16-11-21(2016年 第56号)  
⦿オペラ映画 11/17 新宿ピカデリー
「トリスタンとイゾルデ」ワーグナー。METオペラ新シリーズの第1回。
3幕5時間の長いオペラで、「もたれる」「げんなり」といった感じ。「うんざり」に近いか。隣りの人は2幕で帰ってしまった。
なにしろ、歌いまくるのである。大声を張り上げ―これは当たり前かもしれないが―これでもかこれでもかと、客に迫る? ような歌の数々。ワーグナーらしい大仰な―。

第1幕はソプラノ・ステンメが歌いまくる。歌いっぱなしのようにも。見事なワーグナー歌いだが、お疲れさま、と言いたくなるような―。
第2幕はテノール・スケルトンとの二重唱が延々と。愛の妙薬のせいかもしれないが、もう少し、しっとりと行かないものかと―。
第3幕は何人もの人物が現われ「愛と死」を歌で盛り上げる。そして、きれいに終わる。
と、こう極端に短縮してはいけないが、紹介するにも疲れそうなので…。

私は「タンホイザー」に次ぐ2作目のワーグナーだが、もうけっこう。もう見ない。
もちろん、いい歌、きれいな曲が沢山ある。オケがいい。一部、イングリッシュホルンだけがピットを離れ、舞台袖で演奏するという特別な扱いもあった。そして、なんといっても当代屈指の指揮者であり、人気も抜群のサイモン・ラトル(拍手が大きい)だから。見ていて、自然に音楽が身に入りこんでいるのに気付くときがあった。
この公演は、やはり豪華キャストと言うべきだろう。

なにか、もっともらしいことを言ったようだが、私は何も知らない―いい加減な印象を書いただけ。

2度の休憩時間に、持参のおにぎり2個とビール500ml缶1本を飲み、直後猛烈に眠くなったが、なんとか頑張って見た。

この新シリーズは10演目あって、来年6月まで続く予定。見たい演目が目白押し。次はモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」。

⦿職場同期と2人会 11/18 
     うなぎ「きくかわ」 神田須田町
最初は「野田岩」で食べるつもりだったが満席で予約できず、適当に探して決めた。ネットの写真で予想したより小さいお店で狭かった。1階で少し待った。うなぎはボリュームがあり、まあ旨かった。飲むムードではなかったがビールと酒を飲み、1時間半おしゃべりした。
文学の話が多く、彼はジャンルを問わずよく読んでいるので話が合い、教えられるところが多い。いろいろ話したあと、いまは松本清張の「岡倉天心 その内なる敵」を読もうと思っていると言う。
で、話は岡倉天心や日本の近現代美術史のことになった。青木繁や佐野繁二郎のこと。五浦の大観や水戸のこと。高橋由一、浅井忠、黒田清輝も出た。そして、なんじゃもんじゃの木の話まで。ただ、私は清張が調べて書いた岡倉天心と九鬼隆一のことは知らなかった。         外苑のいちょう並木↑

神田駅で待ち合わせたついでに、三原堂の豆大福とどら焼きを買い、今回から同席することになったMさんともども少しずつプレゼント。翌日、彼の奥さんが、旨いと言って珍しく1個丸々食べたと言ってきた。
⦿いちょう並木となんじゃもんじゃの(注1)と麒麟     ↑ 外苑のいちょう並木
うなぎを食べたあと、日本橋三越まで歩き、地下鉄で外苑に行き、いちょう並木を歩いた。シーズンなので混んでいた。翌日が雨の予報のせいもあったか、いや、そんなことはあるまい。東京はどこへ行ってもいつも人がうじゃうじゃ。

絵画館前に馬のような一対の像がある。私がキリンかなと言うと、Mさんさんは馬でしょ、どう見たってキリンじゃないでしょ、首が長くないもの、という。私が想像上の動物で確かキリンというのではなかったかというが信用しない。
そこで、スマホで検索し、ユニコー(注2)と分かったが、なお検索し、ようやく麒麟となった。
  
          なんじゃもんじゃと記念碑            麒麟像

その麒麟像をバックにしたベンチで休んでいると、正面の絵画館の向かって右に、なにやらの看板と石碑が見えた。何だろうと近寄ると、「なんじゃもんじゃ」の木。先ほどのおしゃべりで彼から聞いたばかりではないか。その偶然におどろき悦んだ。

           ←絵画館

☆連れションの一席
ぶらぶら歩いて信濃町駅に来たらバス停があり、間もなく来るとの表示だったので待って乗り、新宿3丁目で降りた。寄席の「末廣亭」など、昔を思い出しながら歩いていたら大衆酒場があったのでふらりと入った。
もつ煮込みなどで安酒を飲んでトイレに行ったら、たまたま並んだ人がいきなり私に声をかけてきた。「スッゴイ貫禄ですねぇ、人生経験も豊かでしょうね。こんな人、初めて見ましたよ」と。

席に戻ってしばらくすると、その彼が奥のほうから私の席にやって来て握手を求めた。立って握手すると、また同じようなことを言う。酔っていたのだろうが、スッゴイの"ゴ"を、鼻濁音でなく強く言うので余計くすぐったくなった。

⦿N響定期公演 第1848回 11/19 NHKホール
すべてシューマンの曲。指揮・デーヴィット・ジンマン。「マンフレッド序曲」「ピアノ協奏曲」(ピアノ・アンスネス)と「交響曲第3番 ライン」。
ピアノ協奏曲もラインもよく聴く曲なので、疲れていたが、気楽に聴いた。指揮は手慣れたもの。大したものだ、としか言えないが。

勝手なでたらめを言うと、第2ヴァイオリン全員の姿勢が悪く、元気がなかった。主席は猫背に見えた。次回は12/9。

あと、神泉で高級な酒と安い酒を飲んだ。2度目だが料理も旨く、また行きたくなる店。
  ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~
注 1
なんじゃもんじゃの木  検索
「なんじゃもんじゃ」とは木の種類にかかわらず、その地方に珍しい、正体不明の立派な木を指していいます。
昔、江戸青山六道の辻(現在は明治神宮外苑内)の人家にあった木は名前がわからないので「なんじゃもんじゃ」(または青山六道の辻にあったことから別名「六道木」)と呼ばれていました。この名前の由来について面白いエピソードがあります。ごぞんじ水戸黄門こと徳川光圀が時の将軍に「あの木は何という木か」とたずねられ、返事に窮してとっさに「なんじゃもんじゃ」であると答えたと言われています。将軍に対しての名即答ぶり、さすが名君のほまれ高い黄門さまならではの逸話ですね。
外苑の「なんじゃもんじゃ」の木は、和名「ヒトツバタゴ」といい、モクセイ科の落葉高木で、岐阜県東南部と隣接する愛知県の一部、対馬の北端鰐浦(国の天然記念物に指定)、朝鮮、台湾及び中国の暖帯に分布し、5月に雪のような白い清楚な花を咲かせます。
ヒトツバタゴは「一つ葉のタゴ」(タゴはトネリコのこと)の意味で、江戸時代尾州(尾張の別称)の藩士でまた植物学者としても有名であった水谷豊文という人が尾州でトネリコによく似た木を発見しました。トネリコ(タゴ)は複葉ですが、この木は単葉(一葉)だったので「ヒトツバ(一つ葉)タゴ」と命名したそうです。
この外苑の「なんじゃもんじゃ」は大正13年に天然記念物に指定されましたが残念なことに昭和8年に枯れてしまいました。いま外苑の絵画館前にある2代目の木は元帝国大学教授の白井光太郎博士が根接法により1代目の木から得たものを昭和9年11月に植え継がれたとされています。そして今では外苑のいたる所で見ることができ、また明治神宮の内苑にも昭和51年に植えられて、現在宝物殿の東側、会館車道玄関前、西参道芝地にそれぞれ1本ずつあり、5月になるとみごとな白い花を咲かせます。
―いまは3代目 阿部注
注 2
一角獣(ユニコーン)   検索
よく見ると「馬」ではありません。角が一本ついています。まさか。ユニコーン(一角獣)なの?ギリシャ神話に登場する? 絵画館の広い前庭の正面、日の丸のポールのサイドに、一対の動物の銅像が、神社の狛犬のように絵画館を守っています。私がずっと「馬」だと思いこんでいた動物には、目をこらすと…やはり角が…。どう見てもユニコーン! なぜまたここに? いえいえ、これは「麒麟」なんだそうです。動物園にいる首の長いきりんではなく、中国の伝説上の動物。鳥類の長である鳳凰と並んで、獣類の長とされる、おめでたい神聖な生き物、瑞獣。絵画館の方がおっしゃるには、みなさん「馬」か「ユニコーン」だと考えるんだそうです。

     ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~   
去年12月から今年11月までに聴いたN響定期公演をまとめてみた。主な曲名のみ。

◯N響定期公演(Aプログラム)一覧(2015/12~2016/11)
12/04 楽劇「サロメ」 R・シュトラウス、指揮・シャルル・デュトワ。演奏会形式
01/09 バレエ音楽「ペトルーシカ」 ストラヴィンスキー、指揮・山田和樹
02/06 交響曲「第5番」 ブルックナー、指揮・パーボ・ヤルヴィ
04/16 バッハ6曲とプロコフィエフ5番、指揮・スラットキン
05/14 「変奏曲『謎』」 エルガー、指揮・尾高忠明
(ほかに「2台のピアノのための協奏曲」 モーツアルト―チック・コリア、小曽根真)
06/11 「交響曲第3番 スコットランド」 メンデルスゾーン、指揮・アシュケナージ
09/24 「交響曲第2番」 ブルックナー、指揮・パーボ・ヤルヴィ
(ほかに「ピアノ協奏曲第27番」 モーツアルト)
10/15 バレエ音楽「春の祭典」 ストラヴィンスキー、指揮・ヴェデルニコフ
11/19 「交響曲第3番 ライン」 シューマン、指揮・ジンマン
(ほかに「ピアノ協奏曲」 シューマン)
     ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~   
去年12月から今年11月までに見たオペラ映画をまとめてみた。

⦿オペラ映画一覧(2015/12~2016/11)。

01「タンホイザー」      ワーグナー     12/3
02「ルル」          ベルク       1/21
03「真珠とり」        ビゼー       2/9
04トゥーランドット」    プッチーニ     3/3
05マノン・レスコー」    プッチーニ     4/4
06蝶々夫人」        プッチーニ     5/12
07ロベルト・デヴェリュー」 ドニゼッティ    5/25
08エレクトラ」       R・シュトラウス   6/9
09オテロ」         ヴェルディ     8/10
10連隊の娘」        ドニゼッティ    8/12
11魔笛」          モーツアルト    8/14
12マノン」         マスネ       8/27
13イル・トロヴァトーレ」  ヴェルディ     9/1
14フィガロの結婚」     モーツアルト    9/2
15セヴィリャの理髪師」   ロッシーニ     9/6
16チェネレントラ」     ロッシーニ     9/20
17カルメン」        ビゼー       9/22
18「トリスタンとイゾルデ」  ワーグナー     11/17
(前回シリーズは全26演目。全部を見なかったのは若干のスケジュールの都合と夜間上映は避けたため)

⦿金子兜太著「今日の俳句」
―表紙の10句
金子兜太著「今日の俳句」―カッパブックス初版(1965年=昭和40年9月)―を丸の内朝飯会の市原さんからいただいた。懐かしかった。

やや長くなるが、表紙の4分の3を占める10句を挙げさせてもらう。その「前衛」ぶりに、いまも「判らない」と言う方がいると思うが、私には鮮烈。そして、存命は(多分)金子兜太ひとり、を思う。
金子兜太の自句と他の目覚ましい鑑賞が読める本で、古びない。

  戦後の空へ青蔦死木の丈に充つ  原子 公平
  ロシア映画みてきて冬の人参太し 古沢 太穂
  沖へ急ぐ花束はたらく岸を残し  堀  葦男
  子が知れる雪野の果ての屠殺場  沢木 欣一
  青年へ愛なき冬木日曇る     佐藤 鬼房
  不揃いの箸の朝飯死者を置き   稲葉  直
  山裾に一人娘を生み継ぎ生みつぎ 大間知 君
  胡瓜噛む音続けよ半盲の母よ   伊丹三樹彦
  果樹園がシャツ一枚の俺の孤島  金子 兜太
  犬交じる街へ向けたり眼の模型  田川飛旅子    (姓は阿部が補った)
                                    おわり
      (不揃いな活字やゴシック体の混じりなど、直せないので、そのまま、失礼します)
              TOPへ戻る