16-11-28(2016年 第57号)      
  芝居、映画、音楽、小説の1日おきの近況報告

⦿「木の上の軍隊」
こまつ座公演 11/22 サザンシアター
前から2番目の中央やや左の絶好の席。何でも見えた。女優の瞳のキラキラも、米軍の残飯をむさぼり食うところも、汗も。

結論から言うと、脚本がよくできていたのではないか。熱演にならざるを得ないような…。
大部分を2人の会話で進めるのだから楽ではない。クタクタになるはず(しかも休憩なしの2時間)。

さて、ストーリーは略す。簡単にいえば、戦争が終わったのに、それを知らずに2年間、ある南の島のガジュマルの木の上に隠れて生きた上官と新兵の物語。軍隊といってもその2人だけの軍隊(登場4人。1人は島の娘で進行役、1人はヴィオラ演奏者)。

まず飢えが来る。それから―食い物の分配―瞬間的殺意―米軍残飯の盗み食い―うまく行ってタバコやアルコールが加わる―食う心配がなくなると、太ったりして笑いがくる(笑わせる)。
笑いといっても、戦争の悲惨・残酷がくっついているから大層な苦みがある。笑いの後ろに問題―死者はどうなる、死者をどうする―がある。大げさになるが、限界状況での笑いの扱い、なんてことを考えていた。 

島に基地が作られていく。その様子を見ながら暮らす。自分たちの立場を考える。2人の会話が自然に、上官が本土で新兵が基地の島=沖縄になっていく。その会話の妙。見どころの一つ。
あるとき、新兵が「沖縄」を背負って、なんとも言えない・言葉にならない、叫び声を上げる。万感がこもっていて、その声が含む意味がいくつにも聞こえる。沖縄新兵が実際に声を出して練習し、行きついた悲痛な叫び、と聞こえた。

(ご参考まで、文末にネットで検索した解説を貼り付けた)

⦿映画「この世界の片隅で」 11/24 テアトル新宿
アニメの自由さを発揮した女の一代記ともいえるが、典型的過ぎるかも。しかし、連れ歩いていた子が死に、同時に自分も片腕を失くすとは、思い切りのいい運びと言えるだろう。甘くはない。

空襲の怖さもよく出ていた 高射砲の砲弾の破片に気をつけろなんて、意味がわからない人もいるのではなかろうか。
機銃掃射があり、絨毯爆撃があり、焼夷弾攻撃があり、伝単があり、新型と言われた原爆があった。広島に近い呉(軍港)を舞台にしたのもいい。

連隊を組んで次から次へ波状攻撃をする爆撃機の数、その音。記録された引っ切りなしの空襲警報発令のサイレンの音と数も描かれていた。焼野原の無、爆心地の無の風景もよく出ていた。

銃後の暮らしのさまざま―「国防婦人会」の女だけでなく、軍人・軍属として国内で働く男たち、後ろ向きというか憲兵の跋扈、そして、国外で殺された人の骨の処置…。

配給の減り方、なくなり方などは私も実感したところ。子ども心にも心配し暗たんとなった。飢えていたから、これは大げさではない。
姑が少しずつ貯めていた米。闇の砂糖を買うためにヘソクリを出すのも姑。私の母がそうだった。欠乏の中、一方に、何でもある闇市のにぎわい。

ご飯の炊き方など、いまは噴飯ものだが、全家庭が真剣だった、と言っていいだろう。私は「国策炊き」の名を記憶している。やたらに増やそうとした。そして、あれこれ妙なものを食べていた。戦後になっても、食べられる草を採るのが私の仕事という時期があった。

たくさんの、そしていろいろな「戦争」が描かれていて、充実の内容。戦中または戦争史の貴重な一面。
愚劣な戦争、と言いたいが、そう簡単でもない。いや、厄介極まる。しかし、やはり愚劣でもある…

いまでは、戦争は終わらないものとなっている。あの戦争が終わらない、まだ終わっていない。これからの戦争はもっと、ますます、終わらないものになるだろう。

11月の初雪の日。雪にも拘らず第1回から観客が続々。満席のよう。終わって、ロビーには次回のお客さんがもう溢れるほど…。

私は一昨日、「木の上の軍隊」を見たばかり。戦争を追っているのではなく、戦争に追われているかのような気分。
どちらもラスト近くに「戦争の轟音」が大きく響いた。いまも耳に残る。
基地の多いこの島国は、あちこちで米軍機の轟音がいまも毎日…。
    
⦿イェルク・デームス ピアノリサイタル 11/26 サローネ・フォンタナ
バッハ「平均律クラヴィーア曲集第Ⅱ巻」から4曲
ベートーヴェンピアノ「ソナタ 30番」
ショパンの「バラード」と「舟歌」
デームス「ピアノソナタ」、そしてアンコール。
自身の作曲によるこのソナタを聴くのは私は2度目。客は100人足らずだが、並々ならぬクラシックまたはピアノファンと見受けられた。

このこじんまりしたホールはデームスさん自身が設計・監理したもので、天井が高く音がいい。ピアノも自身が運び入れたベーゼンドルファー。

間もなく米寿だが、まだ87才だと言っているという話。日本好きで、各地でリサイタルをやっているが、このホールでも10年前から春秋2回リサイタルを続けている名匠。

演奏は年齢を感じさせない若々しさだった。熱が入っていた。その音の美しさ、煌めく響きは本物だ。 
田中真知子さんの先生小野鉄也さんも、いい響きを聴けてよかったと言っていた。

⦿「室町無頼」垣根涼介著 新潮社 11/28 
本読みのスピードは落ちたが、数日で―そのうちの1日は徹夜で―読んだ。530ページの長編。
時代小説・歴史小説・大衆小説であり、剣豪小説の一面もある。といっても3人の主人公の一人才蔵は棒術の達人だが(ついでに言えば、才蔵の棒術修行は吉川英治の宮本武蔵風か―自分で考えろと何度も言われるなど―)。

池波正太郎の「応仁の乱」は義政、日野冨子、細川、山名等権力側からの、史実をなぞった応仁の乱を描いたが、本書は応仁の乱の少し前、寛正の土一揆を扱う。

土倉、問丸、馬借、車借、河原者、地下人、牢人、農民等が大挙出演、相国寺の七重の大塔が物見に使われたりする。当時の京洛がよく描かれているほう。

一揆の首謀者蓮田兵衛は出自も語らない男で、梁山泊のように様々な人間が出入りする屋敷で情報を集め綿密な計画を立てて一揆を組織する。

市中警護役の骨皮道賢は実は悪党で兵衛と通じているが、一揆では役目柄、敵として戦う。
これら3人の男は一揆のとき、荒唐無稽に近いバカ強さで暴れまくる。

そして、しっかり者で美しく床上手な(具体的に描写される)遊女が、道賢と兵衛(実在人物)のどちらもの情人として、しかも最後のほうでは若い才蔵の最初の女にもなるというサービス!?つき。

一揆勢は2万にも及ぶ多勢で、初めは見事な策戦で勝勢となるが、才蔵にいつまで続くのかと訊かれると、首謀者兵衛は「粉砕され、完全に負けるまでだ。負けても勝ちはすでに手にしている。一揆の勝利と終焉とは、そういうものじゃ」と答える。意味深…。

大名の出兵があり、弓が使われ、ついに2人とも殺されるが、才蔵は姿を隠すよう勧められ、応仁の乱から16年経った山城土一揆のとき、壮年となって現われ、そこでもひと暴れしたあと、あの遊女に会うため広沢の池の庵を訪れるところで終わる。

ともあれ熱中して読んだ。おもしろかった。
場面によっては残忍・残酷で、殺しの数の多さは相当なものだが、当時の世相のひどさを反映させてもいるのだろう。

⦿読者のお便り
岡本太郎美術館と生田緑地のご報告ありがとうございました。前に見たはずですが、丁寧に紹介いただき、再び訪れてみたくなりました。個人的には自分の趣味ではないと思ったこともありましたが、こうして丁寧に説明していただくと、またちょっとのぞいてみたくなります。我ながら勝手な自分におどろいています。
「明治神宮の杜」―こうした写真を拝見するとよくわかりますね。広大な感じがします。すばらしい緑ですね。今回もいろいろ貴重な記事に心から感謝申し上げます。
いつもお便りありがとうございます。近況の穏やかなご報告があって心がなごみます。庭園めぐり、素敵ですね。ご一緒させていただきたい気分です。写真の腕前のなせるところなのでしょう。                     おわり
(ご参考)
木の上の軍隊」      こまつ座公演  サザンシアター  11/22
原案:井上ひさし 作:蓬莱竜太 演出:栗山民也 出演:山西惇松下洸平、普天間かおり/有働皆美(ヴィオラ)

☆ 
検索など

ある南の島。ガジュマルの木に逃げ込んだ兵士二人は、敗戦に気づかず、二年間も孤独な戦争を続けた.人間のあらゆる心情を巧みに演じ分け、観る者の心に深く刻みつける山西惇が、再び本土出身の"上官"を演じる。注目の新キャスト・松下洸平は、柔らかく、おおらかな存在感で島出身の"新兵"に挑む。歌手・普天間かおりをガジュマルに棲みつく精霊"語る女"に抜擢。琉歌に乗せて島の風を吹き込む。2016年、こまつ座版『木の上の軍隊』が新たに立ち上がる。

脚本の蓬莱氏の言葉―井上ひさし氏の未完の作品を執筆してほしいと依頼されたときは、ひっくり返りそうになった。しかも残っているのは膨大なメモ書き程度の文章。それすら僕には解読できない。重圧しかないこの依頼を引き受けて僕に何か得なことがあるのだろうかと考えた。何よりも「戦争」を描く権利が僕にあるのかと。

戦争中そして戦後の空気を肌で感じて生きてきた井上ひさし氏が描くことと、何も知らない僕が描くことでは質も意味もまるで違いすぎはしないだろうか、と逃げ腰になっていた。
しかし、僕は僕なりに真っ向勝負する覚悟を決めた。
僕が継承しようと思ったのは井上ひさし氏の文体でもなければ思想でもない。その前のめりな姿勢である。そして知った。「戦争は終わっていない」まだ今もそこにあるということを。僕たちは戦争を知らない世代ではない。戦争がまだそこに存在していることを知らない世代だ。そういう世代にも観てもらいたいと思って書いた作品でもある。この作品が再び上演されることを嬉しく思う。何故なら2人の兵士が木から下りることが依然叶わない状況だからである。これは依然「今」の物語である。

演出の栗山氏の言葉―この物語の実際のガジュマルの木を見に、沖縄の伊江島に渡った。その木の上に、今でもそのままに、なにも変わらぬ沖縄の現在をじっと見つめる二人の兵士がいたように思えた。「このまま、二人とも木になってしまえたらいいのに…」。これは、最後の打ち合わせで、井上さんが小さくもらした言葉だった。2013年初演。―初演のときの感想を1部引用

舞台中央には滑り台のように傾斜したガジュマルの巨木が設えられている。島の志願兵である「新兵」と「この国」(本土)の「上官」との対話。「語る女」が島娘の出で立ちで二人の物語を媒介する。「女」はガジュマルの「木の精」でもある。ヴィオラの生演奏が二人の〝戦争〟を立体化する。

激しい銃撃戦の末、二人は追い詰められガジュマルの大木へ登り身を隠す。二年間に亘る長い樹上生活の始まりだ。やがて、純真無垢な新兵と本土出身の経験豊富な上官との間に様々な齟齬が生じる。二人のちぐはぐな遣り取りは客席を何度も笑わせるが、次第に、両者の〝ずれ〟これこそ悲劇の根であることが解ってくる。そのとき、舞台は寓話に、すなわち「新兵」は沖縄に、「上官」は本土に、見えてくる。

上官 お前はそれでも信じるのか。この国を。この俺を。
新兵 信じます。それしか出来ないからです。守られているものに怯え、怯えながらすがり、すがりながら、憎み憎みながら信じるんです……もう、ぐちゃぐちゃなんです。
新兵のこの言葉は〝本土〟のわれわれに沁みてくる。それでも汚れのない笑い声を上げる新兵(オキナワ)。

幕切れに、傾斜していた巨木がそのまま後方へスライドし、垂直に立ち上がる。〝木になった〟二人の兵士は、じっと動かずこちらを、沖縄の基地を、見つめている。戦闘機ヘリコプターの爆音が劇場内を圧するように響く。誰もが「オスプレイ」の名を思い浮かべただろう。語る女が新兵の言葉を繰り返す、「守られているものに怯え、怯えながらすがり、すがりながら、憎み…。

☆井上ひさしの遺志継ぐ沖縄劇   日経 編集委員 内田洋一   1部引用。
戦後は終わったというけれど、終わらぬ戦後を抱え、うめき声をあげている地域が今なおある。沖縄だ。その悲しみを土地の言葉のイントネーションや歌の響きで痛切に伝えてくる舞台に出合った。再演で練り上げられたこまつ座の「木の上の軍隊」は演劇界の中核的演出家、栗山民也の近年の代表作といえるだろう。
「上官」と「新兵」の対話は今日にまで通じる「本土」と「沖縄」のかみあわぬ応答の似姿ともなっていく。いわば国家の論理を前面にたてた「知」と、生の喜びを抱きしめる「情」との対立。下に立つ沖縄の「新兵」はそれでも上に立つ「上官」に「信じています」と純なる心情をしぼりだす。そのたどたどしい響きが胸を射る。

             TOPへ戻る