16-12-09(2016年 第58号)       
⦿藤田嗣治展 12/3 府中市美術館
     
  ↑ 5人の裸婦(5感を表わし、左から触覚・聴覚・視覚・味覚・嗅覚)    小さな主婦

気になる画家で、どう言っていいか、悩ましい…。
去年は映画「FOUJITA」(監督・小栗康平)も見たし、2008年夏には札幌で回顧展も見ているし、ほかの展覧会で見る機会もあって、あれこれ見ているのだが。

今回は目が弱くなったせいもあるが、老眼鏡でグッと近づいて細かいところを見ることもあった。展示作品は110点とか。最高レベルの作品ではないだろう。気になる作品はほかにも沢山ある。

技術的には上手い―巧みと言えるのではないか。確かなデッサン力、大胆な輪郭線、ストーリーがありサービス精神がある。
後半生、特にパリに戻ってからの風景画の1点は落ち着いた作品だった。その後の洗礼を受けるようになった信仰心も宗教画も、私はあまり信用していない。
急ぎ過ぎたから少し説明を…。

時代を追って次の6章に分けていた。
模索の時代パリ画壇の寵児さまよう画家戦争と国家フランスとの再会平和への祈り。うまい区分だと思った。

①は「模倣の時代」でいい。真似絵は微笑ましく正直 ! ②「寵児」は文字通りの人気者時代。はしゃぎ過ぎは仕方ないか。以下「彷徨」は迷走の始まり。戦争画は―彼をバッサリ切る人はいまい―彼だけではないし、絵画界だけでもないから、省略(私も軍国少年だったと言われれば否定できない)。「パリ再会」は落ち着きと充実の一時期と言ってよかろう。最後の「祈り」は、私は半信半疑。

彼の一生は「動いた」と言えまいか。彼は動かされ、自らも動くタイプ。
その振幅の大きさも興味を惹くが、そのときどきの新しい方向への態度とその際の彼の内面を想像するのが楽しい。戦争画を描いた彼が戦後パリへ発ち、日本には二度と戻らず、いっときは落ち着いたのだろうが、それからキリスト教へ向かい洗礼を受けるに至る…。
解釈はいろいろあろうが、私は、彼は明るい―陽気な―タチだったのではないか。人生も画風もひょいと移すことができる性質だったと思う。ただ、よく分からない不気味さが底流にある。サッと怖いものを描いてしまうところなどは独特。

「没後40年 レオナール・フジタ展」は2008年7月13日、道立近代美術館でを見たと「大沼通信」に書いた。札幌寄席で志麻木さっ平こと大出先生の落語を聞きに行ったときだった。そのときの感想は以下―
「開幕翌日の日曜日なので行列・混雑を予想していたが閑散としたもので、拍子抜け。札幌の景気もこのところのモノの値上がりなどでしぼんだかもしれない。嫌われサミットの余波で札幌が敬遠され、景気まで落ち込んだのなら大したものたが。
展示内容は、いろいろとよく集めたもので、なかなかの見ものであった。感想は一言ではいえないが、面白かった。藤田の一生が展望できて、その振幅成長屈折などが想像できた。彼も人の子時代の子」。

映画「FOUJITA」は昨年11月16日に見た。
「一風変わった映画と言えようか。私は特に後半の日本の地方の自然・風景の映像がよかったと思った。巨木をたっぷりの時間写す場面には圧倒された。そのほか、森の樹々、林の街道、馬・馬車・人間、遠近の山々、その霧。田や農村風景、堂々の家屋etc. 最後の川の流れは「方丈記」冒頭の映像化にちがいない。
フジタはフジタだ。全体を知る(整理する・まとめる)などということはそれほど意味がない。それぞれが一部を感じて自得するしかない。誰だって複雑。やはり絵だ。彼の絵を前にしてしばらく目が離せない作品はいっぱいある。その時間の愉しさ。見る側のストーリー作り。そして戻るのはやはり乳白色。素敵だ」。(この2項はご参考まで)

☆府中の森公園  
快晴の青空。その日は行楽日和と報じられていた。
林の中を散歩した。府中市は美術館といい、芸術劇場といい(ホールが3つある)、この公園といい、なかなかいい、というのが初印象。落葉の音が乾いていた。
     芝生でお弁当を広げたり砂場で遊んだり         「少女」笹戸千津子 
    

美術館へ行く前に大國魂神社を歩いた。「日露戦役の碑」が大きい。本殿の左奥に巽神社(弁財天)があり、その狛犬がちょっと気味の悪い表情をしている。そのせいでもあるまいが誰も近寄らないひっそりしたお社。細かいことは知らない。藤田嗣治は、ときに気味の悪い子供などを描くので、共通しているか!?と思って掲載した。
               「巽神社」で見かけた狛犬? 

公園から歩いてしばらくの芸術劇場を見学した。地下に降り、窓から人工滝を見ながら休んだ。そこはロビーか、これから練習するバンドのメンバーが集まるところ。
で、ついでに田中真知子さんのピアノ練習を聴こうと、リハーサル室の空きを調べたら14日が借りられるので、安くはないがその場で予約した。

行き当たりばったりの散歩が続く―。
いちょう並木沿いに東府中駅の方向へ歩いていたらパン屋があり、狭い店内に地元らしい人が何人もいたので、釣られて入り、いくつか買った。店の名前が読めないのでネットで検索したら「リュヌシアン LUNE CYAN」と出た。YANの前に三日月のようなローマ字の「C」が挟まっていたので読めなかった。

その少し先に、いかにも「定食食堂」らしい店があった。「三宝食堂」。あまりにも、と行き過ぎたが、彼女がそこでもいいというので後戻りし、私向きの居酒屋兼食堂に入り、ビールを飲んだ。トンカツとモツ煮込みを完食。
壁いっぱいにタレントというのか、映画やテレビに出る人の色紙が貼ってある。待たされている間に聞くと、映画やテレビによく撮影される食堂だという。どういうシーンかは知らないが、例えば「ALWAYS 三丁目の夕日」だったか、当時の高円寺界隈と通じる庶民的な町のたたずまいだろうか。古すぎる例で失礼か。

⦿オペラ映画「ドンジョヴァンニ」 12/5 新宿ピカデリー
ドンファンのこと。女たらし=プレイボーイの、散々遊んだあとの哀れな末路。勧善懲悪の歌芝居と言ったのでは身も蓋もないか。

損な役とは言わないだろうが、ドンジョバンニ役はすでに経験のあるキーンリーサイドというバリトン。それを意識してか―まさか―インタビューで、いきなり哲学的ともいえる言葉を発した。
(作曲・初演ともフランス革命直前のことだから、当時すでに貴族は力を失い市民・農民・民衆が蜂起、自由平等ほかの諸権利を要求し、特に自由をを強く求めた時代)そこでバリトンは「自由・自由・自由」と繰り返した。苦笑いもあったが、彼は時代背景にも目を向けてほしいといいたかったよう。

開幕冒頭、見張り役の従者が独り嘆く。
「夜も昼もあっしは奴隷だ。貴族っていいなぁ、あっしも貴族さまになりてえもんだ、もう人仕えなんてやってられっか」。
すると色事師が「仕事」を終えて逃げ出してくるが、女に騒がれ、父・騎士長に見つかり、その場で決闘となり殺してしまう(最後はその亡霊によって地獄に引きずり込まれる)。
シリアスな筋書きではあるが、喜劇の要素もたっぷりあり、特に従者はその役割り。「主人はもう『ミッレ・トレ』(1003人)もの女をモノにした」と数え上げて笑わせたり。

音楽評論家加藤浩子はこうも言う。
「オペラの最後でドン・ジョヴァンニは、自分が殺した騎士長の亡霊に地獄へ引きずり込まれる。一件落着、めでたしめでたしのはずなのだが、なぜか観客も、そして彼を滅亡させようと追い回していた登場人物たちも、心に穴があいてしまったような寂しさから逃れられない。悪漢だけれど人間的で、亡霊の脅しにも屈しないドン・ジョヴァンニは、あまりにも魅力的なのだ。そんな人物を主人公に据えたオペラに、モーツァルトは彼の数あるオペラのなかでもっともドラマティックな音楽をつけた。愛と死、光と闇が渦巻く《ドン・ジョヴァンニ》は、オペラの黄金時代である19世紀、ロマン派の時代の幕開けでもある」。


モーツアルトは道学者のような歌を作ったわけではない。溢れる才能が時代と溶け合ったかもしれない。
独唱も二重唱もすばらしい曲ばかり。豪華メンバーがそれらを歌って歌って歌いまくるという感じで楽しませる。オペラ存在の大きさ・重さ。私にもこのオペラは大傑作と分かる。


ニューヨーク現地評
ご参考まで、ニューヨークタイムスほかの評を転載させてもらう。

みなに愛される英国人バリトン、サイモン・キーンリーサイドが、しなやかで巧みな身のこなしのドン・ジョヴァンニとして戻ってきたことが最高のニュースだ。The Guardian

今回の舞台では、強力な女声陣たちが、素晴らしい歌唱を繰り広げている:ドンナ・アンナ役を演じるロシア出身で温かい声色のヒブラ・ゲルツマーヴァ、ドンナ・エルヴィーラ役を演じるスウェーデン出身で抒情的で変化に富んだマリン・ビストラム、そしてツェルリーナ役を演じるイタリア出身で素朴さが魅力のセレーナ・マルフィ。New York Times

《ドン・ジョヴァン二》再演は、最高のキャストたちによって、喜びきらめくパフォーマンスになった…その素晴らしさは、一流の手にゆだねられるとモーツァルトの天才的な音楽が我々に新たな発見と興奮を与えてくれることを改めて教えてくれる。Bachtrack おわり
                  TOPへ戻る