16-12-17(2016年 第60号)  
⦿民芸公演「韓くにの白き太陽」 12/12 三越劇場
韓国をカラクニと読ませた。「白い」ではなく「白き」。「太陽」は白磁または白磁の存在または美を象徴するか。
現今の日韓問題がテーマではないが、日韓関係は常に問題としてあるだろう。

雑誌「白樺」の編集者だった宗悦は白磁に魅せられ民藝運動創始者となる(篠田三郎)。その彼の半生が描かれる。
日本統治下の朝鮮を訪れる宗悦。憲兵に主張を封じられそうになり抵抗する宗悦。民族博物館設立に奔走する宗悦。

夫人は歌手で、オペラのアリアを歌ったりして家計を助ける(中地美佐子)。訪問先の宿屋の女将は日本人の夫に先立たれたが、血のつながりのない子を育て頑張る(日色ともゑ)。韓国語が飛び交う。朝鮮に移住した浅川兄弟はリヤカーで日用陶器を集める。

3.1独立運動があり関東大震災と朝鮮人虐殺がある。

沖縄も出てくる。私は沖縄にも韓国にも行ったことがない。行けない気がする―よく分からずよく考えないままに。戦争が引っかかっているのはたしかだが。

⦿27年振り友人とおしゃべり宴会 12/13
駅で待っていた。すぐわかった。高級ラム酒をもらった。早速飲む。旨い。ウイスキーの話になる。彼が余市のニッカ工場へ行ったときのことになる。歩いて近づき、あたりの雰囲気と見えてきた工場の姿がよかった…北海道旅行のことになる。19歳の彼は駅に寝るなど、ほとんど無銭旅行で22日かけて一周したという。次は韓国へ。15日間歩いたという。どちらも大体が徒歩旅行。私の「水際の旅」と共通する。

彼の計算によると丸の内朝飯会の海野さんの紹介で銀座ウエストで初対面。その後もう1回会ったが、以後は文通だけ。会うのは27年ぶり、もう52才です。おお、25歳だった彼。

彼はいま大磯で早朝仲間と地引網を引き魚を市場に出し、残りを分けたりした後、新橋の会社に出勤している。遅刻したことはないという。

ビールを飲み、日本酒も飲むことになった。

彼は雑誌「さとうきび」の編集者でもある。最新の第9号のほか、バックナンバーも持ってきてくれた。座談会の写真には2冊の本「それでも日本人は戦争を選んだ」加藤陽子と「戦争中の暮しの記録」花森安治の表紙が並ぶ。食料切符の写真もあり、中見出しには「サッカリン、ズルチンの味」とも。

「週刊読書人」の最新号も持ってきた。以前彼はコラムに連載していた。高橋源一郎と小熊英二の話になった。ルノワール展のこと、三井記念美術館のことetc.

彼には内幕話が多く、びっくりすることをいくつも教えてもらったが、ここには書けない。

次号「さとうきび」の掲載予定案ができていて、「巻頭言」は私が書くことになっている。よく見るとカッコに「元日銀バチカン支店勤務」とあり、笑わせてくれた。そういうところがある男。

⦿ピアノ練習を聴く 12/14 府中の森芸術劇場 リハーサル室
初めての場所で初めてのピアノ。ちょっと小さい感じ(S)だし、鍵盤が、磨いたせいかかえってザラついているなどと言っていたが、Mさんはすぐ弾き始めた。1時から5時まで休みなし。

ベートーヴェンのソナタ20番、18番、17番(テンペスト)、8番(悲愴)の3楽章、ドビュツシーのアラベスク1番と2番、シューマンの子供の情景から6曲、バッハのパルティータ、エルガーの愛の挨拶、ショパンのワルツ1曲、メンデルスゾーンの無言歌から1曲など。

彼女は上達していると思う。先日のデームス氏のリサイタルで一緒になったMさんのレッスンの先生もうまくなっていると言っていたっけ。

私は曲の名も不確かで、覚える気もないが―木や草花と同じですぐ忘れる―名前などあいまいでも聴くのは好きで、いつまでものんびり聴いていられるタチ。

私は保冷剤で囲んだビールを1本持参し、コンビニで買ったおにぎりをかじり「ながら族」として食事。
食後、体を動かそうと、リハーサル室の端から端までを歩くことにした。片道15メートルほどだろうか、20往復ぐらいしたかもしれない。夜、こむら返りになった。

⦿松本竣介 創造の原点」展 12/15 県立近代美術館 鎌倉別館
松本竣介も気になる画家。実物を見るのは初めて。機会がなかった。今回は小規模な展示だが、いろいろ考えさせられ、おもしろかった。
影響を受けたり関わりのあった人の作品、例えば藤田嗣治の裸婦2点もあり、前々号のフジタ展に引き続く鑑賞となったのは奇遇。また、日本の西欧近代絵画紹介には白樺派も与って力があったが、3日前に見た民芸公演主役の柳宗悦は「白樺」の編集者でもあり、これも偶然の巡り合わせ。

モジリアニやルオーらに圧倒され翻弄された彼が彼らとどのように対決し苦闘したか―日本の洋画家に共通する経験がここにもあった。

私は彼のそこに、どっしりとした、地表に足を踏ん張ってすっくと立つ竣介、飽くなき模索と克服へ向けた闘いの竣介をみる。デッサン力、特に描線=輪郭の力強さが目立った。彼の線は潜っているようなときもあるが、画中で強く主張している。
戦中を生き、彼は1948年、36歳で生を終えてしまった。
                  「Y市の橋」
           
                  
2012年に大規模な回顧展が各地で開催されたが、私は見ることができなかった。いまは検索で画像は何点も見られる。以下に4点の写真を転載させてもらった(デッサンは1929年)。
新しい。古くならない。モチーフがいまに通じる。つまり現代がある。そして鋭い。

  
   生誕100年記念展出品作 Y市の橋           同「Y市の橋

   
 石膏デッサン「腕のあるトルソ」  生誕100年記念展出品作「子ども」      同「母と子」
   ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~
☆白鳩
美術館のあと、坂を下り、鶴岡八幡宮へ入った。
源平池の旗上弁財天近くの枝に白鳩が止まっていた。白だけの集まり。ほとんど動かない。光線の具合で白く見えないかもしれないが、異様でもあったので撮った。

白い鳩は縁起というか、いい意味で見られているよう。全体に汚れていないのできれい。

                 白い鳩がいる木 
                                         
        

雪の下という地名がまた気になる。たしか吉田秀和や小林秀雄が雪ノ下だった。で、当てもなく、ぶらぶら歩いた。1丁目1番地の標識があった。  →

☆七里ヶ浜を歩く
小町通りで買い物し、それを持って江ノ電に乗り、海を見ようと、七里ヶ浜から稲村ヶ崎まで歩いた。雲はあったがいい天気。
波の音を聞きながら、ただ歩く。黙って歩く。短い距離だったが、思い出は長い―。

     

     

     

     

⦿高校同期と3人会 12/16
寒い日だったが拙宅に来てくれた。2度目なので出迎えは要らないと言われた。2人からいろいろな手土産をもらった。私は前日鎌倉で買ってきた蒲鉾を提供。おでんよりそのまま生醤油で食べたほうが旨いと書かれていたのでその通りにした。はんぺんは1人が庭からもいできたレモンを振りかけて。1人は手作りの千枚漬けを持ってきてくれた。焼酎「森伊蔵」の提供もあったので、ビール、酒と3種混合。3日前にもらったラム酒は出番がなかった。飲めない1人はご飯を2杯食べてくれた。旨いというので新潟のコシヒカリと言ったら納得した。

話はあちらに飛んだりこっちへ曲がったり―。文明と文化はハードとソフトという説明が分かりやすいが、どちらが広いかとなると文化か。文明はシヴィリゼイション。シヴィルは市民。原義・市民からなぜ文明という訳語になったんだ。市民がいなかったのか。文明の歴史には革命が必須か。市民革命か。日本に革命はなかったか。そこに先日の新聞記事も出てきた―「日本唯一の『革命家』とは 既存権力と戦った北条泰時」(大澤真幸説)。天皇(上皇)を3人も流罪にしたんだからすごい…。

テレビはもちろん新聞に対しても、いま不信感が強まっている。私は「敵」と言うほどにも。しかし、内部に優れた人が沢山いるのも事実。その人たちが力を出せるようにすることが肝要。そんな話も出た。それぞれが憂国の志士だと言って笑った。

いまの政治は話にならないから話さなかったが、将来を見ない政権与党を選んだのは―。

1人は川柳の講座をもち、あちこちの講師を務めているし、1人は趣味だが若いときからやっているので、各自の近作披露となった。酷評も平気な雰囲気。

3時間強・4時間弱の「老翁」のおしゃべりは、2か月に1度やることになった。次回は1月後半か2月前半(選挙となると1人は忙しくなる)。
   ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~
⦿読者のお便り  日銀OB
相変わらず歳を感じさせないエネルギッシュな行動の毎日には本当に驚かされます。
妙の配信いつもありがとうございます。

藤田嗣治の絵はいいですね。数年前秋田に遊びに行った時秋田県立美術館で展覧会があり観たことがありました。あの乳白色の色合いは強く印象に残っています。藤田嗣治や黒田清輝など戦争をあおる活動をしたことを悔いて戦後の作風に変化をもたらした画家もいたことを知りました。

映画は「聖の青春」を観ました。ネフローゼを患い長い闘病を続けながら将棋の羽生名人を最後まで苦しめた村山聖棋士の物語。

映画のあと彼の足跡を追い続けた将棋雑誌の編集者が書いた本「聖の青春」を読みました。目頭が熱くなり目を閉じてまた読みました。

負けた相手がそれによって棋士の道を断たれ転職していくとき「あなたは負け犬だ!」と言葉を浴びせる。対局時に迷惑されようが伸びた爪は同じ生き物だからといって切らずにいる。蠅などの小さな生き物でも命あるものは殺さず放っておく。

きれいごとは言わない、生き物感覚で生活するといった行動を見ると、金子兜太さんの本に出てくる小林一茶の生き方に共通するものがあるような気がしています。なんて、勝手な想像ですから笑われるかもしれませんが。ともかく18年前に村山聖という稀代の棋士が29歳の短い生涯を駆け抜けるまでの壮絶な闘いに感動しました。

                                 おわり
                TOPへ戻る