16-12-12(2016年 第59号)  
「生き急ぐ」が造語とは知らなかった(広辞苑)。先に「死に急ぐ」があったとか。私はいま生き急いでいるように思う。早いとこ落ち着いて!?死に向かわないと=死に急がないといけないか。
しかし、ラ・ロシュフーコーはこう言っている。「太陽も死もじっと見詰めることはできない」と。これは、至らない私の実感で、死から眼を逸らして遊び呆けている。このあとは、いつまで続くか…だけ。
ユニクロで冬の衣類を買った。「あったかパンツ」はたしかにあったかい。極暖という肌着もある。土曜特価のセーターと室内用にするジャンパーも買った。
近づいてきた酉年は7回目いや8回目というべきか。いずれにしても84才の誕生日を迎えるかもしれないトシ。ボケはまだ軽いと思っているから、ハハ、呑気だね。


⦿講演会「近松心中―元禄を熱中させた近松浄瑠璃の世界」 12/8 読売ホール 
「講座 歴史の歩き方」第77回。特に近松の「三つの視線」の話がよかった。
1「作者近松の『覚悟』」    講師・井上勝志(神戸女子大)
2「近松門左衛門、三つの視線」 講師・武井協三(国文学研究資料館)

神戸女子大・井上先生の話は大学の講義のよう。自説と少しの新説を解説しながら。それなりに面白かった。

私は次の武井先生のお話が面白くて、目からウロコの感。話はああいうふうにするものだと教えられた。よくこなれていた。大げさになるが、大きいところ(マクロ)と細かいところ(ミクロ)の両方から説明された、とでも言おうか。そして、余計なことは省いてポイントを絞りこんでいた。そのほうがよくわかる。話し馴れたお話だったかもしれないが、すとんと胸に落ちた。

近松の三つの視点とは、文学者であること演出家であること思想家であること。
特にの舞台演出の巧みな工夫・企みなどにはびっくりした。歌舞伎と人形浄瑠璃の舞台を較べながら、3つの人形を1人で操る(三つ人形一人遣い)、からくりのような方法(卯月の紅葉)、技術革新によって足を見せられるように考案した(愛染明王影向松)ことなど(私にはよくわからないが)。
③は「曽根崎心中」「心中天の網島」「心中刃は氷の朔日」で、いずれも残酷な表現を執拗なまでに文章・台詞にしたことの意味・思想を解説。これにも、びっくりし納得した。
 
⦿N響定期公演 第1851回 12/9 NHKホール
デュトア指揮の「カルメン」を演奏会形式で聴いた。主役4人―カルメン、ホセ、エスカミーリョ、ミカエラ―は海外歌手が起用された。これをどう考えるか。
METオペラ映画を見る度にため息が出るのは「日本人では敵わない」ということ。国籍にこだわらない芸術の一つがオペラ、とは分かっているが…。今回のカルメンが真っ赤なドレスで大きい胸も露わに官能的に腰を動かすのは別としても!?

大編成なので舞台はいっぱい、豪勢な感じだが―新国立劇場合唱団、NHK東京児童合唱団。すべて暗譜―大人も子供も礼儀正しく一糸乱れぬ動き、全員優等生で、見ている方が肩が凝る。

デュトアは全てを掴んでいる。当然だろうが、見事と言うほかない。3時間もの棒振りは尋常ではない。参った。

演奏会形式のオペラは昨年12月の「サロメ」以来。しかし、今回のほうが記憶に残りそう。というのも、「カルメン」は9月にMETオペラ映画で見たばかりだし、馴染が深いから。何回見ても聴いてもいいものだと、改めて…。
                                 おわり
             TOPへ戻る