボキボキしていてまるでピノッキオ。手も足も胴体も木でできている。背中は1枚の板のよう。はじめはどの部分もかろうじて曲がるが、回したりねじったりはできない。痛いのを我慢して少しずつ伸ばしたり力を入れたりしているうちに何とか動くようになる。1時間かけてようやく生きた人体らしくなる。これもピノッキオに似ているか。ただし、脳のほうはいつまでたっても働かない。同封の60号は見たり聞いたり歩いたりの身辺雑記。師走です。2016-12-18 阿部審也

⦿職場同期とおしゃべり宴会(Mさん同席) 12/20 金太楼寿司・不忍
不忍池の近くの、下町大衆寿司屋といったところで、3人で。
        不忍池の枯蓮→
彼は奥さんが不調なので、掃除をしたり洗濯したりと家事を済ませてきた。えらいけれど大変でもある。私は家事はするが介護はしていないからラクなほうか。老いてどういう暮しになるかはまったく分からない。

それでも彼は「こういうふうにどんな話題でも遠慮なく何でも話せる相手はもういないから、元気で長生きしてよ」と言うから、こちらも同じ、長生きしようと答えた。先日も高校同期が「こういう機会を設けてくれてありがたい」と言ったので、こちらもだと答えた。60年、70年の親友付き合いはますます貴重。

好きな刺身と握りを別々に書いて注文した。彼は固いものがダメなのでとろや白身中心、私は逆なのでつぶタコこはだなど。彼女は何でも食べるほう。

前回みんなで読むことにした松本清張の岡倉天心の本のことからはじまって―出だしから読みにくくてくどいことでほぼ一致―それから清張のあれこれ―また、清張の天心きらいは強すぎるのではないかなど。そして彼は清張が「ああいうものをあんなに沢山書かないで、ドストエフスキーのようなもの(彼はドス…をほとんど読破している)をひとつ書いたらよかったのではないか?」と鋭いことを言う。そこから「カラマーゾフの兄弟」の話。

全体に文学論が多かったか。
彼は山仲間の時代小説好きの女性に紹介され、時代小説をたくさん読んだという。
帚木蓬生とか杉本苑子の歴史・時代小説などは私は無縁。山本周五郎、藤沢周平、池波正太郎などで少し共通。たまたま「帰郷」によって浅田次郎が大佛次郎賞をとったニュースが出たときだが、彼は「壬生義士伝」がよかったと言う。私はぽっぽや「鉄道員」の映画を見ただけ。時代小説をあまり読んでいない。最近では垣根涼介の「室町無頼」と池波の「応仁の乱」「北斎」くらいで、評判シリーズは読んでいない。

天心から黒田清輝へ移り、岸田劉生も出た。彼はいまほかに気になっているのは、志村ふくみの「緋の舟」とか―私は彼女の文庫本を1冊読んだだけ―三好達治の「諷詠十二月」とか。私はどちらも題名さえ知らなかった。

加藤周一の話も出た。彼は以前から加藤に対して好印象は持っていないが、私は好き。ついでに加藤の「夕陽妄語」から、私が金子兜太の「夕陽をなぜセキヨウと読む(ほと)洗う」の句を出したが、間違って「まら洗う」とやってしまった!!(帰宅して気がつき、ついでに 「舌は帆柱のけぞる吾子と夕陽ゆく」「鮭食う旅へ空の肛門となる夕陽」を見つけて楽しんだ)。

彼は最近山仲間と行った石神井公園がとても良かったという。かつて日銀の運動場だったところに、久しぶりに裏門から入ったら印象が変わっていたなどと。プールはなくなったがクラブハウスに入って懐かしかったと。近くに三宝池もあって、あの辺りは懐かしかったという。

また、彼は知り合いに「背中が丸くなった」と言われ、こんな歳になってまで、棘を刺さなくてもいいのにとか、床屋に行けば髪の毛を1本も減らさないようにと丁寧に気を遣ってくれるのでかえって気になるとか言って笑わせた。

それから今の政治―多くは語らず。日本はまだアメリカの属国になっている…。

新聞の話では、私に言われて朝日も読んだが、つまらないからまた日経に戻すことにしたという。私のほうもこの20数年読まないで来た日経をときどきは買って較べてみようと言った。

来年もまず1月後半に会おう、となった。

私がトイレに行っている間、彼はMさんに「だんだん年を取って、一戸建ての家を自分たちで維持していくことが大変になる」と言ったとか。
Mさんは、全体に彼の勉強ぶりに頭が下がる、脳が活発に働いているのが分かり刺激されたとメールしてきた。

池のほとりを歩き、上野駅近くで分かれ、私はアメ横でチョコレートと紅茶を買った。声を小さくして言うと、それからガード下の「昇龍」で餃子(Mさんはワンタン)を食べビールを飲んだのであった。

⦿月例雑談会 12/22 銀座7丁目ライオン
前半は芸術論が多かったか。
まず、大橋さんがMさんに話しかけた。清水和音と仲間たちのブランチ・コンサートを聴いて、左利き用の楽器はないのかという話になったので教えてもらいたいと。左手のためのピアノ曲がいろいろあることは知っているが、特に弦楽器は、左利きの人はどういうふうに奏するのだろう? 弦を左右逆に張ることになるのだろうか。もし、そうだとして、左利きが加わると隣り合わせた右利きの人と腕がぶつかってしまうかな? フルートが2人のときも間隔を開けないとぶつかる? 音の高低も穴を左右逆にするのだろうか? 楽器はすべて右利き用に作られている?

冗談半分だから笑い合ったが、私が左利きだから、子どもの頃の不自由な経験を少ししゃべった。親せきに左利きが多いので集まって食事するとき、左利きは別のテーブルに集められた。混じると右利きの人と箸がぶつかるからだ。また、鉛筆を削る切り出しナイフは左利きには刃が下になって使いづらかった。書くのと食べるのと、この2つは入学前に強制的に直された。テニス・ピンポンは、勝手が違うので相手に嫌われたなど(あとで「左義長」を左ぎっちょと思っていたことを思い出した)。

ハープはペダルが7本あるから足技が大変。エレクトーンはペダルが2オクターブ分もある。
パイプオルガンはプロテスタントの教会にもあったっけ、オルガンはあるけれど…。話題は仏教の御詠歌、声明、読経など宗教に付きものの音楽と儀式等に飛んだ

内田光子コンサートは彼女の弾き振りだったこと。大橋夫人が内田光子が好きで聴きに行った由。大分のトシだろうけれど、可愛らしい感じだったと。私も好きだが、モーツアルトのピアノ協奏曲はやや歌い過ぎではないかと―知ったかぶり。

映画では、その日新聞に出たミシェル・モルガンの死から、彼女の「落ちた偶像」「愛情の瞬間」「狂熱の孤独」などの懐かしい映画の話。
ヌーベルバーグの旗手と言われた大島渚の「日本の夜と霧」からフランクルの「夜と霧」、強制収容所のことから「手紙は覚えている」(私は見ていない)など。
アニメは「君の名は。」(これも私は見ていない)。そして「この世界の片隅で」(これは3人とも見ていた)は、好評・高評価。

昔の映画館のことでは、2本立て、3本立てで入れ替えなしだったこと。昔、私が夏のオールナイト映画を連夜見に行き、同じく毎夜見に来た女性に声をかけ、付き合いを始めたことをしゃべってしまった。

歌舞伎・文楽・新派など。「仮名手本忠臣蔵」の歌舞伎と文楽の違いなどから、先日の講演「曽根崎心中」のこと(3人とも聞いていた)。また、氏は井上ひさしの芝居を初演も再演も見ているが、私は再演を追いかけているところ。

ビッグデータ社会、ネット社会、監視社会。そしてAI(人工知能)はどこまで行くか。
新聞は日経も読んでいるというので、私も1部売りでなるべく読むことにしたいと思った。
後半は一転、私の希望で農業・農家の暮らしと農協のことを教えてもらったが、長くなるので省略。

⦿読者のお便り
いろいろ楽しい内容で、充実の日常がよく分かりました。
巽神社の狛犬。パロデイなのか。作者の意図は何だったのでしょうか。ユニークなことは間違いないと思いますが―いろいろ知りたいなあと感じています。藤田嗣治…、110点の作品とはすごいことですね。ますます話題になるでしょう。映画を見たくなりました。いろいろご紹介ありがとうございました。
                             おわり
                TOPへ戻る